坂上&指原のつぶれない店

放送内容

4月28日放送 第1問 【道の駅で見つけた売れっ子農家】
超肉厚!「山のアワビ」と呼ばれるしいたけ

やってきたのは、能登半島の最先端に位置する、石川県・珠洲(すず)市
2005年に廃線となった、のと鉄道能登線の珠洲駅跡地に作られた、道の駅「すずなり館」

こちらには、珠洲市の名産品がずらり!
能登外浦海岸で採れる天然の岩のりや500年前から続く砂に海水を撒いて釜ゆでして作る伝統製法「揚浜式製塩」で作られた「天然塩」。店頭には他の製法でできたものも合わせて、天然塩はなんと12種類。

他にも、超甘いサツマイモ「かぼちゃイモ」などが売られているが、中でも今の時期、一番売れている商品が…

店員「こちらです」

店員「これは「のと115」っていうしいたけですね」
店員「別名が山アワビと言われています」

山アワビと呼ばれる特大しいたけ「のと115」!
かさの直径はスーパーで売られているものと比べ、なんと2倍!厚みも2倍!
お値段は1袋7個入りで250円!

そんな「のと115」は、日本のしいたけ総生産量の、わずか1%にも満たない超希少なしいたけ。
東京の豊洲市場では8個入りでなんと2200円で販売されている!
一体、どうやって山のアワビを作っているのか?

着いたのは、能登半島のいちばーん先にある…林の中。
目の前には、ずらりと並んだしいたけの原木が!
なぜ、これほどまでに大きくなるのか?

しいたけ栽培の主流・菌床栽培では、柔らかいおがくずの中から生えるのに対して…

原木栽培では、しいたけが硬い木の皮を突き破って生えて来る。
そのため身は強く弾力のあるものに育つ。

さらに収穫までにかかる期間も原木栽培は菌床の4倍。
栄養を十分に溜め込みながらゆっくり育つため、かさも大きく成長するんだそう

そして農園がある場所は昼と夜の寒暖差が激しく、そのことが菌に刺激となりより大きく育つとのこと。

さらにもう1つ、より肉厚にするための徳間さんのテクニックがあった…!

肉厚にするためしいたけに行うある事とはいったい何?

答えを見る

肉厚にするテクニックは「ビニール袋を被せる」!

しいたけは成長する過程でかさが横に広がっていく。

そこにビニール袋をかぶせる事で横への成長を防ぎ、その力が巻き込みとなってどんどん厚みが増していく。

そして、その中でも特に成長したものが…
超巨大化したのと115は「のとてまり」というブランドしいたけに!

その条件は厳しく、かさの直径8cm以上、厚みが3cm以上などの規定を満たさなければ認定されない。

この農園全体でなんと3000個に1個という確率でしか獲れない超希少な「のとてまり」。

現在、生椎茸は残念ながら完売。
干ししいたけは購入可能!
炊き込みご飯がオススメです!

肉厚にするためしいたけに行うある事とは
「ビニール袋をかぶせる」
でした!

バックナンバー

2019年4月放送分
2019年3月放送分
2019年2月放送分

2/17 放送

Q:つぶさない社長の儲け方徹底調査 SP 「業務スーパー」沼田博和社長

Q:つぶさない社長の儲け方徹底調査 SP 「業務スーパー」沼田博和社長

Q:あのバカ売れ商品のおかげで倒産危機から一発逆転!「つぶれないザ・ベスト店」(前編)

Q:あのバカ売れ商品のおかげで倒産危機から一発逆転!「つぶれないザ・ベスト店」(後編)

2/3 放送

Q:【そのアイデアで儲かった?儲かってない?】 昔ながらの酒屋「酒ノみつや」

Q:【そのアイデアで儲かった?儲かってない?】 老舗クリーニング店「まるとみクリーニング」

Q:【そのアイデアで儲かった?儲かってない?】 木工品専門店「土佐龍」

Q:【そのアイデアで儲かった?儲かってない?】 老舗下駄屋さん「本野はきもの工業」

Q:【そのアイデアで儲かった?儲かってない?】 老舗のお箸屋さん「兵左衛門」

Q:【そのアイデアで儲かった?儲かってない?】 老舗の畳屋さん「もとやま畳店」

Q:【そのアイデアで儲かった?儲かってない?】 原宿にある古着屋「FLORIDA」

Q:【そのアイデアで儲かった?儲かってない?】 地方スーパー「えぷろん」

Q:【つぶれない専門店】 ジョウロ専門店「根岸産業」

Q:【つぶれない専門店】 オカリナ専門店『大塚楽器製作所』

2019年1月放送分
2018年12月放送分

12/23 放送

Q:世界最大の旅行口コミサイトで満点評価! 日本人でも行きたくなるこのお店は何屋さん?

Q:どんな街にもありそうなのになぜか外国人が殺到! たった一軒で生活の全てをサポート!至れり尽くせりな、このお店は何屋さん?

Q:どんな街にもありそうなのになぜか外国人が殺到! 訪れるお客さんが全員アフリカ系の人ばかり!このお店は何屋さん?l

Q:居酒屋激戦区・新橋で、あるものを置いたらリピート率驚異の100%! 1度来たら絶対また来たくなる工夫とは?

Q:奇跡のV字回復を果たした、つぶれない町工場! 福島製作所がV字回復を果たしたスマホグッズとはいったいなんなのか?

Q:田舎の洋品店は一体どんなシステムで年商1億円を稼いでいるのか!?

Q:埼玉の田舎にある洋品店、一時は閉店の危機に陥るも起死回生のイベントでピンチを乗り越えたお店

12/9 放送

Q:奇跡のV字回復を果たしたつぶれない町工場は何をつくってる?年商を100倍にしたこの製品は一体何?

Q:定番商品に1つ手を加えただけで今や年商50億円!奇跡のV字回復を果たした原宿の老舗洋菓子店

Q:つぶさない社長の儲け方徹底調査スペシャル! 「サンリオピューロランド」小巻亜矢館長

Q:オリンピックメダリストが今、新たなビジネスで大儲けの噂!清水宏保がシニアビジネスで大成功!?

Q:茨城県の田舎にあるローカルファミレスが年商なぜか9億円!一体なぜそんなに儲かるのか?

Q:地方スーパーなのに信じられない数が売れる、謎の商品!人口9600人の町で1日1000個も売れるものはな〜に?

Q:地方スーパーなのに信じられない数が売れる、謎の商品!北の大地で年間90万食売れる!ごはんの上に“あれ”をのせただけのお弁当ってな〜に?

2018年11月放送分

11/25 放送

Q:何の変哲もない…住宅街の小さなコロッケ屋が「あるモノ」作って…なんと年商3億5000万円!一体何を作ってる?

Q:田舎の小さなクリーニング店なのにあるものを売って年商7000万円!一体なんで!?

Q:あるルールを1つ作ったら、年商3000万円がなんと3億円に!今や年間利用者数5万人の超人気キャンプ場!

Q:都会から遠く離れたド田舎にあるのにウン十億円稼ぐ驚異の自動車教習所

Q:つぶさない社長の儲け方徹底調査!「串カツ田中」貫啓二社長

Q:一度廃線となった田舎町の鉄道が、???の無い列車を走らせ、奇跡の復活! その列車はな〜に?

Q:日本初の試みで、年商1億円アップ! 週末限定「走る???」その列車はな〜に?

11/11 放送

Q:土曜日の朝だけ出来る大行列 56分ならんだ先にあるのはな〜に?

Q:代官山の高級住宅地に月に1回だけ出来る行列の先にあるのはな〜に?

Q:夜の渋谷の雑居ビルで、30分並んだ先にあるのはな〜に?

Q:最悪の立地なのに、棒1本でお客さんが5倍!一体、どんなお客さんが増えたのか?

Q:田舎の「きのこ園」が、あるお客さんに目をつけ年商1億円以上アップ! 一体どんなお客さんに目をつけたのか?

Q:つぶさない社長の儲け方徹底調査スペシャル! 「名代富士そば」丹道夫会長

Q:【投稿!あなたの街のあやしい店】 墨田区にある、激狭なのに年商3,000万円の航空グッズ販売店は、物販以外にどんな事で儲けているのか?

Q:【投稿!あなたの街のあやしい店】 新品も中古品も販売する怪しい店、木暮商店。仕入れに秘密があるらしいが、一体何の専門店なのか?

2018年10月放送分
2018年9月放送分
2018年8月放送分
2018年7月放送分
2018年6月放送分
2018年5月放送分
2018年4月放送分

このページのトップへ