(写真)

平岡 紗哉

Saya Hiraoka

株式会社プレミアム・プラットフォーム・ジャパン現職出向 2015年入社
担当業務:マーケティング局 プロデューサー
2019年まで情報番組「ひるおび!」のディレクター、企画番組のプロデューサー等。

Works

About my work

  • (写真)
  • (写真)
  • (写真)

入社からの4年間は、番組ディレクターやプロデューサーとして、番組制作についてたくさんのことを学ばせてもらいました。
入社5年目に差し掛かり、今後の「テレビ×デジタル」について経験や知識をつけたいと思っていたころ、動画配信サービスParaviへ異動することになり、これまでとは全く違う現場に挑戦することになりました。
現在はParaviを運営するプレミアム・プラットフォーム・ジャパン(PPJ)の一員として、主にデジタル広告の企画や運用を担当しています。

Positive part of my work

動画配信サービスは、まだまだ課題も可能性もあり、とてもやりがいのある仕事です。
Paraviを通して多くの方とコンテンツを共有できていることも日々感じられるので、テレビコンテンツ好きな自分にとっては非常に幸せな仕事だなぁと思います。お客様を近くに感じられる分、配信しているコンテンツには愛を持って届けようと常に心がけています。

Negative part of my work

数か月前はカメラを担いで事故や事件現場にいるような生活だったので、動画配信については知らないことだらけ。異動したばかりの頃はIT用語も理解できず、とにかく勉強する日々でした…。
働く場所や部署が変わると常識も必要な知識も全く違うのがこの会社ならでは。異動するたびに新しい世界を知れるので、面白いところでもあります!

Schedule of one day

7:30

(写真)

起床

Paraviを観ながら朝の支度。前日のドラマやバラエティはこの時間に確認します。ドラマのオリジナルストーリーなども配信しているので、見る時間が足りません…!

9:00

(写真)

始業

PPJへ出社。朝の時間に集中するのが好きなので、1時間ほど早く行きます。出社したら、まずはメールや最新の配信データを確認。

10:30

(写真)

広告の入稿作業

デジタル広告の仕事内容は、媒体ごとの特性を考えて行うプラン設計や広告の入稿作業などがあり、入稿前はすこしバタバタしています。

13:30

(写真)

昼食

メールの返信やレポート作成をしながら昼食。デスクで食べることが多いのでお弁当を持参しています。レポートをまとめると視聴状況がダイレクトにわかるので面白いです!

14:30

(写真)

会議

Paravi全体の施策などを考えるコアデザイン・ユニットという部署を兼務しているので、サービスの改善点なども話し合います。技術的なことも学べるので、とても勉強になります。

19:30

(写真)

勤務後

PPJは様々な会社から出向している人が多く、他社の知り合いがとても増えました。お酒が好きな人も多いので、たまに先輩たちと飲みに行きます。

基本的には内勤ですが、制作者と直接仕事をすることもあり、作品を預かる責任感が増します。いろんな人の思いや力が合わさって作られたものを、多くの人へ届けられる…そんなコンテンツの可能性を広げる仕事にやりがいを感じます。制作現場が「配信で何かやりたい」と思った時に、頼られる存在になることが今の目標です。

Outside work

(写真)

day off

食べることが好きなので、休日は外食やお菓子作りを楽しんでいます。好きなドラマや映画を見ながら黙々とお菓子を作っている時間は、至福の時です…♪
基本的には土日休みなので、友人との予定も合わせやすく、長期休暇は海外旅行に行くことも。友人たちが最近見た動画について話していると、ついつい会話をメモしてしまいます(笑)

(写真)

college life

大学ではチアダンスをしていました。踊ることも楽しかったのですが、当時から裏方気質なところがあり、気づけばチームの宣伝活動に夢中になっていました。自分が踊っていないときはカメラを回してプロモーション動画を撮ったり、SNSを開設して発信したり…。昔から好きなものを誰かへ伝えるのが好きだったんだなぁと思います。

Message

もし皆さんが、進路に迷っていたり、踏み出すことに躊躇しているとしたら、ぜひ自分の可能性を信じてほしいなと思います。私自身も、大学生のころはテレビ局に入社して働けるなんて、これっぽっちも自信はありませんでした。それでもわずかな可能性を信じて受験したことが今に繋がっています。時には苦しいこともありますが、その選択をして本当に良かったと思っています。
皆さんがもし今の自分に自信がなかったとしても、未来の自分に対しては夢や希望を持って欲しいな、と思います。ぜひ自分の可能性を信じて、じっくり考えてみてくださいね。
皆さんにとって素敵な未来につながるよう、心から応援しています!

(写真)