ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ ファン・ホセ・グスマン×具志堅用高(1976年10月)

  • 放送未定

1976年10月10日に行われた、具志堅用高タイトル奪取戦。デビューから9戦目でタイトル獲得に成功した具志堅用高。鮮烈な時代の幕開けとともに彼が成し遂げた偉業のタイトル防衛13回は、いまだ破られていない。故・金平正紀会長が「100年に一人の天才」と吹聴していた沖縄出身の無名の若者が、「世界のカンムリワシ」として羽ばたいた瞬間だった…。

【対戦カード】
●WBA世界Jr.フライ級タイトルマッチ
王者:ファン・ホセ・グスマン(ドミニカ)×挑戦者:具志堅用高(協栄)

解説:郡司信夫
実況:岡部達

【開催日:1976年10月10日 山梨学院大学体育館】
強打者の王者ファン・ホセ・グスマンに対し、サウスポーの具志堅は、序盤から攻め続けた。第2Rには左右の連打から、左ストレートを放ち、チャンピオンからダウンを奪う。だが王者も意地を見せ、第3Rには危ない場面もあったが、その後、第4Rにもダウンを奪い、第5、6Rにも再三にわたりグスマンを苦しめる。

番組基本情報

  • 制作年 : 1976年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • その他 : ※情報は1976年10月10日現在
TBS1 TBS2