東京2020オリンピック

2021年7月23日(金)〜8月8日(日)開催

NEWSニュース

組織委、全会場に気象情報を提供 雷や台風など事前連絡


 東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日、天気、気温、風速、暑さ指数などの詳細な気象情報を集め、全ての競技会場に提供するシステムを導入すると発表した。組織委内に「気象情報センター」を設置して予報を作成、関係者向けの専用ウェブサイトを通じ10日先までの会場周辺の気象情報を日本語と英語で掲載する。台風や雷など人命に関わる災害が予想される場合は、事前に会場の責任者や競技関係者に連絡する仕組みだ。
 懸案となる猛暑や集中豪雨などが発生する可能性を踏まえ、安全な大会運営に役立てる狙い。
 大会期間中、気象衛星「ひまわり」で、首都圏を30秒ごとに集中的に観測する。
7月18日(日) 17:11

LINEUP

ページトップへ戻る

関連リンク