スペシャルコンテンツ

[日本キャスト版]WEST SIDE STORY Season2 本番ビジュアルTVスポット 30秒

IHIステージアラウンド東京 TVスポット 15秒

[日本キャスト版]WEST SIDE STORY Season2 プレスコール&囲み会見レポート

〔日本キャスト版〕ブロードウェイ・ミュージカル
「ウエスト・サイド・ストーリー」Sesason2プレスコール&囲み取材レポート

  • 写真:プレスコール&囲み取材レポート

1月30日(木)、世界中で再演を重ねているミュージカルの金字塔「ウエスト・サイド・ストーリー」の日本キャスト版Season2(2月1日(土)〜3月10日(火)上演)のプレスコールと囲み会見が、IHIステージアラウンド東京で行われました。2019年8月に開幕した招聘版に続き、11月から本年5月まで7ヶ月にわたるロングラン公演を3シーズンに分け、異なる日本キャストで上演!さらに、メインキャラクターであるトニー、マリア、アニータ、リフ、ベルナルドは各シーズンそれぞれダブルキャストで演じる。Season2ではミュージカル初出演にして初主演となる村上虹郎と同じくミュージカル初主演となる森崎ウィンがWキャストでトニーを、宮澤エマと田村芽実がダブルキャストでマリアを演じる。また、アニータ役を女優初挑戦となるMay J.と宮澤佐江が、リフ役を上口耕平と小野賢章が、ベルナルド役を渡辺大輔と廣瀬友祐が、それぞれ演じます。
プレスコールでは「Prologue」(リフ役上口耕平、ベルナルド役渡辺大輔)、「A Boy Like That」(マリア役宮澤エマ、アニータ役May J.)、「One Hand One Heart」(トニー役森崎ウィン、マリア役田村芽実)、「Quintet」(トニー役村上虹郎、マリア役宮澤エマ、アニータ役宮澤佐江、リフ役小野賢章、ベルナルド役廣瀬友祐)を披露、客席が360°回転するIHIステージアラウンド東京のステージで歌と踊りを熱演しました。名曲揃いの本作だけに、公演への期待が高まるイベントとなりました。また、プレスコール後にはメインキャスト10名による囲み会見も実施。作品への愛と、2日後に迫った初日への期待を語った。新たなエンターテインメントの可能性に挑戦した“ステージアラウンドバージョン”「ウエスト・サイド・ストーリー」Season2は必見です!

キャスト囲み会見
キャストコメントはこちら

  • 写真:宮澤エマ

  • 写真:村上虹郎

  • 写真:森崎ウィン・田村芽美

トニー役:村上虹郎(Wキャスト)

今日は初日さながらの力の入れ具合でみんなに「大丈夫か?」と言われました(笑)それくらい力を入れてやったので、初日にこれ以上緊張することはないと思います!演じていると、この作品の主役はトニーとマリアだけではないと思うので、見ている方たちそれをしっかりつないでいかないといけない。その責任をしっかり背負って、あとは共演者のみなさんやスタッフさんたち最高に頼りになる方々が僕をこのステージに立つまでにしてくださったと思うので、それには自信をもって、しっかりとみなさんに支えられてステージに立ちたいと思います。

トニー役:森崎ウィン(Wキャスト)

稽古期間も長かったのですが、そんなことを感じさせないくらい毎日充実していました。カンパニーも一つになっていて、その気持ちのまま初日を迎えたいなという気持ちでいっぱいです。お稽古をしながら、今の僕らがこの作品をやる意味を考えることが多くて、こんなに完璧な作品を見たことがないと思うこともしばしばあります。その作品をやる重さを感じながら、見てくださるみなさんにはただ楽しんでいただけるようにお届けしたいと思います。そして作品のメッセージをなにかひとつだけでも持って帰っていただけるように頑張りたいと思います。

マリア役:宮澤エマ(Wキャスト)

歌、芝居、踊り、どれをとってもこれ以上のものはないんじゃないかっていうくらいもともとの戯曲の良さもあるのですが、それに全員で果敢に挑んでいます。一人一人が輝く瞬間があって、いくつ目が合っても足りないんじゃないかと思います。この物語は特にどこを切り取ってもドラマがあって、トニーとマリアの恋の物語であることはもちろんですが、それだけではない「昨日よりは今日、今日よりは明日」という気持ちをもって全員が挑んでいるので、お客様には全て見ていただきたいです。

マリア役:田村芽実(Wキャスト)

360°客席が回転する劇場で「ウエスト・サイド・ストーリー」を上演するということで、客席が回転するからこそ緻密に計算されたセットがあって、豊洲にマンハッタンという街が出来上がっています。みなさん「豊洲のマンハッタン」にいらしていただきたいなと思います。

  • 写真:May J.

  • 写真:宮澤佐江

アニータ役:May J.(Wキャスト)

「アメリカ」というナンバーを踊るのですが、バレエとジャズダンスをミックスさせた特殊な動きが多いのでかなり戸惑いました。踊っているほうはかなりな熱量で本当に大変なのですが、見ているほうにはそこまで大変さが伝わらないというのがもどかしくて(笑)裏ではそんな風になっているんだな、と思ってみていただけたらと思います。

アニータ役:宮澤佐江(Wキャスト)

お稽古からこれまで筋肉痛が毎日続いていて、今までこんなに使っていなかった筋肉を使っているんだなと日々実感しています。振りだけでエネルギーを伝えるという大切さを日々学んでいるので、それを本番でみんなで力を合わせて見せていけたらいいなと思っています。

  • 写真:上口耕平

  • 写真:小野賢章

リフ役:上口耕平(Wキャスト)

全部のポーズ、振り付け、ポーズに意味があって、しかもそれがすごく高度で。運動量は激しいのですが見た目はクールに見える…これをぜひ皆様にわかっていただきたいです(笑)すごい運動量、熱量なのですが、見ているとすごくよくできていてお芝居の流れの中で自然な動きになっているので、僕たち演者としても一生追い求め続けるレベルの振り付けだと考えています。今回、全ステージを通して追い求め続けたいと思います。

リフ役:小野賢章(Wキャスト)

海外キャスト版を見せていただいたときに、絶望しまして…。ダンスはもちろんですが、みなさんプロフェッショナルで「これをやるのか」と不安でいっぱいだったのですが、共演者と一緒に2か月間稽古をしてなんとか形にはなったんじゃないかと思っています。あとは本番で精いっぱい「ウエスト・サイド・ストーリー」の物語の中で生きられたらいいな、それをダンスで表現できたらいいなと思います。

  • 写真:渡辺大輔

  • 写真:廣瀬友祐

ベルナルド役:渡辺大輔(Wキャスト)

ダンスがセリフのような形で表されているので、そういう部分をくみ取っていただけたら嬉しいです。また、それ以外の部分も移民や偏見、差別のある世界の中で生きている若者たちの視点でも見ていただけると、また見方も変わっていいんじゃないかと思います。

ベルナルド役:廣瀬友祐(Wキャスト)

ダンスシーンについてはただただ頑張ります、の一言です。振りひとつひとつに意味合いがあって、この作品トータルで見ても無駄なものをそぎ落として本当にシンプルに物語を紡いでいるので、ダンス、歌、芝居、すべてに意味があります。それをこの劇場のステージに立ってやるのはものすごくエネルギーが必要なので、この作品という怪物と向かい合って闘って、日々ステージに立ちたいなと思います。

[日本キャスト版]WEST SIDE STORY Season2 ビジュアルTVスポット

開く

[日本キャスト版]WEST SIDE STORY Season2 囲み会見

開く

〔日本キャスト版〕ブロードウェイ・ミュージカル
「ウエスト・サイド・ストーリー」Season2囲み会見レポート

2020年2月1日(土)からIHIステージアラウンド東京で上演される〔日本キャスト版〕ブロードウェイ・ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」Season2の囲み会見が行われ、主役のトニーをダブルキャストで演じる村上虹郎と森崎ウィンが出席しました。村上はミュージカル初挑戦にして初主演、森崎もミュージカル初主演となり、それぞれに気合十分。「少しずつ実感がわいてきた」という村上が“ステアラ”ならではのステージを走り回るため体力をつけなければと気を引き締めれば、「主役に選ばれた重みを感じている」という森崎はすでに喉の調子を毎日記録し傾向を調べているそう。頼もしい主演の二人は、クリスマスも稽古の真っ最中。クリスマスの過ごし方を聞かれ村上は「ウィン君と二人でクリスマスソングを歌いたい」。ファンにとってはぜひとも見てみたい“贅沢なクリスマス”を過ごすことになりそうな二人は笑いあいながら、2月の開幕に向けて更なる努力を誓っていました。

  • 写真:囲み会見

村上虹郎コメント

トニー役のお話を聞いたときは、ホントに僕でいいのかと思いました。宮野真守さんたちが演じられているSeason1を見て、少しずつ自分もトニーを演じる実感がわいてきているところです。ウィン君は歌も踊りもやられていますし共演者の方々もミュージカルでご活躍されている方が多いのですが、僕はミュージカル自体が初めてなので全てが楽しみ。これから稽古場に立って共演者と時間・空間を共にしてみないとわからないことはたくさんありますが、歌って踊って演技をするということが今から楽しみです。ステージアラウンドという劇場は凄くエネルギーが必要な劇場です。出演者の動く範囲がハンパではないので体力をつけなければと思いますね。
クリスマスは例年特に意識したことはないです。今年は稽古をしていると思うので、稽古場でウィン君と2人でクリスマスソングを歌おうと思います(笑)
ミュージカルといえば「ウエスト・サイド・ストーリー」というくらい誰でも知っている歴史あるこの作品を、客席が360°回転する劇場で、無我夢中でガムシャラに頑張ります。劇場でお待ちしております!!

森崎ウィンコメント

初めてのミュージカル主演ですし、これだけの公演数をこなすのも初めてです。決まったときはうれしさもありましたがプレッシャーも感じました。歴史も長く世界中で愛されているこのミュージカル、その日本版の主役に選ばれたのは名誉なことです。その重みを日に日に感じています。2月の本番に向けて今から喉の調子の記録をつけて様子を見ています。ステージアラウンドは客席が360°回転する特殊な劇場なので、裏導線を何度見ても自分がどこにいるのかわからない(笑)。でも、先日ビジュアル撮影をした際に“自分たちが舞台の前に立ち客席と一緒に回転する”経験をしたのですが、これが楽しくて!早く本番で体験したいです!虹郎くんと同じ役でプレッシャーはありますが、自分と同じ役を同時に別の方が演じる姿を見られる機会は滅多にないので虹郎君のトニーが楽しみです!
クリスマスの時期になると、自分でプレイリストを作って仕事に向かう車の中でクリスマスソングを聴いています。ちょっと切ないですが(笑)クリスマスソングが大好きなので毎年やってますね。
気持ちが高揚していますが作品の良さを伝えられるよう、いいエンターテイナーになれるよう地に足をつけて頑張ります!!

[日本キャスト版]WEST SIDE STORY Season2 出演者コメント

開く

— 村上虹郎 × 森崎ウィン(トニー役)2Sスペシャルインタビュー —

— 村上虹郎(トニー役)スペシャルインタビュー —

— 森崎ウィン(トニー役)スペシャルインタビュー —