TBS BOXING

TBS BOXING top

スポーツカテゴリー一覧


オンエア情報


京口絋人世界前哨戦
10月5日(金)深夜2時52分放送
ダイナマイト・ボーイ 京口紘人 二階級制覇へ!


プロデビューからわずか1年3ヶ月、日本最速で世界の頂点へと上りつめた京口紘人。
今年5月に行われた2度目の防衛戦では、人生初となるダウンを喫するも、
内容的には相手を終始圧倒。大差の判定勝利で、見事ベルトを守り抜いた。

しかし、過酷な減量から試合中に足を攣るなど、ミニマム級での戦いに
限界を感じつつあった京口は今年の8月、IBF世界ミニマム級の王座を返上。
二階級制覇を目指して、ライトフライ級への転級を表明した。

その会見で京口は「自分のベストな階級で試合をすることがファンの為にもなる。
変わったなとか凄いなと思われるような試合をしたい」と語るなど、
新たな戦いに向け、モチベーションを高める。

しかし、そんな京口の前に立ちはだかるのは、ライトフライ級で世界?団体にランクする
インドネシアのチボ・モナベサ。転級初戦の相手としては、非常に危険とも思えるが、
京口本人は「不安は全く無いし、ここで勝てば一気に評価も上がる。中盤くらいにはKOしたい」と、ハードなマッチメイクにも自信を漲らせる。

階級を上げたことにより、これまで出来なかった筋力系のトレーニングにも取り組めるようになり、その身体はミニマム級の時よりも明らかに大きくなった。
もちろん自慢のパンチ力も格段にパワーアップ。豪快なKO勝利への期待も膨らむ。

今回の試合を世界前哨戦と位置づけ、早ければ年末での二階級制覇を見据える京口。
果たしてライトフライ級のリングで、どんな試合を見せてくれるのか!?
京口紘人の新たな戦いがここから始まる!!


ボクシング

豆知識

チャンピオン

名前 王座名 防衛回数
高山 勝成(仲里) WBO世界ミニマム級 0
八重樫 東成(大橋) IBF世界ライトフライ級 1
田口 良一(ワタナベ) WBA世界ライトフライ級 4
井岡 一翔(井岡) WBA世界フライ級 3
井上 尚弥(大橋) WBO世界スーパーフライ級 3
山中 慎介(帝拳) WBC世界バンタム級 11
長谷川 穂積(真正) WBC世界スーパーバンタム級 0
★※は現役王者
★1998年に「ジュニア○○○級」という呼称の形式を採用していたが、1998年にWBAとWBCとでルールが統合され、両団体で異なっていた呼称も「スーパー○○○級」に一本化されたため
ジュニアミドル級→スーパーウェルター級
ジュニアウェルター級→スーパーライト級
ジュニアライト級→スーパーフェザー級
ジュニアフェザー級→スーパーバンタム級
ジュニアバンタム級→スーパーフライ級
ジュニアフライ級→ライトフライ級
へ変更された。
また、ストロー級はミニマム級の以前の名称。

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.