生中継!第40回日米大学野球選手権大会 第1戦「日本×アメリカ」

  • 放送未定

侍ジャパン大学日本代表がアメリカ大学代表と雌雄を決する対抗戦!第1戦の模様をHARD OFF ECOスタジアム新潟から生中継!
1972年に第1回が開催された日米大学野球選手権大会。第40回の節目の大会は、全5戦を行い、勝ち越した方が優勝となる(第4戦までにどちらかが勝ち越しても5試合全て行う)。日本チームのメンバーは、6月に開催される全日本大学野球選手権大会の出場選手を中心に編成され、未出場チームの選手からも若干名が選ばれて構成される。これまでも、幾多のプロ野球選手が学生時代にこの大会を経験。2013年の前回(第39回)大会は、大瀬良大地(九州共立大学→広島)や山崎康晃(亜細亜大学→横浜DeNA)らを擁して、3勝2敗でアメリカを下して、見事優勝を飾った。連覇を目指す形となった今大会、新たなヒーローが現れるのか!?

【侍ジャパン大学日本代表】※2016年6月19日現在
《投手》
水野滉也(東海大学北海道キャンパス)、柳裕也(明治大学)、田村伊知郎(立教大学)、佐々木千隼(桜美林大学)、吉川峻平(関西大学)、伊藤将司(国際武道大学)、宮台康平(東京大学)、齊藤大将(明治大学)、濱口遥大(神奈川大学)
《捕手》
吉田高彰(上武大学)、牛島将太(明治大学)、森川大樹(法政大学)
《内野手》
山崎剛(國學院大学)、大山悠輔(白鴎大学)、北村拓巳(亜細亜大学)、森下翔平(東海大学)、楠本泰史(東北福祉大学)、京田陽太(日本大学)、吉川尚輝(中京学院大学)
《外野手》
島田海吏(上武大学)、佐藤拓也(立教大学)、大西千洋(法政大学)、濱元航輝(神奈川大学)、辰己涼介(立命館大学)

【主なルール】
・各チーム24名で構成
・DH制を採用
・延長10回以降はタイブレーク制(無死1・2塁、選択打順制)
・7回終了時に10点差がついた場合はコールドゲーム

【開催:2016年7月12日(火) HARD OFF ECOスタジアム新潟】
※雨天等による試合中止の場合あり

番組基本情報

  • 制作年 : 2016年
  • 制作 : TBS
  • その他 : 山崎康晃と山崎剛の「崎」は正式には、「大」が「立」です。システムの都合上「崎」となっております。
TBS1 TBS2