永田家の故郷・鞆の浦

福山城
元和5年(1619年)に水野勝成が築城。その後、数度に渡る城主の変遷を経て、幕末の名老中・阿部政宏を輩出した阿部氏の居城となり明治を迎えました。
昭和20年8月、空襲により天守閣などは消滅しましたが、昔日の姿を留める伏見櫓・筋鉄御門は国の重要文化財に指定されています。福山駅からほぼ直結というアクセスの良さで、中は資料館となっていますので、福山の歴史を知るには絶好です。

Copyright© 1995-2022, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.