恋する京女将・音姫千尋の事件簿2

出演

片平なぎさ、氷川きよし、芳本美代子、新山千春、力也、大沢逸美、浜田晃、斎藤陽子、ぼんちおさむ、温水洋一、渡辺哲、風間トオル ほか

  • 放送未定

2時間ドラマの女王・片平なぎさが京都のお茶屋の女将・音姫千尋に扮し、氷川きよし演じる交番勤務の巡査・山田一郎と共に、恋に推理に大活躍!オール京都ロケで古都の情緒もたっぷりと描いた娯楽サスペンス第2弾。今回は画商殺害事件の真相に2人が迫る。また千尋の初恋相手が登場し、一郎がやきもきすることに。第1弾でお預けになったキスと、恋の行方も注目だ。共演は芳本美代子、新山千春ほか。2004年作品。

【ストーリー】
音姫千尋(片平なぎさ)は京都のお茶屋の女将。15歳年下の新米巡査・山田一郎(氷川きよし)と恋愛中だが、それは2人だけの秘密。千尋は女将という立場上、2人の関係を隠さなくてはならないのだ。一郎にはそれが少し不満だった。ある夕方、千尋がお茶屋遊びをさせろという強引な客(ぼんちおさむ)で困っているところに佐川倉之助(風間トオル)が現われ、その男を懲らしめる。新進気鋭の日本画家である倉之助は実は千尋の初恋の人。20年ぶりの突然の再会に千尋は驚く。その夜、倉之助の計らいで、改心したその客と倉之助の弟子・ふみ香(芳本美代子)も呼んでお座敷が持たれることになるが、そこに日本画の大家・平林古道(浜田晃)が入ってくる。古道は倉之助をののしり、「鬼に殺されないようにしろ」と言い捨て出ていった。その後、場所を変えて旧友を深める千尋と倉之助。だが刑事が現れ、画商の宇野が殺害された件について倉之助に質問し始める。宇野の携帯電話の発信履歴の先頭に倉之助の名前があったというのだ。そして犯人は鬼の面を被っていたという…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2004年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : ホリプロ/TBS
  • プロデューサー : 伊與田英徳、平部隆明、梶野祐司
  • ディレクター・監督 : 中山秀一
  • 脚本 : 砂本量
TBS1 TBS2