出演恐竜

picture

picture

ティラノサウルス(全長8m)

正式名称ティラノサウルス・レックス(以下ティラノサウルス)は、後期白亜紀6800万〜6600万年前にかけて北アメリカ大陸西部で栄えていた超大型の肉食恐竜。約1億6600万年前に生息した最初期の原始的なティラノサウルス類は全長3mほどであったものの、時が経つにつれ大型化していったと推測され、ティラノサウルスは最大で全長約13m、重さ約9tに達したと考えられています。また、長さ約30cmにもなる太い歯と、強力な嗅覚を持っているのが特徴。このほかにも巨体に反して鳥類に近い恐竜であったといわれており、少なくとも幼少期には羽毛を持っていた可能性が高いそうです。

picture

ブラキオサウルス(全長13m)

ブラキオサウルスは、後期ジュラ紀に生息。「恐竜=大きい」というイメージを体現したような、長い首と尾を持った巨大恐竜のグループ「竜脚形類」の1種です。全長は約25m、体の高さは約12mにも及び、近年まで最も背の高い恐竜とされていました。また、後足と比べて長い前足もポイント。映画『ジュラシック・パーク』には、長い首で、高い部位の植物を食する恐竜として登場しています。

picture

トリケラトプス(全長 親:6.6m / 子:3m)

トリケラトプスは、白亜紀の終わり、約6800万〜6600万年前に生息していた「最後の恐竜」の1つ。鼻先にある小さな角と、両目の上にある長くて鋭い角、頭の後ろの方にある骨でできた襟飾りが特徴です。大きさは全長約6〜9m程度。短くて丸々とした胴体と、恐竜にしては短い尾を持ちます。また、オウムに似た鋭くて頑丈なクチバシは、トリケラトプスが属する角竜類の恐竜すべてに共通する特徴です。

picture

ステゴサウルス(全長7m)

後期ジュラ紀、約1億5000万年前にアメリカやポルトガル周辺に生息していたステゴサウルス。ステゴサウルスの1番の特徴は、背中に並んだ大きな五角形の板です。剣竜類の中では、最大と言われており、その大きさは最大で全長約9mほどになったと言います。短い前足に対し、長めの後ろ足を持っているアンバランスな体型だったため、素早く走り回ることはできず、基本的にゆったりとした動きだったと推測されています。

picture

ユタラプトル(全長4.8m)

picture

ダコタラプトル(全長4.8m)

ユタラプトルは前期白亜紀、約1億3500万年前に活躍したと言われている肉食恐竜です。一方のダコタラプトルは後期白亜紀、約6800万〜6600万年前に北米大陸に棲みついていたと言われています。いずれもラプトルの中では最大級の大型種でした。ラプトルの仲間(ドロマエオサウルス科)には映画『ジュラシック・パーク』に出てくるラプトルのモデルになった恐竜・デイノニクスなども属しています。

picture

アロサウルス(全長6.4m)

後期ジュラ紀、1億5500万〜1億4500万年前に北アメリカ周辺に生息していたとされるアロサウルスは、典型的な大型肉食恐竜。全長約7〜9m程度、体重は最大で2tほどと推測されています。これまでに異なる成長段階を含む化石が多数発見されており、さまざまな角度から詳しく研究されています。噛む力はあまり強くなかったものの、アゴの関節が柔軟に動いたために、大きな肉を丸呑みできたと考えられています。

picture

スコミムス(全長9m)

約9900万〜9300万年前の後期白亜紀に生息していたスピノサウルスは、全長が約15mもあり、ティラノサウルスよりも大きな肉食恐竜です。スコミムスはそんなスピノサウルスの仲間で、背中には低めの帆を持っていました。また、「ワニもどき」との異名を持っていて、前期白亜紀、約1億2500万〜1億2000万年前頃に生息していたとされています。