手作りフリップ|サンデーモーニング|TBSテレビ

「サンデーモーニング」毎週日曜日あさ8:00~9:54放送、出演:関口宏,橋谷能理子,張本勲,唐橋ユミ,水野真裕美,杉浦みずき ほか

手作りフリップ(2022年2月6日放送)

「北京五輪開幕、2度目の開催で見えてきた今の中国」

手作りフリップ

こちらがメイン会場の国家体育場、通称「鳥の巣」です。
開会式のテーマは「共に歩む未来」。
中国国内の様々な民族同士のつながりや、世界の国と国を超えた人々のつながりを象徴するパフォーマンスが展開。聖火は往年の元オリンピック選手から、最後に2001年生まれの若い現役選手へと手渡され、民族、国境、世代を越えた共生が表現されました。

選手入場では、国名を中国語表記したときの、最初の文字の画数順に入場。 例年先頭を務めるギリシャに続いて登場したのはトルコ。漢字では(土耳其)3画でした。 4画の日本は10番目。いつもは先頭に近いオーストラリアが15画で最後となりました。

手作りフリップ

開会式には各国首脳が招待され、いわゆる“五輪外交”が展開されますが、今回、人権問題をめぐりアメリカなどが「外交的ボイコット」を宣言したことで、出席した国の数は大幅に減少しました。

ロシアのプーチン大統領、サウジアラビアのムハンマド皇太子、ポーランドのドゥダ大統領、など、合わせて25か国です。 イギリスの大手調査会社は、このうち、ロシアを含む11か国を民主主義国家の体をなさない「強権国家」に分類しています。

手作りフリップ

一方、2008年夏の、北京オリンピックにはアメリカのブッシュ大統領、日本の福田首相など、およそ80人の首脳が出席。当時、副主席だった習近平氏は、大会責任者をつとめ、五輪外交の効果を目の当たりにしてきたと言われています。 3分の1となった出席者の数を、どう受け止めているのでしょうか?

そして競技場からも、今の中国が見えます。
屋外競技は主に、河北省「張家口」と「北京」にある3つの施設で行われます。 しかしいずれも、あまり雪が積もる地域ではなく、ほとんどが人工の雪です。

手作りフリップ

なぜ、そこまでして北京という場所にこだわるのでしょうか?
夏期と冬期、両方のオリンピックが同じ都市で行われたことは過去にありません。 北京が初めてです。

習主席が見据えているのは秋の共産党大会ではないかと専門家は指摘します。 北京オリンピックの成功で大きな飛躍して、3期目続投につなげたい…そんな思惑も 垣間見えます。

»手作りフリップ 一覧

»HOME

Copyright© 1995-2022, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.