東京2020オリンピック

2021年7月23日(金)〜8月8日(日)開催

NEWSニュース

飛び込み、14歳玉井が五輪へ 榎本、西田も代表入り


 飛び込みの14歳、玉井陸斗(JSS宝塚)が3日、東京アクアティクスセンターで東京五輪最終予選を兼ねて行われたワールドカップの男子高飛び込み予選を15位で通過し、東京五輪代表入りを事実上決めた。
 上位18人による準決勝に進み、日本水連が定めた「準決勝18位以内」という選考基準を満たすことが確実となった。
 兵庫・高司中3年の玉井は、2019年の日本室内選手権を国内主要大会では史上最年少の12歳で制し、注目を集めた。
 女子板飛び込み予選9位の榎本遼香(栃木県スポーツ協会)、男子高飛び込み予選18位の西田玲雄(大阪水泳学校)も初の五輪代表入りが事実上決まった。
5月3日(月) 17:10

LINEUP

ページトップへ戻る

関連リンク