手作りフリップ|サンデーモーニング|TBSテレビ

「サンデーモーニング」毎週日曜日あさ8:00~9:54放送、出演:関口宏,橋谷能理子,岸井成格,張本勲,唐橋ユミ,水野真裕美,伊藤友里ほか

手作りフリップ(4月22日放送)

「貿易めぐり日米にすきま風?」

手作りフリップ

日米首脳会談で協議された "通商問題"。両国の間では認識の隔たりが鮮明となりました。

安倍首相が、アメリカのトランプ大統領に、“TPP=環太平洋パートナーシップ協定”への復帰を促しましたが、トランプ大統領は“2国間の協定”の方がいいという意向を示したのです。

トランプ氏が言う“2国間の協定”は日米の"FTA=自由貿易協定"を念頭においているとみられているのですが、この"FTA"というのは、2国間で関税の撤廃や削減を定めるものです。

手作りフリップ

トランプ氏は、なぜ“2国間の協定”にこだわるのでしょうか。

TPPなど、多国間での協定だと参加国が複数反対すれば1国の要求が簡単には通りません。これに対し、“2国間の協定"、つまり一対一であれば、大国であるアメリカの要求が通りやすいとみているからなのです。

トランプ氏は、今年11月の中間選挙に向けた得点稼ぎのため、この"2国間の協定"を求める構えです。

手作りフリップ

アメリカと日本の2017年の貿易額を見てみると、アメリカの日本からの輸入が15兆1819億円、輸出が8兆1828億円と、アメリカにとって、およそ7兆円もの赤字となっています。

トランプ氏は、巨額の貿易赤字をもたらしている日本に、いくつかのカードをちらつかせ、この貿易赤字を削減したい思惑があるのです。

そのアメリカ側が持つ交渉のカードとは、貿易赤字削減の見返りに、「拉致問題」で連携を強めること、引き続き「安全保障」の面で協力すること、さらに先月発動させた、「鉄鋼・アルミニウムの輸入制限の除外」などとみられています。

手作りフリップ

今後、アメリカがどんなカードを切ってくるかが焦点ですが、今年1月から行われた"米韓FTAの再交渉"では、アメリカが「輸入制限の対象から除外する」カードを韓国側へ切った代わりに、韓国がアメリカへの鉄鋼の輸出量を7割に制限することで合意。 アメリカ側に有利な合意となった「成功例」となりました。

手作りフリップ

一方、アメリカは中国への知的財産権などをめぐる制裁措置を展開。 これに対し、中国は報復関税で対抗する構えをみせていて、“貿易戦争”に発展するのでは?との懸念もあります。

ぶつかる2つの大国の間で、今、日本の対応が問われています。

手作りフリップ

»手作りフリップ 一覧

»HOME

Copyright© 1995-2022, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.