11/28よる11:00

情熱大陸【ピアニスト/反田恭平▽51年ぶりの快挙!ショパンコンクール2位】[字]

2021年11月28日 (日) よる 11時00分〜

日本で『最もチケットが取れないピアニスト』が挑む、世界屈指のコンクール。5年に一度の大会に入賞するため…己の音楽を信じ突き進む!サムライ・ピアニストのこれから

番組公式ページへ

※ 外部サイトへ移動します

番組内容

2021年10月21日早朝、「反田恭平2位入賞」のニュースが日本中を駆け巡った。ショパンの故郷であるポーランドの首都・ワルシャワで開催される『ショパン国際ピアノコンクール』。世界最難関の一つに数えられるその国際大会の入賞者には、アルゲリッチやブーニン、内田光子など…名だたる音楽家が名を連ねる。ただし開催は、5年に一度。参加資格は、16歳以上30歳以下。27歳の反田にとっては最後のチャンスであった。

日本で『最もチケットの取れないピアニスト』と謳われる反田だが、この大会での“入賞”は簡単なものではない。周囲は「傷がつく」と反対…それでも出場したのは幼い頃からの夢であり、もっと自由に世界に羽ばたくため。4年前からはポーランド人から学ぶため、ワルシャワへ留学。日本と行き来をしながら体格改造やデータ分析・研究を重ね、ショパンの音楽と向き合った。己の音楽を信じ突き進む!受賞前後の反田恭平を追った。

プロフィール

【ピアニスト/反田恭平】 1994年生まれ。AB型。 2021年第18回ショパン国際ピアノコンクールで日本人として半世紀ぶりの第2位受賞。 2016年デビュー・リサイタル以降、毎年定期的に全国でツアー・リサイタルを開催。2018年からは室内楽や自身が創設したジャパン・ナショナル・オーケストラのプロデュースも行っており、2021年5月にはオーケストラのための新会社を立ちあげ、奈良を拠点に活動を開始。

2019年にはイープラスとの共同事業でレーベルを立ち上げ、2020年のコロナ禍ではいち早く有料のストリーミング配信を行うなど、クラシック音楽の普及にも力を入れている。 また海外での活動も増え、2020年1月にパリ、10月にはウィーン楽友協会でデビューを果たし現地の観客から称賛を。若手の音楽家とファンの皆さんを繋ぐコミュニケーションの場となるような音楽サロン「Solistiade」も運営している。

2014年チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院を経てF.ショパン国立音楽大学(旧ワルシャワ音楽院)研究科に在籍。

公式ページ

【ツイッター】@jounetsu 番組の感想に#jounetsuをつけてください! http://twitter.com/jounetsu


【フェイスブック】 番組公式ページへの「いいね!」もぜひ! http://www.facebook.com/jounetsutairiku


【インスタグラム】 フォロー宜しくお願いします! https://www.instagram.com/jounetsu_tairiku/


◇番組HP http://www.mbs.jp/jounetsu/

制作

【製作著作】MBS(毎日放送)

おことわり

番組の内容と放送時間は、変更になる場合があります。

公式SNSアカウント (※外部サイトへ移動します)


番組公式ページへ

※ 外部サイトへ移動します


▲ 番組表の先頭を表示