手作りフリップ|サンデーモーニング|TBSテレビ

「サンデーモーニング」毎週日曜日あさ8:00~9:54放送、出演:関口宏,橋谷能理子,張本勲,唐橋ユミ,水野真裕美,伊藤友里ほか

手作りフリップ(6月10日放送)

「米朝会談の舞台とは」

手作りフリップ

12日に行われる史上初めての“米朝首脳会談”。歴史的会談の舞台が、シンガポール屈指の高級リゾート地・セントーサ島にある「カペラ・ホテル」に決まりました。「カペラ・ホテル」は、2009年にオープンした5つ星ホテルで、およそ12ヘクタールもの敷地に112の客室があり、最も高い部屋は1泊150万円を超えます。

手作りフリップ

セントーサ島の「カペラ・ホテル」、実はかなり早い段階から会談場所の候補地に挙がっていました。

その理由というのが、まずセントーサ島は、
(1)離島という隔離された環境であること
(2)本土とのアクセス方法が、ケーブルカー、モノレール、橋のみで人や車両の管理がしやすいこと
(3)そして、「カペラ・ホテル」は、セントーサ島の小高い丘に立地しているため周辺がよく見渡せること
これらのことから“警備が容易”であるとされ、開催場所として選ばれたのです。

しかし、理由はわかっていませんが、トランプ大統領と金正恩・党委員長は、会談が行われる「カペラ・ホテル」には宿泊しないとみられています。

手作りフリップ

シンガポール政府は、すでに昨日(9日)から14日まで、トランプ大統領が宿泊するとされる「シャングリラ・ホテル」と、およびセントーサ島全域を“特別行事区域”とし、さらに、その中の一部はより警備を厳重とする“特別区域”に指定しました。金正恩氏はこの区域内にある「セントレジス・ホテル」に宿泊するとの見方があります。

この期間は、検問が設置されるなどこの区域への出入りは厳しく制限され、可燃性物質や横断幕、拡声器などの持ち込みも禁止されます。そして、警察に加え、武装した治安部隊も警備にあたります。

手作りフリップ

着々と準備が進む中、北朝鮮側にはある問題点も。「外貨不足にある北朝鮮が滞在費を支払えないのではないか」ということです。シンガポール政府が支払うとの見方がありますが、費用を負担するとなれば国連安保理などの制裁決議に違反する可能性もあります。

また、金正恩氏の専用機「チャムメ1号」は、老朽化が進んで、およそ4700km離れたシンガポールへ向かうのは危険が伴うとの指摘もあり、8日、中国の飛行機が平壌に向かいました。さらに、中国政府は点検や給油、戦闘機による護衛などを準備しているといいます。

あと2日後に迫った米朝首脳会談、成果は期待できるのでしょうか。

手作りフリップ

»手作りフリップ 一覧

»HOME

Copyright© 1995-2022, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.