人生最高レストラン

毎週土曜 よる11時30分

放送内容

2019.3.2

写真

ゲスト 鈴木雅之さん

常連客 YOUさん

Today's Menu

  • 写真
    ラブソングの王様が奏でるSOUL FOOD

    その圧倒的な歌唱力で数々のヒット曲を送り出してきた“ラブソングの王様”鈴木雅之さん。1980年、「ランナウェイ」でシャネルズとしてメジャーデビューし、ラッツ&スターに改めた後は「め組のひと」「夢で逢えたら」、ソロ・ヴォーカリストとして「もう涙はいらない」「恋人」「違う、そうじゃない」など、鈴木さんが歌う名曲は人々の心に響き続けている。そんな日本を代表するヴォーカリストが奏でる「“おいしいもの”の話」と「音楽人生」。

  • 写真

    ■ふぐコース料理

    写真
    写真

    ■ふぐ刺し

    写真
    写真

    ■焼き白子

    白金「魂が叫ぶアレ」

    鈴木さんが年1回、必ず行くお店が東京・白金にある、ふぐ料理店「めうが」。ここには、鈴木さんの楽曲を長年プロデュースしてきた盟友の誕生日に二人で必ず訪れるという。良質なふぐが入荷しないという理由で4月から9月は休業するというこだわりを持つこのお店では、まさに絶品の「ふぐコース料理」を堪能できる。「ふぐ刺し」は、味わうのに程よい十分の厚さで、こうとうネギを巻いて、カボスを使った自家製ポン酢でいただく。そして、鈴木さんが“魂が叫ぶほど”美味しいというのが「焼き白子」。とてもクリーミーで何個でも食べたいのが本音だが、尿酸値が気になる鈴木さんは2つに留めているのだとか。

    *店舗情報:
    「めうが」
    東京都港区白金1-13-5

  • 写真
    写真

    ■十勝おはぎ

    意外な大好物「おはぎ」

    『甘いものを食べると、優しい気持ちになれる』という名言が自然に飛び出してくるほど、甘いものには目がない鈴木さん。中でも好きなのは、あんこ。ライブ終わりには必ず、舞台監督と二人で用意してもらった各地の「おはぎ」を食べながら反省会をしているそう。全国をツアーで巡る中、日本中の「おはぎ」を食べ尽くしてきた鈴木さんのイチオシは、北海道・サザエ食品の「十勝おはぎ」。ちなみに、「こしあん」派だという。

    *店舗情報:
    「(株)サザエ食品」
    東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店 本館 B1F

  • 写真

    ■海苔巻き(大森巻き)

    地元のソウルフード「海苔巻き」

    鈴木さんの地元は、東京の大田区大森。東京湾はその昔、良質な海苔が採れ、大森は海苔の一大産地だった。鈴木さんの祖父も海苔漁師で、小さい頃はよく船に乗せてもらったという。そんな大森の海苔漁師たちの“漁師メシ”が「海苔巻き(大森巻き)」。酢飯でなく白飯を使い、具材はおかかのみ。ご飯の乾燥を防ぐため、両端を押さえて閉じた形状が特徴。幼い頃から食べてきた鈴木さんにとっては、まさにソウルフード。海苔漁師の孫に生まれ、海苔が大好きな鈴木さんは昨年、「大森海苔親善大使」に就任した。

  • 写真
    写真

    ■ソウルフード

    NY 「人生最高」

    鈴木雅之さんの“人生最高の一品”は、アメリカ・ニューヨークで食べた「ソウルフード」。いわゆる、アフリカ系アメリカ人の家庭料理。既にメジャーデビューを果たし、シャネルズとして活躍していた鈴木さんは1982年、「大好きなブラックミュージックの聖地・ニューヨークのハーレムへ行ってみたい」という思いを叶え、知り合いの伝手を頼りにアーネット・バクスターを一人で訪ねた。彼は、マイケル・ジャクソンやダイアナ・ロスなどを輩出したブラック・エンターテインメントの殿堂「アポロシアター」の支配人で、日本からやってきた若者のために、当時閉館していたアポロシアターを案内。ステージ上で歌わせてくれたという。観客は、アーネット・バクスターと奥さんの2人だけだったが、鈴木さんいとって忘れられない思い出になった。そして、アーネットの自宅でご馳走になったのが「ソウルフード」。いわゆるビーンズライスがベースのシンプルな食事で、明確な味の記憶はないものの、とにかく感動したことを鈴木さんは今でも鮮明に覚えているという。大好きで憧れだったブラックミュージック。本場で触れた音楽だけでなく、それが生まれた場所で彼らと同じものを食べ、同じ時間を共有した…このNYハーレムでの体験は、鈴木さんの音楽人生において、かけがえのないものものである。

ゲストがこっそり教える名店

  • 写真

    ■ショコラ・オ・ウイスキー・プレミアム〔ガナッシュ〕

    写真

    ■ガナッシュ・ザ・ヤマザキ12

    想像を超える大人なチョコレート

    鈴木さんが徳井さんだけに、こっそり教える“とっておきの美味しい一品”は、チョコレート。甘党の鈴木さんが「おはぎ」よりも今一番ハマっているというのが、銀座「ポアール・デ・ロワ」の「ショコラ・オ・ウイスキー・プレミアム〔ガナッシュ〕」。ウイスキーを練りこんだチョコレートで、中でもウイスキー山崎12年ものを使用した「ガナッシュ・ザ・ヤマザキ12」がオススメ。生で食べても、クッキーなどに付けて食べても美味しい“大人なチョコレート”。

    *店舗情報:
    「ポアール・デ・ロワ」
    東京都中央区銀座6-16-11 1F

過去の放送内容

見逃し配信

Paravi TBSFREE

※都合により視聴できない放送日もございます。

Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.