東京2020オリンピック

2021年7月23日(金)〜8月8日(日)開催

NEWSニュース

10月の世界体操、組織委を設立 コロナ対策に2億円計上


 東京五輪閉幕後の10月に北九州市で行われる体操、新体操の世界選手権の組織委員会設立総会が28日、東京都内で開かれた。オンラインで出席した国際体操連盟の渡辺守成会長は「新型コロナウイルスの感染拡大で、スポーツの意義が問われている。そういったものに回答できるような大会にしていきたい」と強調した。
 大会予算は体操が11億5千万円、新体操が8億3千万円で、PCR検査などの感染対策費用として2大会で計2億円を計上。今後の感染状況次第で延期や中止の可能性についても「排除しない」とした。感染対策の内容は状況に応じて変更する。
 開会式の選手宣誓は男女1人ずつが行う方向で、山県、石川が務める見通し。
6月28日(月) 20:53

LINEUP

ページトップへ戻る

関連リンク