漁場・鞆の浦の風景

鞆港は瀬戸内海の穏やかな海に面していますが、この辺りで潮目が変わるため潮待ちの港として栄えました。潮の干満に関わらず船付けできるように石階段で港を囲ってありますが、雁が飛ぶさまに似ていることから「雁木」と言います。鞆港は複雑な潮流などから絶好の魚の棲息場所となっており、小魚も多く、独特の練り物「ガス天」をはじめ、海の幸で作る練り物が有名です。中でも鯛が名産で、鯛ちくわはお土産人気No.1です!
鞆の鯛漁は、沖合いに鯛網船団が出て行う「しばり網漁法」というものが380年前から伝わっており、初夏の風物詩として毎年5月に行われる鯛網は、この伝統漁法を再現したもので、その迫力に多くの方が目をみはるそうです。この先、一雄さんもこの漁に参加するのでしょうか?
Copyright© 1995-2022, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.