JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス

報道の魂
2020年7月5日 放送
photo
「もうひとつの八幡製鉄所・君津 ~『民族大移動』から50年~」

昨年11月、日本製鉄の組織再編で北九州の八幡製鉄所が九州製鉄所・八幡地区となることが発表された。官営製鉄所として生まれ戦前戦後の日本を支えてきた、この製鉄所にも時代の波が襲う。その八幡から枝分かれした製鉄所があるのをご存じだろうか。

1100キロ離れた千葉の君津製鉄所だ。およそ50年前の高度成長期、発展著しい関東の需要を見込んで八幡から社員と家族など数万人が移住して立ち上げられた。その様子は「民族大移動」と呼ばれた大掛かりなものだったという。

今回、当事者たちに君津での生活の聞き取りを実施。祖父から三代製鉄所勤めだという人は地元を離れる決意をした意外な理由を語った。また君津で海苔養殖を家業にしていたが転業した人は犠牲のもとに今の繁栄があるという。製鉄所勤務の夫の転勤で木更津に暮らした女性は知り合いのいない寂しさが句会参加で癒されたといい、当時の俳句を40年ぶりに振り返る。さらに行政OBに話を聞いたところ、君津町合併の理由と関連する問題を指摘。それは多くの自治体が共通して抱える問題でもあった。


制作:RKB毎日放送
ディレクター:寺井到

photo photo photo photo
「報道の魂」HPはこちら
Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.