(写真)

長島 達哉

Tatsuya Nagashima

メディアテクノロジー局未来技術設計部 2019年入社
担当業務:番組配信、配信システムの構築, 新規技術の開発

Works

About my work

  • (写真)
  • (写真)
  • (写真)

動画配信システムの開発に携わっています。TBSの今後の配信に向けて、社内の地上波設備と連動する配信用送出システムの構築、社外の広告サーバなどと連携する配信用プラットフォームの開発を行っています。地上波との同時配信を行うことが増えてきており、放送と配信をどのように連動されるかを日々検討しています。また、昨今のコロナ禍を承けて、リモート収録用のWeb会議ツールを開発するなど、新規技術の開発も行っています。

Positive part of my work

放送技術とITを組み合わせて、テレビ局のこれまでの歴史にない新しいことに取り組めるところです。社会や業界が目まぐるしく変化する中で、変化に対応し、テレビ局の今後を切り開いていくことは大変ではありますが、楽しいところでもあります。また、配信用プラットフォームの策定などは各局と共同で推し進める部分もあるため、業界を牽引する取り組みに携われることにも魅力を感じます。

Negative part of my work

リリース後の将来像を想定して詳細を描くことがシステム開発の大変なところだと思います。利用者にとって使いやすいUIは何か、業務遂行のために必要なデータは何か、想定される運用や変更は何か、といったことを見越しながら一歩ずつ進めていきます。近視眼に陥らず、将来を見据えた広い視野で物事を考えなければならないのが大変です。また、認識の齟齬が生まれないように、立場や背景の異なる様々な人に対して、物事を分かりやすく的確に伝えるコミュニケーションも大変なところです。

Schedule of one day

10:00

(写真)

出社

基本的に10時出社で土日休みの部署です。メールをチェックした後、ToDoリストを見ながら今日の予定を確認します。

10:30

(写真)

打ち合わせ

今後の配信に向けた設備やシステムを部内で検討。検討結果をもとに、他部署と協力しながら進めていきます。コロナの影響もあり、最近はWebで開催します。

12:00

(写真)

昼食

普段は社内の食堂で食べることが多いですが、この日はたまたま同期と外でランチ。赤坂周辺は美味しいお店が多いです。

13:00

(写真)

システム動作試験

ベンダーと開発している配信システムの機能試験を実施。多岐にわたる試験項目を事前に用意し、1つずつ地道に確認していきます。

18:00

(写真)

コーディング (PC)

別案件で開発中のプロトタイプの機能を強化。本格的な開発はベンダーに依頼しますが、PoC段階では自分たちでプログラムを書くこともあります。この日は、リモート収録用Webツールのスマートデバイス対応を行いました。

20:00

(写真)

退社

退社後は本を読んだり動画を見たり、リラックスする時間を取り入れるようにしています。また、技術書などに目を通す時間も出来るだけ確保するように心掛けています。

番組配信も担当する部署です。ニューイヤー駅伝やCDTVなどの配信も行いました。同時視聴者数がリアルタイムに分かるので、多くの人に視聴されていることを強く実感します。

Outside work

(写真)

day off

家で漫画を読んでいることが多いです。あとがきにも目を通し、作者の着想を得たきっかけや連載に至るまでの苦労といった裏話を読むのも好きだったりします。偉大な作者達の発想や魅せ方に触れることは、今後の業務にも活きると思っています。また、天気のいい日は家の近くを散歩しています。

(写真)

college life

情報工学を専攻しており、大学院では動画配信や画像符号化に関する研究を行っていました。学生時代に学んだコンピュータサイエンスは今の業務にも直接的に役立っています。国際学会で発表した時の緊張感はいい経験になりました。プライベートでは、有名な美味しいラーメン屋さん巡りをしており、他県に足を運んだり、雨の中でも行列に並んだりしていました。

Message

就職活動時は、その企業の将来性や安定性など様々なことを勘案すると思いますが、自分の興味を大事にすることが一番だと思います。仕事である以上、楽しいことばかりではなく、辛いこともありますが、興味に合うことでなければその企業で何年も働き続けていくのは大変なのではないでしょうか。また、「好きこそものの上手なれ」という言葉のように、興味に合うことの方がスキルアップも早く、成長が成長を呼ぶ良い相乗効果が生まれるのではないでしょうか。是非、自分の興味を見つけ出してみてください。そして、それがマルチメディアであれば、皆さんとTBSの未来を創っていけることを楽しみにしています。

(写真)