(写真)

戸谷 潮

Shio Totani

情報制作局情報二部 2018年入社
担当番組:「王様のブランチ」
過去担当:「ひるおび!」「はやドキ!」「私に研究費をください」

Works

About my work

  • (写真)
  • (写真)
  • (写真)

「王様のブランチ」アシスタントディレクター
ごはんクラブコーナーのADとして、毎日美味しいご飯を求めて働いています。ディレクターの指示のもと、お店のリサーチ・アポ取り・ロケハン・ロケ・VTR編集を一通り行います。どんなお店をどんな”色”をつけて視聴者に届けるのかを、チームで分け隔てなく話して決めてきます。番組のターゲット層である私たちADの意見も求められるので、やりがいもその分感じられます!また、ロケハンでは一日に数店舗まわり、たくさんのメニューを頼んで残さず頂くのがグルメコーナーの使命なので、わずか半年で体重はうなぎのぼり。実に幸せで贅沢なお仕事です。

Positive part of my work

この仕事をしていなければ会えない人と会ったり色んな場所に行けたり、刺激的で貴重な日々の連続です。そして何より、自分のアイデアが番組を形作る一つの要素になり、その反響をダイレクトに受け取ることができるのは大きなやりがいに繋がります。TBSでは若手でも挑戦するチャンスがたくさんあり、懐の深い先輩が多くいるので、自由に羽を伸ばして成長できるのも魅力です!

Negative part of my work

選んだ言葉一つで、番組ひいては局の信頼や印象に大きく影響します。常に視聴者の目線を忘れずに、どんなワードを使いどんな色を付けるのか、限られた短い時間で考え抜き、決断しなければならないのが難しくもあり面白い部分だと思います!業務の末端を担うADでも伝達・確認漏れによって大きなミスに繋がることがあるので、どんな小さな仕事でも”責任”が伴います。

Schedule of one day

11:00

(写真)

出社

この日は午後からロケのためお昼前に出社して、ロケの最終準備を行います。ちなみに朝一から撮影がある日以外は基本的にお昼から始動するので、満員電車とは無縁です!

12:00

(写真)

現場移動&昼食

移動中にロケ弁をいただきます!このお弁当を事前に発注しておくのもADのお仕事。現場到着後は撮影に備え、技術さんと大まかな流れやカメラの設置位置を確認します。

14:00

(写真)

ロケ

いざ撮影開始!この日は3軒の飲食店を巡り、トークや食リポの様子を間近で見守ります。滞りなく撮影を行えるように取材先と逐一連絡を取り、タイムキーパー的な役割をするのも重要任務の一つです。

19:00

(写真)

インサート撮影&夕食

タレントロケ終了後、調理工程や物撮りのインサート撮影を1軒だけ続けます。撮ったものを夕食として美味しく頂くのはグルメコーナーの至福。残りのお店の撮影はまた明日!

21:30

(写真)

帰社&片付け

撮影に使用したメディアを整理したり機材を元に戻したり、片付けと翌日準備をパパッと済ませます。その後は残っているスタッフとテレビを見ながらちょっくらおしゃべり…

23:00

(写真)

帰宅

帰宅後はすぐお風呂に入ってリラックスタイム。ニュースや深夜番組をチェックしたりネットサーフィンしたり。遅くから友人と飲むこともしばしば...今日も一日お疲れ様でした!

土曜の4時間にわたる生放送に向けて日々を送りますが、変化のある生活なので退屈しないお仕事だと思います。地方で丸2日間撮影を行う日もあれば、夜通しVTR編集をする日、ひたすら社内でリサーチや許諾に回る日もあります。忙しい時もありますが、その分毎日の積み重ねが一つの形になっていく楽しさと感動はひとしおです!

Outside work

(写真)

day off

基本的には『美味しいものを食べながら、テレビや映画を見て、寝る』を繰り返す日が多いです。時たま旧友とご飯に行ったり、ビートルズラバーな母のライブのお手伝いをしたり。そして貴重な連休には国内外問わず旅行をしてリフレッシュします!なかなか先の予定を立てられず、直前に慌てて航空券をとることが多く、割高になってしまうのをどうにかしたいです…

(写真)

college life

理系の学部/大学院でメディアデザイン研究を専攻し、食べ物の在庫管理システム・物々交換アプリ・次世代マネキン…などを作っていました。当時の経験を生かした企画が入社1年目で通り、一から特番制作に挑戦できた時は涙が出る位嬉しかったです。また、運動音痴にも関わらず学内随一のスキーサークルに所属し、1ヶ月以上山に籠ってスキー漬けの日々を送ったことも。

Message

就活も普通に日々を過ごすヒトとの「会話」の一つ。なので、変に自分を大きく飾らずに”等身大の自分”を見せて、楽しくお話することが大切です。好きなこと・考えていてワクワクするもの・自信のあること・理想を限られた時間の中で最大限伝えて、会話を一緒に楽しんでもらえるように心がけるときっとうまくいきます!あとは相性です。
そして何より、学生生活を謳歌して欲しいです!旅行でもバイトでも研究でも何でも良いので、今しかできないことをたくさん試して、関心の幅を広げてワクワクを蓄えておくと、どんな会社に行っても必ず役に立ちます。近い将来TBSで一緒に働くことになったら、私たちにいっぱい教えて欲しいです。楽しみにしています!

(写真)