ボクシング WBA世界ライト級タイトルマッチ 畑山隆則×リック吉村(2001年2月)

  • 放送未定

2001年2月17日に行われた、WBA世界ライト級タイトルマッチ「畑山隆則×リック吉村」。2000年10月に坂本博之との一戦を制し、“日本人ライト級最強”の称号を得た畑山隆則。2度目の防衛戦の相手は、WBA世界ライト級3位・リック吉村。日本ライト級王座22度防衛&7年間無敗を誇るリック吉村は、36歳にして初めてつかんだ世界戦のチャンス。パワーと勢いの畑山か、リック吉村の悲願なるか?両国国技館の大観衆が沸いた名勝負!

【対戦カード】
●WBA世界ライト級タイトルマッチ
王者:畑山隆則(横浜光)×挑戦者:リック吉村(石川)

解説:竹原慎二、鬼塚勝也
実況:石川顕(TBSアナウンサー)

【開催日:2001年2月17日 両国国技館】
チャンピオンの圧倒的有利を予想する中、試合は以外な展開となった。駐留米軍兵36歳の挑戦者リックは、待ちつづけた舞台で序盤から軽快な足さばき、伸びのいいジャブを披露する。すると右ストレート、アッパーに苦しんだ畑山が、相手が疲労の色を見せ始めた9Rから一気に攻め挙げ、11Rには猛ラッシュをかける。

番組基本情報

  • 制作年 : 2001年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • その他 : ※情報は2001年2月17日現在
TBS1 TBS2