2019年10月9日(水)よる11:56~0:55放送

バナナサンド

番宣画像

みどころ

バナナマン&サンドウィッチマン MC
大好評の特番がパワーアップして帰ってきた!
ゲストの人生をより“おいしく”する人材を“バナナサンド”がご紹介!
超インドア派の女優・波瑠に、自宅で楽しめる遊びの達人を
ピアニスト・清塚信也には時の人となったあのコンビとのコラボを提案!

バナナマンとサンドウィッチマン、2組合わせて“バナナサンド”。彼らがMCを務め、今年4月の放送が大好評だったトークバラエティの第2弾の放送が決定した。1回目の放送では、これからブレイクしそうなニューカマーを紹介したが、2回目となる今回は女優の波瑠とピアニストの清塚信也という豪華ゲストを招き、パワーアップしてお届けする。
MCの2組は、ゲストの趣味趣向をもとに、2人の人生をより“おいしく”する方法を知る人材を紹介する。設楽がゲストに話を聞いていくと、波瑠は漫画好きだということが判明。そこで、サンドウィッチマンの富澤が、少女漫画の売り上げを2倍にした敏腕編集者であり、圧倒的な知識量から“少女漫画博士”と呼ばれる人物を紹介する。編集者によるまだ世に知られていない少女漫画が紹介される中、富澤は自身が大好きなあの漫画の話を絡めてきて、話はおかしな方向に転がっていってしまい…
さらに、インドア派ということで、伊達が家でできるひとり遊びの達人として、自宅で奇妙な発明をしている会社員やキャラの濃いマジシャンといった3人を紹介する。しかし、伊達が連れてきた3人は全員がかなりクセのある人物で、波瑠を戸惑わせてしまうが、そんな中でも気に入ってもらえる遊びはあるのか!?
2人目のゲスト・清塚信也は、設楽が話を聞いていくと、“ピアニスト=真面目”という世間のイメージとは違う部分が次々と出てくる。そんな清塚に、お題に合わせた即興演奏をしてもらうことになるが、次々と飛び出す名演奏に驚くMC達だった。その流れで、日村は自身が愛してやまない曲「Get Wild」を2人で連弾し、さらにコント調の演技に合わせてアドリブでBGMをつけてもらうなど、抜群の相性の良さを見せる。そして、人生を美味しくする方法として、『キングオブコント2019』の王者になったばかりで、歌ネタが人気のどぶろっくとのコラボを提案する。一流ピアニストと下ネタコントが合わさると、一体どんな化学反応が起きるのか?
豪華ゲストやそのゲストに向けたバナナサンド流のトリッキーな提案だけではなく、前回以上にMC4人の息の合った掛け合いが楽しめる番組になっていることにもご注目ください。

写真

MCコメント

Q 半年ぶりの『バナナサンド』の収録を終えていかがでしたか?
設楽:収録してて、盛りだくさんで、途中でこれもう1時間に入りきらないぞってわかりました。
伊達:思いました。二本分くらいありますよね。
設楽:入りきらなかった分を違う時間に放送して欲しいくらい。
伊達:ゲストが2人いましたけど、1人ずつでも入りきらないくらいでしたね。

Q 波瑠さんには、漫画を紹介して、ちょっと変わったセリフを読んでみる場面もありましたが?
日村:セリフを言ってみて、もっと上手くやれる気がしたんですけど、いざ始めるとできなかったですね。
一同:(笑)
伊達:誰もあのセリフ覚えられなかったですもんね。僕は富澤のプレゼンの中に『魁!!男塾』が出てきて嬉しかったですけどね。
設楽:母校だもんね。
伊達:母校じゃないですよ(笑)

Q ひとり遊びの達人として変わった3人が出てきましたが、いかがでしたか?
日村:3人とも面白かったよね。
富澤:マジシャンのフレイムさんは、年に何回か見たい逸材ですね。
一同:フレイムさんはめちゃくちゃ面白かった。
設楽:波瑠さん本人はOKって言ってたけど、放送されるのか怪しい物もあったよね。
日村:結構際どかったですからね。波瑠さんがやっているから清潔感はあるんですけど。

Q 清塚さんには、色んな曲を弾いていただきました。
設楽:まず清塚さんという人物が面白いよね。ピアノの腕はもちろんですけど、お話が上手で。
日村:演技にBGMをつけてもらったところは、打ち合わせもしていない、完全なアドリブですよ。
設楽:どぶろっくとのコラボも素晴らしかったよね。
伊達:ああいう人って耳がすごく良いんですね。だからちょっと聞いただけで合わせられちゃう。
富澤:こっちも盛りだくさんで、放送時間が2時間に伸びて欲しいくらいですよ。

Q 最後にコメントを一言ずつお願いします。
設楽:バナナマンとサンドウィッチマンで、いつも会うたびに一緒にやろうって言っていて、始まったのがこの『バナナサンド』。無事、第2回目を迎えられて嬉しいです。どんな形でも良いから、3回、4回、そしてレギュラーを狙っていきたいですね。始まる前は「どうなんだろうな?」と思いながらも、ふたを開けたら面白いという。また、続けていきたいと思っていますので、皆さん今回の第2回をぜひ見ていただきたいです。
伊達:僕がとにかく熱望していた番組で、「いつやりますか?」とメールしたり、会う度に楽屋を訪ねたりしていました。その番組が2回続いたので、ぜひレギュラーになってほしいです。『バナナサンド』ってこんなにしっくりくる番組名、他にありませんよ。
富澤:次があるなら、次こそ冷蔵庫マンを入れて欲しい。
伊達:いいよ。お前だけだよ言ってるの(笑)。
富澤:だれかに紹介するっていうので、出てきて欲しい。番組名にすると『バナナサンド…冷蔵庫』?語呂が悪いですね。じゃあ、やっぱりいらないということで。
日村:面白い人がいっぱい出てくるので、まずはそこが見どころですよね。あとは、意外なことにサンドウィッチマンとバナナマンもショートコントやっているので。
設楽:あの部分、カット候補だと思うよ。
伊達:いや、活かして欲しいですよね。
日村:残っているといいですよね。ショートコントは、2組とも最近はあまりテレビでやっていないので、他の番組で見られないところだと思います。

出演者

MC:
バナナマン(設楽統、日村勇紀)
サンドウィッチマン(伊達みきお、富澤たけし)

ゲスト(50音順):
清塚信也
波瑠

紹介ゲスト:
どぶろっく

スタッフ

製作:
シオプロ
TBS

プロデューサー:
美濃部遥香(シオプロ)

総合演出:
塩谷泰孝(シオプロ)

編成:
石原隆史

ページトップへ