過去の放送内容

「がっちりマンデー!!」毎週日曜あさ7時30分から

がっちりマンデー!!

過去の放送内容

2018年9月23日放送

特集

僕たち上陸しました!!
世界からやってきた儲かる仕事を徹底調査!

ゲスト

森永卓郎さん、デーブ・スペクターさん

番組内容

今回のテーマは「僕たち 上陸しました!」
よくニュースで、海外で大人気のハンバーガーやらスイーツが“日本初上陸”という特集ありますよね!?
でも、上陸してくるのは、グルメだけじゃない!
世界で大流行中のとんでもない儲かりビジネスもまた日本に上陸してきてるんです!
今日は、儲かりの黒船が海を越えてどんどんやってくる30分です!

■放送内容をシェアする

「ダイソンキラー」の異名を持つ、全米No.1掃除機とは!?

まず、やって来たのは…

東京 新橋。
シャークニンジャという会社。
直訳すると「サメのニンジャ」!?
一体、どんな会社なのでしょうか?
シャークニンジャの社長ゴードン・トムさんに話を伺いしました。

ゴードン社長:家電の会社です。掃除機のメーカーです。

2018年8月、アメリカから上陸。掃除機メーカー「シャークニンジャ」!

シャークニンジャの掃除機、アメリカでのシェアは8年前にはまだたったの1%だったのが…

その後、どんどんどんどん拡大していき…
2014年、ついに、吸引力のすごい某掃除機メーカーを抜いてシェア1位に!
今や、シャークニンジャは「ダイソンキラー」と呼ばれるまでになったんです!

そんなシャークニンジャが満を持して今年8月、日本に上陸!

それがコードレスタイプの「エヴォフレックス」。
お値段は、5万9,800円!
家電売り場の方に、反響を聞いてみました!

店員さん:かなり人気があります。安くロボット的な感じがします。

そう、その特徴は、高性能の割に、とにかく安いというところ!
そして、ロボットというのは…!?
シャークニンジャのプロダクトマーケティングマネージャーのジャッキーチャンさんによると…

ジャッキーチャンさん:ソファの下の掃除とか、普通の掃除機ですと、かがんで遠くからやらなきゃいけないと思うんですけど、シャークの場合、ボタンをひとつ押すだけでパイプが曲がってくれるので、立ったまんまソファの下とか家具の下とか、ベッドの下が掃除できます。

ボタン1つでパイプが折り曲がるから、掃除のしにくいソファやベッドの下を立ったまま掃除できちゃう!これは楽チン!
折れるということは…

収納もコンパクト!
でも、掃除機といえば気になるのはやっぱり「吸引力」…そこはどうなのでしょうか?

ジャッキーチャンさん:吸引力もスゴいですよ、めちゃめちゃ吸います。
スタッフ:結構今色んな掃除機めちゃくちゃ吸いますけど。
ジャッキーチャンさん:いえ、それ以上に吸う自信があります。

では、その実力を拝見!
重曹をカーペットに巻き散らした後、まず、普通の掃除機をかけてみると…

ジャッキーチャンさん:ごみは全部取れたように見えるかと思うんですけれども。

確かに、重曹は取れているように見えますが…
そのカーペットの上をさらにシャークニンジャの掃除機をかけてみると…

カーペットに入りこんだ重曹もたくさん取れる結果に。

強力な吸引力を実現。その秘密は…

ヘッドの裏にある、2つのブラシ。
先についてるブラシで表面のゴミを、もう1つのブラシで奥に潜むゴミをかき出す。
ダブルでやるから、吸引力も倍増!
さらに、ダブルにはこんなメリットも!

店員さん:ウラにヘッドが2種類あるんですけども、カーペット用とフローリング用。普通、取り外してつけたり繰り返すんですけど、2つ同時についてる。取り外す必要がないんです。

1つのヘッドに2つのブラシが付いているのは、シャークニンジャの掃除機だけなんだとか。

さらに、シャークニンジャは日本上陸にあたってかなりヤバイ刺客を送り込んできていたという…それが、こちらのゴードン・トム日本法人の社長。
実は、その経歴がとんでもないんです!

ゴードン・トム社長:ダイソンの初代の日本の社長でした。

なんと、ゴードン社長は、元ダイソン日本法人の社長!
あのダイソンを日本に上陸させた、まさに立役者だったんです。
そして、その後は、これまた別の掃除機メーカー「エレクトロラックス日本法人」の社長に。

スタッフ:ライバルのシャークニンジャの社長になることは別にいいんですか?
ゴードン社長:大丈夫です。ダイソン離れてからもう10年経ってます。今のダイソンは10年前のダイソンとだいぶ違うと思うんですよ。
スタッフ:ノウハウみたいのが相当あるんですか?
ゴードン社長:そうですね。まあほとんど掃除機中毒ですよ。

さまざまな掃除機メーカーを日本に上陸させてきたプロ、ゴードンさん。
もちろん今回も、彼ならではの作戦があったんです!

ジャッキーチャンさん:実は日本向けにイチから作ったものなんです。

そう、日本向けのオリジナルモデルを開発!
これ、小さく、軽くするだけでなく、実は、日本人が一番気にする”アレ”を改良してあるんです!

ジャッキーチャンさん:音。騒音をやっぱり皆さん結構気にされるので、キーンというその機械音を出来るだけ抑えました。

せまい日本のお家だと”音”が気になるという方も多い…
アメリカ版シャークニンジャと音を比べてみると…

アメリカ版シャークニンジャはキーンって金属音が気になります。
一方、日本版のほうを聞いてみると…キーンって音がしないから、うるさく感じません。

ゴードン社長:日本の商品はアメリカの親型よりもきれいに掃除するんです。

今月に第2弾ハンディクリーナー「EVOPOWER」も発売!

シャークニンジャは日本でもNo.1、がっちり!

世界に1,000店舗のつぶれないジム!人気の秘密は「心拍数」!?

続いて、やって来たのは…

神奈川県青葉台。
上陸してきた会社は…オレンジセオリーという会社。

一体、何の会社なのでしょうか?
オレンジセオリー社長の飯田さんに話を伺いしました。

飯田社長:フィットネスジムです。

2016年11月、アメリカから上陸!
オレンジ・セオリーは今、アメリカで増えまくっている最新のフィットネスジムなんです。

2010年に1号店をオープンして以来、どんどん店舗数を増やしていき…
9年目となる今年、世界21か国で1,000店舗を展開するまでに!

でも、フィットネスジムは今や日本に5,000店舗近くもある…
今から参入して、勝算はあるのでしょうか?

飯田社長:普通フィットネスクラブってみんな退会多いじゃないですか。でもオレンジセオリーは、ハマるんです。
スタッフ:やめないんですか?
飯田社長:やめないです。今まで1店舗も潰れたお店がないんです。

オレンジセオリーは潰れない!と断言する飯田社長。
どんなことをしているのでしょうか?
こちら、青葉台のジムの様子を見てみると…

トレーニングの前にまず…

トレーナーとハイタッチ。
そして…

ジム内では薄暗いスペースの中で、音楽をガンガンかけてトレーニング!

1回のクラスは1時間。
ランニングだったり、筋トレだったり、メニューを入れ替えながら皆で一緒にやっていきます。

トレーナー:やり切ります!レッツゴー!レッツゴー!いきますよ、3、2、1オールアウトレッツゴー!

トレーナーがハイテンションでやたら盛りあげる!
さらに、オレンジセオリーのトレーニング、最大の特徴が…

スタッフ:なんか色々数字がありますけど。
小山コーチ:はい、あれは心拍数です。心拍数を計測してトレーニングしているんです。

「心拍数」?

そう、このジムでは一人ひとり必ず、このリストバンドを装着。
すると、モニターに心拍数がリアルタイムで表示されます。
グレーが最も低い状態…心拍数が上がると、グレーからブルー、グリーンに色が変化、そして…

最大心拍数の84%を超えると、オレンジに!

小山コーチ:オレンジゾーンに12分以上超えていただくと運動後にも脂肪燃焼効果があります。

心拍数の上がったオレンジの状態を、1回のトレーニングで合計12分以上にするのが、このトレーニングの目標。
12分維持できれば、脂肪燃焼効果が、運動後、最長で36時間も続く、という研究結果があるんだとか。
だからこのジム、オレンジセオリーというのです。

お客さん:私は心拍数低めなんですね。なので、それを目安にもうちょっと負荷をかけようかなとか画面を見ながら、変えられます。

モニターで、参加者全員の心拍数が丸わかり。
だから自然と頑張れちゃう、というわけなんです!

そんな独自のプログラムでお客さんをガッチリ掴んでいるオレンジセオリー、実は、これまで1店舗も潰れてないのには、もう一つのワケが…

飯田社長:プールとかもないですし、トレーニング機器もシンプルで、あんまりお金が掛かっておりません。低投資で高単価、そこがやっぱりお店のつぶれない理由になっていると思います。

確かに、ジム内をよく見てみると、あるのは、昇降台と2つのマシンくらい。
機材の種類が少ないから、店舗の初期投資にお金がかからない。
だからバンバン店舗を増やせるというわけなんです。
日本でも今年、一気に3店舗オープンする予定らしい。

オレンジセオリーはエビデンスのあるトレーニングでがっちり!


▼スタジオでお話を伺いました。
加藤さん:デーブさん知ってました?
デーブ・スペクターさん:はい。アメリカはどこ行ってもありますね。アイデアが新鮮ですよね。
森永さん:実はあの心拍数のデータは世界中からアメリカに送られているんです。そのデータをしっかり分析してこうやったら痩せるとか、体力がつくとか、フィードバックしてくるのでプログラムがどんどん変わってくるんです。
加藤さん:そういうことか。心拍数のビックデータが全部手に入るってことですね。そこは考えてますね。

あの孫正義さんもベタ惚れ!他人と仲良くなれるオフィス!?

続いて、やって来たのは東京原宿。
ファッションの最先端の街に上陸したのは…WeWorkという会社。

広報担当副社長の日高さんに伺いました。

日高さん:こちらの会社はWeWorkと申しまして、ニューヨークから日本に上陸してまいりました。
スタッフ:このビルがそうなんですか?

日高さん:氷山をイメージして作られたビルとなっておりますので「アイスバーグ」という名前が付いております。

2018年2月、アメリカから上陸「WeWork」。
一体、何をやっている会社なのでしょうか?

日高さん:コミュニティ型ワークスペースです。
スタッフ:仕事をする場所を提供しているみたいなことですか?
日高さん:そうですね。

「オフィスを提供する」っていうと、シェアオフィスとか、貸しオフィスみたいなもの…!?

この会社、2010年にアメリカで創業して以来、なんとたった8年で、世界23カ国、77の都市に展開するという急成長!

最近ではその将来性に、あの孫正義さんがベタ惚れ。
即決で4,400億円を投資してしまったほどなんです。
そんなすごい会社が満を持して、日本に上陸!
ところで、一体どんなオフィスを貸しているのでしょうか?
実際に見せて頂くことに…

日高さん:1階がWeWorkの共有エリア。どこのデスクでも空席があれば座ってお仕事していただくことが可能となっています。

くつろげるソファ席があったり、壁にはネオンがあったり、オフィスというより、まるでオシャレなカフェ!?
このWeWork、メンバー制で、会費を払えば…

1階、2階にある共有スペース。

集中したい時や電話の時に便利な防音の個室。

と、いろんなタイプの会議室も使えるんです。
さらに!

日高さん:コーヒーと紅茶をご用意させていただいてます。こちらはストリーマーコーヒーさんです。
スタッフ:コーヒーは飲み放題なんですか?
日高さん:はいそうです。あとはビールもご用意させていただいております。プレミアムモルツです。

美味しいコーヒーとビールが飲み放題!
もう至れり尽くせり!
でも、メンバーになるのに、いくらかかるんでしょうか?

日高さん:月会費をお支払いいただいているんですけれども、ここのアイスバーグの拠点ではホットデスクといいまして、フリーで共有席にお座りいただけるプランで、7万4,000円となっております。

なかなかのお値段!
でも、メンバーになれば、日本に6拠点、全世界に287拠点もある他のオフィスも使えます!

WeWorkが急成長している理由は、そのオシャレさだけじゃなかったんです!

秘密を教えてくれるのは日本法人トップの高橋ゼネラルマネージャー。

高橋さん:強みとして、コミュニティを重視しているということ。コミュニティマネージャー及び、コミュニティマネージメントチームっていうものがありまして、例えばですが実際あった事例として、「WEBデザイナーを探している」と言ったメンバーさんであれば、「他の拠点なんだけれども、こういう人がいますよ」とか。紹介して実際に契約に至った事例っていうのがどんどん増えてきています。

そう、WeWorkのこだわりは、メンバー同士のコミュニケーション!
例えば、お仕事で会計士を探しているというメンバーがいて、同じくメンバー内に、ニーズにあった会計士がいれば、その人を紹介したり、色んな業種の人とつながれるイベントを開催したり、仕事で必要な人に出会えるんです!
さらに、このオシャレなデザインも、実は「コミュニケーション」用に作られたもの!

高橋さん:設計そのものもなるべく人と人との交流が図られるように。例えば階段ですとか、廊下の幅っていうのが実は計算して作っておりまして。ちょうど人と人がすれ違うときに、お互いを意識してハイタッチできる幅っていう、そういった幅を設けてなるべくその人と人がアイコンタクトをして挨拶をして。そういえばどこどこの方ですよね、っていう感じで会話が始まるんです。

その絶妙な幅の階段がこちら!

実際、ハイタッチしやすいのか、やってみると…

確かにハイタッチしやすい!
ハイタッチがしやすい廊下の幅も、全面ガラス張りの会議室もオフィス全体に外光が入る設計も、全てコミュニケーションを図りやすくするため。

利用者の声を聞いてみると…

利用者さん:知り合いも、ビジネスも広がったっていう。営業してもなかなかビジネスに繋がらなかったりするんですけど、毎日顔を合わせるってことで、安心していただけるっていうのはありますね。
スタッフ:廊下の狭さがハイタッチしやすい狭さ、感じますか?
利用者さん:ちょっと自分がハイタッチしたことが…あ、1回あるかな。

本当にあるんですね!

そしてWeWorkのビルの中には、フロアを丸々借りているという企業も!
実際に借りているスマートドライブ代表取締役の北川さんに話を伺いしました。

北川さん:法人でオフィスを借りると、敷金が10か月分かかるとか、解約するにも半年前に言わなきゃいけないとか、オフィスの家具とか、諸々の経費を考えるとWeWorkの家賃は高くないと思います。

オフィスを借りるとなるとお金も時間もめちゃくちゃかかるけど、WeWorkなら、その手間がかからないし、仕事場も快適!
しかも、他の業種の人たちと仲良くなってビジネスにも発展することも!

さらにさらに!

川崎重工、丸紅といった大企業も、1つの部署をまるまるWeWorkに入れる、ということをやっているんだとか!
でも、大企業がどうしてわざわざ!?

高橋さん:私も昔、大企業にいたことがあるんですけど、なかなか他の業界の方と出会うチャンスが、日常の業務になかったりするわけですよ。けどWeWorkに来ることで、日々いろんな人がいて、色んなイベントがあって、普段考えなかったようなビジネスとのコラボレーションに繋がったりとか。

現在、都内だけで6箇所を展開するWeWork。
年内には、横浜、大阪、福岡にもオープンする予定!
これはますます、儲かりそうです!


▼スタジオでお話を伺いました。
加藤さん:新しいビジネスの形ですね。
森永さん:本当に会社のあり方自体が変わってきているんです。一人一人がクリエーターになって、そこがコミュニティーを作って情報交換し合いながら新しいものを作っていく時代なんです。

■放送内容をシェアする

このページの先頭へ戻る

Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.