世界陸上ドーハ

ニュース

男子50km競歩 鈴木が悲願の金メダル
2019年9月29日(日) 10:30
Loading…

【世界陸上ドーハ】世界陸上2日目の9月28日(日本時間29日未明)、男子競歩50kmが市内の周回コースで行われた。鈴木雄介(富士通)がスタートからトップを守り続け、4時間4分20秒で金メダルに輝いた。鈴木はこの競技では初の金メダルを獲得、東京五輪代表にも内定した。日本勢でもこの大会初めてのメダル獲得となった。銀メダルは4時間4分59秒ホウン・ビエイラ(ポルトガル)、銅メダルは4時間5分2秒でエバン・ダンフィー(カナダ)が入った。日本勢の勝木隼人(自衛隊体育学校)は4時間46分10秒で27位、野田明宏(自衛隊体育学校)は棄権となった。

[ LINE UP ]

  • 2019年9月29日(日) 10:30
    男子50km競歩 鈴木が悲願の金メダル
    »
    詳細
  • 2019年9月29日(日) 09:55
    50キロ競歩の鈴木V、五輪へ 陸上、世界選手権第2日
    »
    詳細
  • 2019年9月29日(日) 01:43
    日本勢、男子百決勝進めず 世界陸上第2日
    »
    詳細
SHARE -
Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.
 写真:フォート・キシモト