過去の放送内容

「がっちりマンデー!!」毎週日曜あさ7時30分から

がっちりマンデー!!

過去の放送内容

2011年6月19日放送

特集

メガネ21

ゲスト

(株)21 相談役 平本清さん

番組内容

今日のがっちりマンデーは、「メガネ21」!
設立から25年で全国130店舗!従業員200名足らずなのに、グループ総売上はナント84億円!
今回は、広島発の不思議な会社「メガネ21」の儲かりのヒミツに迫ります!

■放送内容をシェアする

安さの秘密!

一体、メガネ21は、どんなメガネ屋さんなのか!?
広島市にある千田町(せんだまち)店にお邪魔してみると、パッと見は普通のメガネ屋さんです。

迎えてくれたのは千田町店の責任者、佐藤克衛さん。

スタッフ:他のメガネ屋さんと大きくどこが違うんですか?
佐藤さん:全てのブランドを、4割引を最低ラインとして、それ以上に値引きが出来るんです。

そう!メガネ21さんの特徴は、お店に置いてあるどんなブランドのメガネもとにかく全部、最低4割引ってことなんです!

スタッフ:何でそんなことが出来ちゃうんですか?
佐藤さん:利益率を低く設定していますので、それによって、ここまで値段を下げることができるんです。

佐藤さん曰く、メーカーから仕入れた値段に、ほとんどお店の利益を乗せないから、全部4割引に出来るとのこと。
何かキレイ事すぎる気もしますが、ホントに悪いことしてませんよね!?

佐藤さん:大丈夫です!そういう経営ができるようなシステムを作っています!
スタッフ:ん!?システム??
佐藤さん:本部の業務なんですけど…行っていただいたら全てが分かると思います!」

利益をほとんど乗せなくてすむのは、どうやら本社の中に秘密があるとのこと!
という訳で、スタッフは本社に伺ってみると…

あまり本社感の無い建物…。とりあえず中へ入ってみることに!
迎えてくれたのは、(株)21 相談役の平本清さん。

スタッフ:ここが本社ですか!?
平本さん:そうです。ここにいるのは、女性ばっかりの総勢7名ですね。

なんと、グループの総売上が80億円を越える、メガネ21さんの本社の人数はたったの7人!
この7人で人事・経理・広報などの本社業務を全て行っているのです!

平本さん:男性社員もいたりしたんですが…私もいたりしたんですが…結局、不必要であると。だから女性の天下で。

と、平本さんの発言に、皆さんニコニコしてますが、実はかなりのやり手なのです!
本社の金を全て握る、経理担当の川原田道江さん。 
面接すれば全てお見通し、人事担当の田嶋いづみさん。
目にも止まらぬキーボードさばき、システム担当の藤井知枝さん。
抜群のチームワークで、全国130店舗の本社業務をこなしているんです

ビックリするほどの少人数で仕事をこなしているから、コストがグーンと下がって、メガネが安く出来ちゃうってわけ!!
さらに…

平本さん:この子(中村さん)は、小顔でメガネが似合うので、モデルになってる!

広報担当の中村奈々さんは、ポスターのモデルも兼任!

さらに、こちらの本社の特徴は、エライ人たちが大事な話をする会議スペースと、女性たちのデスクとの間に壁が無いってこと。

スタッフ:機能的にわざと?
平本さん:そうですね。声も筒抜けです。私達がここでお客さんや取引先と話をするときに、密談をするなと。あなたたちの声(会議内容)が聞こえれば、私達は次に何をすればいいかが全部わかるので、見えるようにして欲しいと。

あえて話を丸聞こえにすることで、重要な決定事項を伝達する手間も省けるという訳。
人件費に宣伝費、会議室の壁まで、あらゆるムダを徹底的になくすことで、メガネの4割引を実現してるんです。

人気の自社ブランドメガネ「Fit」

メガネ21の人気のヒミツは値段が安いだけじゃない!
自社ブランドのメガネ「Fit(フィット)」。

これがかなり売れちゃってるんです。 
一体、どんなメガネなのか、(株)21山口 代表取締役の大谷武彦さんに聞いてみました。

大谷さん:「Fit」が違うところは、1個1個が部品ごとにバラバラになっているところ。

メガネは自分に合うものを探すのに一苦労。
それも当然!人間の顔の大きさも形も千差万別です。
そこでメガネ21が考えた「Fit」は、鼻止めの部分、耳にかける部分、フレームやレンズなど、色々なサイズやパーツを準備。お店で組み立ててくれるのです!

スタッフ:組み合わせっていうのは何通りくらいあるんですか?
大谷さん:無限大にありますね!その方だけの為に作れます!

だから子どもの顔にもピッタリ!

それなのに値段は、従来のオーダーメイドメガネのおよそ5分の1っていうから驚き!
しかも、「Fit」にはメガネ界の常識を破る斬新なシリーズが沢山あります!
子供たちが踏んでもネジっても大丈夫!衝撃を吸収する柔らかいフレーム「Fit-Guard」。

驚異のツル無しメガネ!「Fit-mini」。

振っても落ちないのは、鼻当ての部分にヌーブラと同じ素材を使っているからです。

こんな斬新なメガネの開発ってどうやってるんでしょうか!?

スタッフ:21で「Fit」のデザインってどなたが…。
平本さん:私!
スタッフ:えっ!
平本さん:私!

なんと、「Fit」の斬新な開発、設計してるのは、平本さん御本人!?

スタッフ:普段、どこでデザインを考えてるんですか?
平本さん:今は自宅ですね!
スタッフ:家でくつろぎながら?
平本さん:くつろいではいませんけどね!考えないといけないから。

半信半疑ながら、特別にご自宅へ連れて行ってもらうことに!
リビングに通され待っていると…なんと作務衣を纏って登場! 
さらには…お酒まで!
自宅ではずっと新作メガネのことばかり考えているという平本さん。
新作のデザインをパソコンに向かって、自ら図面まで引いちゃう!

スタッフ:新しいデザインはどうやって生まれるんですか? 
平本さん:こういう要望があるんだな、こういう要望があるんだなと、人のリクエストに応える!人が困ってることをどんどん解決していけばいい!

アイデアの源は、お客様や身近な人のリクエスト!
例えば、こちらのお客様からのメール…

メール:
私は老眼です
夜寝ながら本を読んでいる時
横を向いて読もうとすると
メガネのつるが枕で押されて
メガネがずれて本が読みづらいのです
顔の幅より少し小さめの
しなやかで形がくずれないメガネのつるがあればいいと思います

この要望に応えたデザインがコチラ!

耳に掛ける部分を短くしたもの。
これなら、寝転がりながらでもメガネがズレずに本をよむことができるんです
コメカミと頬骨で固定しているので簡単にははずれない!!

平本さん:困ってる人の要望を叶えていけば仕事になると思う。本当は自分が欲しいものを作って、それが商売になるのが一番いいんですが、基本的には、仕事というのは人のリクエストに応える!それでお金を貰えると思っているんです。

そして現在、ゴルフのプレイ中にキャディーさんから頼まれたという「夢のようなメガネ」を開発中!
それを平本さんにスタジオで紹介してもらいましょう!

▼スタジオでは、平本さんに「キャディーさんの為のメガネ」についてお話を伺いました
加藤:紹介してもらっていいですか?キャディーさんの為のメガネを。

平本さん:メガネの鼻あてが当たって、汗かいてかぶれるっていう事でした。それで、鼻あてがないのを作って欲しいと。

加藤:それないと無理でしょ!

平本さん:これ、ないですよね。

加藤:横向いたらわかりますね!ないですね。浮いてる状態なんだ!どこで止まってるんですかそれ?
平本さん:これはですね、こめかみと後ろで止めてる。そして、顔幅ぴったりに作るんです。

▼さらに、ツル無しメガネ!「Fit-mini」についてもお話を伺いました。
平本さん:「Fit-mini」は一つ問題点がある!

加藤:なんですか?

平本さん:ツルがないでしょ?その分だけ値段がむちゃくちゃ安くなる!

加藤:客としては、いいことですよ!

すべてが「オープン」!

斬新なメガネを作っちゃうメガネ21。変わっているのはメガネだけじゃないんです!
五日市店のバックヤードを訪ねると、パソコンをじっと見ていたのは、五日市店の責任者の田口健一郎さん。

スタッフ:今、何を見てらしたんですか?
田口さん:今月のお給料を…。
スタッフ:給料も見れるんですか?
田口さん:そうですね、全員分!

なんとメガネ21では、会社にあるパソコンがネットワークに繋がっていて、全社員200名のお給料が全部丸見え!

全部見えてるということは、ひょっとして!?

スタッフ:社長の給料も見えるんですか?
田口さん:もちろん!今だと…毎月55万円!

なんと社長の給料だって丸見え!正直、社員の皆さんどうですか?

千田町店の谷和歌子さん:最初はビックリした!1年で慣れたんですけど!やっぱり評価がそのまま反映されているので、モチベーションが全然違うかなと!

己斐店の桑田邦彦さん:貰ってる以上は「給料以上の仕事をしないと」と励みになります!

スタッフ:あの人の給料を見ちゃったことは?
五日市店の松村悠子さん:あーそれは、やっぱり、同期の給料は見てしまったり…というのはあるんですけど。

意外にも嫌がってる人は少ないみたいです。 
全員の給料を丸見えにすることで、誰が何で評価されているのかがハッキリと分かる!
頑張った人が増えるからヤル気も出る!というわけです。
そして、もう一つ丸見えなものが…!
普通、会社の人事異動は全部決まってから掲示版に貼りだして、社員に知らせたりするものですが…
なんとメガネ21では、その人事が決まる途中から、すべて社内ネットで丸見え!

例えばこちら!
とある社員さんから、人事担当いづみさんへのメール。

メール本文:
今月8月1日に結婚を致しました 
私の仕事に関してですが、通勤が難しいようであれば、呉地区への勤務をお願いするかと思います。

中にはいざこざからこんな書き込みも…!

書き込み:
幸い誰がいつ辞めても大丈夫なようなシステム作りをしています。私でなければ絶対にできないという仕事もありません。長い間お世話になりました。

会社内の行き違いで「もう辞めます」というメッセージ!
すると、これを見た平本さんが書き込みを…

平本さんの書き込み:
貴方に退職の自由は有ります。
しかし、本当に「長い間お世話になりました。」と考えているのであれば、その人達が幸福になるような退職の仕方が有ると思います。

とメッセージを送信。
そんな熱い言葉に4日後…

書き込み:
復職願い
勝手に退職宣言し、非常に言いにくいのですが、お許しいただけるのなら復職をお願いしたいと存じます。ご心配をお掛けし申し訳ございませんでした。

「もう一度やらせてください!」と退職を撤回!
無事元鞘に収まったのです!
でも…こんな生々しい人事のやりとりまで自由に閲覧できるって、皆さんはどう思っているんでしょう?

五日市店の竹内沙折さん:何も隠してないんだなという安心感はありますね。

五日市店の上田聡さん:責任の所在がハッキリして、心情的に辞めた人の肩を持つんじゃなく、(事情を知り)みんな納得して働けます!

とにかく「全てをオープンに!」
トップから新入社員まで、皆が同じ情報を共有! そうする事で、皆が安心して働きやすくなる!これがメガネ21の考えなんです!
さらに、普通の会社では考えられない、こんなものまで丸見えに…!
お話を伺ったのは、五日市店の陶山伸太郎さん。

スタッフ:コネ入社って聞いたんですが…本当ですか?
陶山さん:はい本当です!父の紹介で…お願いして入れてもらいました。

普通、コネ入社といえば、なかなか言いにくいものですが、メガネ21は、それすらもフルオープン!!!

スタッフ:何て言ってお願いしたんですか?
陶山さん:「今、職が無いので入れてもらえませんか?」とお願いしました!
スタッフ:実際入ってみてどうですか?
陶山さん:自分がミスをしてしまったら、責任は父にいってしまいますので、その分頑張っていきたいと思っています!

そしてもう一方…

スタッフ:コネ入社と聞いたんですが…どなたのコネですか?
店員さん:父が…平本清です。

ということで、己斐店で働く平本大さんにお話しを伺いました。

スタッフ:でも何でこの会社に?
平本大さん:本当に行くところがなかったので。
スタッフ:コネ入社って言われることに関しては?
平本大さん:もう、人よりも意見を出したり、人より働くというのを気をつけてますが…ただ動いてるだけで、結果にはまだ出てないですけど…。

全てを丸見えにすることで、社員の力をフルに引き出していたんですね!

■放送内容をシェアする

このページの先頭へ戻る

Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.