第62回『輝く!日本レコード大賞』

2020年12月30日(水) よる5時30分から 生放送!

第62回 日本レコード大賞 
各賞発表
AWARDS

日本レコード大賞
JAPAN RECORD AWARD

『炎』
LiSA

最優秀新人賞
NEW ARTIST OF THE YEAR

真田ナオキ

優秀作品賞
SONGS OF THE YEAR

三浦大知

I'm Here

純烈

愛をください〜Don't you cry〜

Little Glee Monster

足跡

瑛人

香水

乃木坂46

世界中の隣人よ

DISH//

猫 〜THE FIRST TAKE ver.〜

AKB48

離れていても

氷川きよし

DA PUMP

Fantasista〜ファンタジスタ〜

LiSA

曲名 50音順
新人賞
NEW ARTISTS OF THE YEAR

真田ナオキ

Novelbright

豆柴の大群

Rin音

50音順
特別賞
SPECIAL ACHIEVEMENT AWARD

Uru

鬼滅の刃

NiziU

松田聖子

米津玄師

50音順
特別国際音楽賞
SPECIAL INTERNATIONAL MUSIC AWARD

BTS

特別功労賞
SPECIAL LIFETIME ACHIEVEMENT AWARD

梓みちよ

小林信吾

ジャッキー吉川

筒美京平

なかにし礼

中村泰士

服部克久

弘田三枝子

前田俊明

丸山雅仁

50音順
最優秀歌唱賞
BEST VOCAL PERFORMANCE

福田こうへい

お知らせ
NEWS

「特別栄誉賞」

嵐の受賞決定!
さらに12月30日の出演も決定!!
嵐の『レコード大賞』出演は初!
活動休止前の嵐が『レコ大』で
最高のパフォーマンスを魅せる!

TBSでは、年末恒例の『第62回 輝く!日本レコード大賞』を、12月30日(水)よる5時30分から10時までの4時間半にわたり、東京・渋谷の新国立劇場より生放送でお届けする。なお、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため無観客で行われる。
先日、2020年の「日本レコード大賞」候補となる「優秀作品賞」、「最優秀新人賞」候補となる「新人賞」など、各賞受賞者&曲を発表。番組の司会には、安住紳一郎TBSアナウンサーと女優の吉岡里帆が決定している。

そしてこのたび、今年新たに設けられた『特別栄誉賞』を、年内で活動を休止する嵐が受賞することが決定した。この「特別栄誉賞」は日本レコード大賞実行委員会により、長年にわたる活躍で広く大衆の支持を得て、音楽文化の発展に多大な貢献をもたらした方に贈られる賞として新設されたものだ。
さらに、嵐は12月30日(水)の放送に出演することも決定!嵐の『レコード大賞』出演は初となる!

1999年のデビューから今年で21年となる嵐は、さまざまな受賞歴と数々のヒットソングを持ち、テレビドラマやバラエティ番組、映画などでも活躍。さらに7年連続10度の5大ドームツアーを行い、2018年~2019年のツアーではグループで過去最多となる237万5000人の動員を樹立。また、今年7年ぶりに復活したリクエストライブ「アラフェス」では新しい姿に生まれ変わった国立競技場で無観客配信を行うなど、「超国民的アイドル」へと成長した。
しかし、2020年12月31日をもって活動休止することを発表。TBSでは『レコード大賞』が活動休止前最後の雄姿となる。
果たして、数あるヒットソングの中からどの楽曲を選曲し、どのような“ラストパフォーマンス”を披露するのか、ご期待ください。

第62回 『輝く!日本レコード大賞』 
総合司会
MC

安住紳一郎 (TBSアナウンサー) コメント

今年で9回目の司会を務めさせていただきます。
毎年本番になるとはしゃいでしまったり、いきなり脱線し始める時もあるほど楽しんでおります。今年は新国立劇場から無観客での開催ということで、客席も使って前の方へステージがせり出し、横よりも縦のほうが長いという珍しいステージでお届けすることとなりました。2020年を代表する曲の数々が一堂に会して、同じステージでそれぞれのパフォーマンスを披露というのは迫力満点です。12月30日午後5時30分から、4時間半の生放送です!是非ご覧いただきたいと思います。

吉岡里帆 コメント

大変光栄な役割をいただき、当日が楽しみな思いもありつつ、4時間30分の生放送で司会をするという緊張感で手に汗握る思いもありドキドキしています。また今回、世代もジャンルも様々なアーティストの方々が登場されるので、私個人としても皆さんのパフォーマンスを観るのを本当に楽しみにしております。テレビの前の皆さんに感動を届け、年末のお祭りのように楽しい番組に出来ればと思います。ぜひご覧ください。

ナレーション

ジョン・カビラ

このページの先頭へ