東京2020オリンピック

2021年7月23日(金)〜8月8日(日)開催

NEWSニュース

東京五輪、CO2排出実質ゼロに 取引制度で273万トン相殺


 東京五輪・パラリンピック組織委員会は4日、大会開催に伴い発生する二酸化炭素(CO2)の排出量が実質ゼロになると発表した。国全体の排出量削減目標を達成するため、企業が排出枠を売買する「排出量取引制度」を活用。東京都と埼玉県から約438万トン分の排出枠の無償提供を受けた。物資輸送や空調管理などで排出されると試算される約273万トンと相殺する。
 大会テーマの一つ「持続可能性」に配慮した取り組み。組織委は再生可能エネルギーの利用などでCO2排出量の削減を進めるが、どうしても減らせない部分を排出量取引制度で賄う計画を立てていた。
6月4日(金) 18:53

LINEUP

ページトップへ戻る

関連リンク