12月19日木曜 よる8:00放送

ぶっこみジャパニーズ14

番宣画像

情報募集

アナタの街の『本場の料理人が見たら、ビックリ料理』情報大募集!

世界各国のあらゆる料理が食べられる日本だが、、、
意外と知らない海外本場の味。
その国の人たちから見たら、似てるけどちょっと間違った料理を出しているお店。
あなたの街にありませんか!?

など、
あなたが知っている『本場の料理人が見たらビックリ料理?』の情報をお寄せください!


募集フォームへアクセスし、必要事項を入力してご応募ください。

※相談内容の詳細確認のため、番組スタッフから連絡をさせていただくことがあります。
※お送り頂いた個人情報は当企画以外の目的には使用しません。
※投稿頂いた内容は、番組制作の参考にさせていただくもので、すべてのご依頼・ご質問にお答えするものではありません。
※採用・不採用の発表はいたしません。また、採用・不採用についてのお問い合わせには原則としてお答えできません。予めご了承ください。

投稿はコチラ

プレゼント

写真

和の達人・大田忠道さんが館主をつとめる
有馬温泉「天地の宿 奥の細道」
1泊2食付き宿泊券(2名1組様)を
抽選で3組様にプレゼント!

※土日祝日 年末年始は除く
※使用期限は半年間
※19日放送の番組内で発表されます「キーワード」をご入力の上、奮ってご応募ください

応募は締め切りました
たくさんのご応募ありがとうございました

当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます

みどころ

写真

和のカリスマが海外の「ニセジャパン」をドッキリ指導!!
正しい日本文化を伝授する『ぶっこみジャパニーズ』第14弾

いま世界中で大人気の日本文化「クールジャパン」。
しかし、修業もせずにブームにのっかった「ニセジャパン」が海外で急増中!
そんなダメダメなニセジャパンに、日本が誇るカリスマが正体を隠して潜入調査!
各分野の和のカリスマがニセジャパンをドッキリ指導し、正しい日本の技術を伝授する!

内容

◆和食編
ペルーの世界遺産都市「クスコ」。
「マチュピチュの玄関口」と言われる歴史ある街でマチュピチュよりも1000mも標高が高い場所に位置し、かつてはインカ帝国の首都として栄え1983年に世界遺産に登録された。
“ぶっこむ”のはクスコの繁華街にある「AKATSUKA(アカツカ)」。
謎の黄色いソースがかかった寿司が人気の寿司店で、とにかく「インスタ映え」を重視。
シェフは日系三世、ペルーで和食の料理教室をしていた祖母の苗字「アカツカ」を店名にした。
和食を学ぶためではなく、サッカー交流で2012年に来日。
観光客向けの和食店「スパイシー」も経営している。
さらに、クスコで人気の和食店「ITAMAE」にも“ぶっこむ”!
オーナーがチリに住んでいた時、日本人の職人の寿司を食べ、その味に感動して和食店を始める決意をしたという。来日経験はない。
とにかく“本物”にこだわり、お米・調味料など日本からの輸入品を使用。
しかし、使い方がハチャメチャで、味噌にお湯を注いで溶いただけの味噌汁などを出している。
そんな彼らに和の達人がペルー和食ショーを開催!和食の「五法」を魅せる!

達人:大田忠道 料理人
和食歴56年。2004年黄綬褒章受章、2012年瑞宝単光章受章。
1995年『料理の鉄人』(CX)に出演し、鉄人に勝利。全国に700人の弟子を持つ。


◆生け花編
“ぶっこむ”のは、観光で何度か来日経験があるというニクラス氏。
スウェーデン出身で、現在はデンマークのコペンハーゲンから車で1時間ほどの場所に暮らしている。
ニクラス氏は、中国・上海に暮らしていた時期に、「日本の生け花」の魅力や歴史を学ぶ。
その後、日本の生け花にオランダのバロック様式を掛け合わせたオリジナルの現代風「生け花」を制作。
それは、スニーカーを花瓶にした作品や、トイレットペーパーと合わせた作品など、生け花のイメージとかけ離れた作品だった。
彼の生け花のポイントは、拾い集めたゴミをはじめ、果物、ビール、シャボン玉、人の身体などを使う。センスのいい写真を撮ることができれば、花は枯れてもいいという。
そんな彼を日本に招き、江戸ワンダーランド日光江戸村で開催する假屋崎省吾氏の生け花ショーに招待する。

達人: 假屋崎省吾 華道家
クリントン元米大統領来日時や、天皇陛下御在位10年記念式典・花の総合プロデュース、能・狂言や舞台美術などを多数手掛ける。

また、国内のデタラメ文化を調査する「国内ぶっこみ」も行う。これまで、海外のデタラメ日本文化にぶっこんできたが、我々日本人は本当に大丈夫なのか!?

出演者

MC:
おぎやはぎ(小木博明、矢作 兼)

ゲスト(※50音順):
足立梨花
桂 由美
榊原郁恵
松木安太郎

スタッフ

製作:
IVSテレビ制作
TBS

プロデューサー:
野澤尚弘
須山由佳子

演出
多田隆人

編成
上田淳也

ページトップへ