1月14日(月・祝)よる9時『さんま・玉緒のお年玉 あんたの夢をかなえたろかスペシャル』“吹奏楽の甲子園”普門館を夢見た吹奏楽部員400人の「夢」がまさかの実現! 解体直前の普門館に、最後の演奏が響き渡る…!

1月10日(木)17時30分


普門館で「宝島」を演奏する400人の吹奏楽団メンバー

普門館で「宝島」を演奏する400人の吹奏楽団メンバー

1月14日(月・祝)よる9時から放送する25周年特別版!『さんま・玉緒のお年玉 あんたの夢をかなえたろかスペシャル』。明石家さんまと中村玉緒の名コンビで贈る恒例のお正月番組も今回でなんと25周年! 今年も全国各地での街頭インタビューや手紙、インターネットなどで日本全国の“叶えたい夢”を募集。1万を超える夢の中から、25周年にふさわしい豪華な夢が実現する。

今回、番組に応募をしてきたのはなんと400人以上の学生たち。彼らの“叶えたい夢”には、ある共通点が…。それは、「普門館で演奏したい」というもの。

普門館(東京都杉並区)は、1972年から2011年まで全日本吹奏楽コンクールの全国大会が行われ、“吹奏楽の甲子園”とも呼ばれた、吹奏楽部員にとって「憧れの地」であり「吹奏楽の聖地」、そして「夢」そのもの。しかし、2018年11月20日から取り壊されることとなった。

今回番組に応募をしてきた400人以上の学生たちは、普門館で演奏することを夢見て吹奏楽部の名門校に入部した部員たち。吹奏楽経験者なら一度は夢見る「普門館での演奏」。だが、取り壊しが決まっており、通常なら「叶わない夢」…。番組は400人以上のこの「夢」をなんとか叶えたいと、学生たちの熱い想いを普門館に伝え、相談。すると、厳重な安全確保をすることを前提に承諾の返事が!しかも、演奏するのは取り壊し工事開始のわずか2日前。普門館における本当に最後の演奏に挑むこととなった!

4つの学校からなる「夢の大吹奏楽団」を結成し、ポップスの名曲で吹奏楽部なら一度は演奏したことのある「宝島」を演奏する。しかし、この4校が顔を合わせて演奏するのはこの日が初めて。名門校とはいえ、400人以上の初顔合わせの面々がいきなり一緒に演奏をするのは至難の業…。ぶっつけ本番、そして番組史上最大の夢を叶えるこの一大プロジェクト…果たして演奏は成功するのか…!?

1970年に完成してから48年間、音楽を愛する人たちに夢を与え続けてきた普門館。日本の音楽史に残る普門館での最後の演奏が、今幕を開ける--。


■番組概要
  [番組名]
    『さんま・玉緒のお年玉 あんたの夢をかなえたろかスペシャル』
  [放送日時]
    1月14日(月・祝)よる9:00〜11:07
  [スタッフ]
    製作著作 TBS
    プロデューサー 江藤俊久
    井上 整
    総合演出 高田 脩
  [出演者]
    司会
      明石家さんま
      中村玉緒
    ゲスト(※50音順)
      川田裕美
      関根 勤
      出川哲朗
      福原 愛
      中村倫也
    進行
      安住紳一郎(TBSアナウンサー)

ニュースアーカイブ