過去の放送内容

「がっちりマンデー!!」毎週日曜あさ7時30分から

がっちりマンデー!!

過去の放送内容

2018年1月14日放送

特集

新春恒例!スゴイ社長6人が大集合!
社長が「実はパクりたい」会社の名前を告白!

ゲスト

(株)大創産業 代表取締役 矢野博丈さん
(株)ニトリホールディングス
代表取締役会長兼CEO 似鳥昭雄さん
日本交通(株) 代表取締役会長 川鍋一朗さん
(株)ファミリーマート 代表取締役社長 澤田貴司さん
星野リゾート 代表 星野佳路さん
(株)ほぼ日 代表取締役 社長 糸井重里さん

※企業名50音順

番組内容

「社長スペシャル2018」第1弾!
スゴイ社長たちが気になるいま注目の会社が続々登場!
ほぼ日・糸井社長が推薦!北海道を代表するお菓子メーカー六花亭の秘密!老若男女問わず愛されるお菓子作りに欠かせないのは、社内報!?
日本交通、川鍋会長が推薦!徳島県の小さなタクシー会社が革命を起こす!

■放送内容をシェアする

ほぼ日の糸井社長が気になる老舗お菓子メーカー「六花亭」の秘密!?

ほぼ日の糸井さんが気になる会社それは…

「六花亭」!
六花亭といえば、1933年創業の北海道を代表するお菓子メーカー。
超ロングセラー、看板商品の「マルセイバターサンド」や、甘酸っぱい「ストロベリーチョコ」などお土産でも定番です。

本社がある地元帯広でも、お菓子と言えば六花亭!ってくらい、みんなに愛されています。

そんな六花亭の儲かるヒミツを探るべく、めったに取材の許可が下りない本社へ!

ご丁寧に出迎えてくれたのは、2年前まで六花亭の社長さんで、今は食文化研究所の所長を務める、小田豊さん!

スタッフ:今回はなんで取材OKしてくれたんですか?

小田さん:糸井さんに言われたら(出ないと)番組にならないじゃないですか

以前、糸井さんとお仕事をする機会があり、それ以来の仲良しなんだとか。
その糸井さんのお願いならってことで、特別に取材をOKして頂いたというわけ。

今回は特別に商品を作る工程で、試食をしたり、意見交換をしたりする場、六花亭で一番重要だという「製品開発会議」を見せて頂けることに!

集まったのは、製品開発部のメンバー。

スタッフ:(商品開発は)基本小田さんが決める?
小田さん:決める。基本どころか全部決める。

そう、六花亭のお菓子づくりは、社長を退いた今でも、小田さんが全責任をおっている!

まずは「マルセイバターケーキ」から。
どんなに定番商品になっても、人気にあぐらをかかず、常に改良し続けているんです!

こうした試行錯誤を繰り返し、商品を進化させていくのです!

小田さん曰く、六花亭のお菓子は、食感、のどごし、香り!
この3つのバランスが最も重要なんだとか。

スタッフ:(お菓子自体の)デザインはどうなんですか?凝ったデザインみたいなのはやらないんですか?
小田さん:だめです。素顔に自信がないから化粧するんです。すっぴん勝負!

急所をついたお言葉!
その通り地道な積み重ねが、六花亭の真髄なんですね。

そしてお昼休み。食堂では、従業員さんが何かを熱心に読んでいます。

これは六花亭の社内報、「六輪」。実に10ページ以上。
驚くことに毎日発行されています。

紙面には、社内の清掃はこうした方がいい!などという、従業員ひとりひとりが気がづいた情報が載っている!

六花亭には、「1人1日1情報制度」というものがあり、従業員は、毎日1ネタ、231文字以内で提出しています。

そのレポートが、こちらで山積みに!

スタッフ:どれくらい集まるんですか?
社員:そうですね、今日は761枚届いています。
スタッフ:761枚?これ全部チェックするんですか?
社員:そうですね。

毎日700枚以上届く情報の中から、この方が80枚ほどを選び出し、特に気になったものにはコメントを書き足す!
しかもこちらの男性、実は…

社長:え?はい、社長です。

なんと社長自ら、社内報に載せる情報をチョイスしていたのです!

スタッフ:結構時間かからないですか?
社長:そうですね、4時間半から5時間くらい。

この社長チョイスの情報が、「六輪」の紙面を飾り、毎朝、全従業員に配られるんです。

社長:現場の問題点・不満っていうのが上がってくるっていうこともありますから、改善策を打つ材料にももちろんなります。

一方、従業員も、
社員:私たちのことも分かって頂けるんで、いい会社だなと思います。

商品づくりと、従業員とのコミュニケーションを徹底的に追求してる六花亭。
現在、その年間売り上げは、200億円!

六花亭はおやつ屋でがっちり!

日本交通の川鍋会長が嫉妬する「電脳交通」って何?

川鍋さん曰く、同じタクシー業界に現れた、ぶっちゃけ「パクりたい」ってほどの面白いビジネス。
しかも社長が、かなり爽やかなイケメンで、キャラまでかぶってるってことで、どうも気が気じゃないらしい!

一体どんな会社なのか?
やって来たのは、徳島県徳島市の住宅街にある小さなビル。

いざ電脳交通のオフィスへ!

スタッフ:おはようございます。がっちりマンデーです。社長ってどちらに?
社員:あちらになります。

こりゃ予想を超えるハンサムっぷり!
近藤洋祐(ようすけ)社長、32歳!身長182cm、72kgと、スタイルもモデル級!

で、タクシー王子・川鍋会長も嫉妬しちゃう、電脳交通の新ビジネスって?

近藤さん:地方のタクシー会社の電話配車のアウトソーシングを受けさせて頂いてる会社です。

そう、電脳交通は、地方の小さなタクシー会社向けに「配車」の代行をしてくれる。

タクシー会社には、お客から電話が来ると、オペレーターが受けて、近くを走るドライバーに無線で連絡し、お客の元へ向かってもらう「配車」というお仕事がある。
これを24時間やらなきゃいけなくて、地方の小さなタクシー会社の場合もう大変。 

現在、「電脳交通」の配車代行サービスを利用している、愛媛県松山市、前道後(まえどうご)タクシーの、石丸社長も苦労したことが。

石丸さん:(社長なのに)電話番、配車係やってました。零細企業だし、ありがちなコスト削減のために、全部自分でやってしまえ、みたいな。

そんな過酷な業務を代行してくれる電脳交通は、地方のタクシー会社にとっては、まさに救世主!

2016年12月のスタートから、徳島と埼玉に3つのオフィスを構え、四国を中心に、福岡、埼玉と5つの県、18社のタクシー会社にサービスが広がっています。

では、実際どんな感じで配車されているのか。
愛媛県松山市、光洋台(こうようだい)駅で、先ほどの「前道後タクシー」の番号に電話してみると、

①依頼が電脳交通に転送
②電脳交通ではなく前道後タクシーで対応

車両の現在位置が、地図で確認できるので、
③お客さんに一番近いドライバーに、配車の指示を出す。
④タクシー内のタブレットにお客さんの情報が掲載
⑤お客さんが待つ場所までのルートが表示される

これにしたがって向かっていけば配車完了!

このシステムで苦労するのが、オペレーターが土地勘のない場所への配車。

そんな時には、例えば、徳島にいるオペレーターさんが、香川県高松市の地図と、道路の画像が見られるグーグルのストリートビューを使ってドライバーを遠隔誘導!

この配車代行、タクシー会社からすると、自社でオペレーターを雇って24時間対応するよりも、コストを半分ほどに抑えられるんだとか。

電脳交通の配車代行は合計18社に拡大中!

全国の小さなタクシー会社を救う!かもしれない電脳交通!
新ビジネスに、大いに期待です。

電脳交通は配車代行でがっちり!

日経平均株価 大予想!

毎年、年末の社長SP収録時にスゴイ社長達が1年後の日経平均株価を大予想!

2017年12月6日時点の日経平均株価は22,177円!

1年前の時点での予想が一番近かったのは…
川鍋会長の21,510円!
ニアピン賞、おめでとうございます!

スゴイ社長の皆さん、1年後の日経平均株価は?

川鍋一朗会長:28,890円
糸井重里社長:こういうことは、おれに聞くな。
星野佳路代表:28,000円
似鳥昭雄会長兼CEO:19,500円
矢野博丈社長:22,200円
澤田貴司社長:25,000円

1年後、はたして日本経済はどうなっているんでしょうか!?

■放送内容をシェアする

このページの先頭へ戻る

Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.