過去の放送内容

「がっちりマンデー!!」毎週日曜あさ7時30分から

がっちりマンデー!!

過去の放送内容

2010年12月5日放送

特集

大塚商会

ゲスト

(株)大塚商会 大塚裕司 代表取締役社長

番組内容

がっちりマンデー、今日のテーマは「大塚商会」!
「大塚商会」とは、コピー機や文房具・照明など、日本の仕事場を支える総合お手伝い会社!
年間売上げは"4299億円"と、実は今、めちゃくちゃ儲かっているんです!
そこで今回は、スタジオに大塚裕司社長をお迎えし、「大塚商会」儲かりのヒミツに迫ります!

■放送内容をシェアする

日本の会社の強い味方「大塚商会」とは!?

早速ですが「大塚商会」とは、そもそそもどのような会社なのでしょうか?
営業本部の真子さんにお話を伺ってみました。

真子さん:オフィスの中で使っているもの、例えば消耗品やコピー機、コンピュータ系のものであったりと、オフィスの中で使うものに関しては、全てご提供しようと考えている会社です!

この「大塚商会」、1961年の創業当時は、コピー機を企業に売る会社でした。
その後、時代の移り変わりと共に、パソコンなどのOA機器を取り扱うようになり、現在ではオフィスの備品にいたるまで、会社に必要なありとあらゆるものを提供する"総合お手伝い会社"となったのです!
そして、「大塚商会」創業時から変わらないターゲットが…

真子さん:お客様のお悩みを聞いたり、アドバイスをさせていただくという形ですので、どちらかというと中堅・中小企業を中心にお手伝いさせていただいております!

そう!ターゲットは日本中にある"中小企業"!
今回は、その営業現場にカメラも同行させていただきました!

中小企業をターゲットにする理由の1つは、「社長に会えるケースが多く、商談が進みやすい」という点!

営業マン:防災用品以外にも風邪対策グッズですとかもありますので!
中小企業の社長さん:色々やってるね!コピーだけだと思ってるから、防災で大塚商会にお世話になるとは思わなかったよ〜。

今回の営業先である?南風舎の小川社長に営業マンの印象を伺ってみると…

小川社長:やっぱりセールスは強力ですよ!「ちょっと…」と思うこともありますけど、商品を入れてみると、「あぁよかった!」と後で気付くんです!
番組スタッフ:対応は早いんですか?
小川社長:早い!大塚商会さんは、我々のような小さい所でも、すぐにちゃんと対応してくれるのがありがたいですね!

日本にある中小企業はおよそ420万社。そのうち「大塚商会」の顧客は80万社以上!
かなりスゴイですが、営業マンはとっても大変そう。
実際に何社受け持っているのか?営業マンの伊藤さんにお話を伺ってみました。

伊藤さん:1人で1000社いくかいかないかくらいですね!普通に回ってたら非常に効率が悪いですね。しかし、社内に「SPR」という顧客管理ツールがあるんですよ!

では、「SPR」とは一体どのようなものなのでしょう?

伊藤さん:「S=セールス」「P=プロセス」「R=リエンジニアリング」の略で、毎日帰って日報を打つのですが、普通の企業だったら手書きの日報が多いんです。しかし、私達はパソコン上で顧客管理ツール(SPR)を使って、打ち込んでいくんです!過去の営業日報もそこで見られるので、「このお客様はこういう取引をしているから、今回はこういう商品をPRしよう」というご案内ができるんです!

要するに、他の営業マンや過去の商談履歴が誰でも見られるので、無駄なく効率的に営業ができるというわけ!
では、この「SPR」には具体的にどのようなことが書かれているのでしょうか?須賀さんにお話を伺ってみました。

須賀さん:前任の営業から引き継いで、新しくお客さんの所に行く場合、過去の活動内容を確認します。こちらの情報を確認すると、前任の営業が少しお客様とモメてしまったという情報があります。これを元に自らのお客様に対する対応を考えるんです。

この「SPR」システムを導入したのは8年前。
導入前の2001年と比べ、現在の社員数はほぼ同じにも関わらず、売上げはなんと1000億円もアップしたんだそうです!
スゴイシステムですね〜

大塚商会の主力ブランド「たのめーる」!

「大塚商会」の総売り上げの4分の1を占める主力ブランドが…「たのめーる」!
人気のヒミツは、「とにかく早い!」ということ!
この「たのめーる」は、オフィスで必要な消耗品や事務用品など、およそ6万5000種類をインターネットやFAXで注文できる、とっても便利なシステム!
我がTBSでも使っているということで、早速TBS営業推進部の沼田さんに実際に見せてもらいに行くと…

沼田さん:こちらのウェットティッシュや、ティッシュ、ファイルなどもそうですよ!

その他にも、マジックやポストイット、修正テープにクリップなどの事務用品のほとんどを「たのめーる」で注文しているんだとか!
では、実際どのように注文をしているのでしょうか?

沼田さん:局内のみんなに欲しいものの番号を書いてもらって、それを見て私がネットで注文するんです!1500円以上で送料無料になり、午前11までに頼むと、午後に持ってきてくれるんですよ!

そう!「たのめーる」は本当に早い!
商品を注文すると、その情報は本社を経由し、6万5000種類の商品が置いてある物流センターに送られます。
では、一体なぜそんなに早いのでしょうか?その仕組みを見せてもらいました!

まず、こちらのボックスに発注用紙と商品データが登録され、その商品があるブロックに運ばれます。到着するとデータを読み込んで、商品が置いてある棚を指示!
例えば…

これは、現在地から見て、一列後ろの右側に商品があるということ。
そして、その棚に行くと…

商品のある棚のランプが点灯しています!!
ここに発注数も書いてあるのですぐにわかるのです。
この棚から商品を取り、ボックスに入れれば一丁あがり!
番組スタッフが実際にやってみたところ、初めてにも関わらず簡単に商品を取りにいくことができました!これは早く正確に届くはずです!

発注はボールペン1本からでもOK!
事務用品やオフィスで飲むコーヒー・お茶などはもちろん、ストッキングやひざ掛けまで、OLさんが必要とするものがたくさんあるんです。
また、最近では省エネ対策のため、LED電球もたくさん売れているんだとか!

仕分けが終わったところで、梱包。
商品が少ないときにはビニール袋で持ってきてくれるので、オフィスにダンボールがたまり、後々邪魔になってしまうなんてこともナシ!
午前11時までに注文すれば、午後1時過ぎには発送され、その日のうち届いちゃうんです!
これはがっちり儲かっちゃってますね〜大塚社長!

▼スタジオでは大塚社長にお話を伺いました。
大塚社長:創業した当初からコピー用紙などを配送してまして、その延長線上でお客さんのニーズが広がっていることに気がついて、11年前に今のスタイルのきっかけを作ったんですよ!

「大塚商会」は社員への待遇がスゴイ!

「大塚商会」が儲かり続けている理由、それは…「社員1人1人への待遇が厚い」から!
創業者・大塚実会長は『社員に報いることにかけては、どこにも負けない会社にする!』ということを理念に掲げています。
そこで、社員に聞いた『うちの会社はここがスゴイ!ベスト3』を発表!

▼第3位『年収がめちゃくちゃ高い!』

社員さん:通常ボーナスって2回ですよね?でも、うちの会社は上手くすると、8回あるんです!通常は夏と冬ですけど、目標予算まで行くと、もう1回ボーナスが出ます!あと四半期に1回、基準を満たすとインセンティブがもらえるんです。ボーナスという金額まで行きませんが、私はボーナスが8回あると思っています!
番組スタッフ:年収は1000万円以上ですよね…?
社員さん:そうですね!
番組スタッフ:最近の1番大きな買い物はなんですか?
社員さん:10月にインセンティブでハワイ旅行に行ってきました!

成果を上げれば、その分だけ特別手当が支払われる!これで頑張らないわけがない!
30代の営業職の方であれば、年収1000万円以上も少なくないんだとか!

▼第2位『リストラがない!』
社員さん:社員を切らないと言いますか、社員を大切にする会社です!出来ないから切るということはなくて、育てようとしてくれる会社ですね!フォローアップ研修は随時ありますし、伸び悩んでいる人は上司がフォローしてアドバイスをくれます!

そう!「大塚商会」では、社員のためのフォローアップ研修を定期的に開催したり、業績のなかなか上がらない社員に再教育プログラムを実施。
人を切るのではなく、会社に必要な人間に育てていくのです!

▼第1位『福利厚生が充実している』
社員さん:直営のホテルがあり、社員と社員の家族は格安で泊まれてリフレッシュができます!千葉県の一宮や琵琶湖、熱海などにあるんですよ!

では、社員に喜ばれる福利厚生施設とは一体どのようなところなのでしょう?
千葉県一宮にある直営のホテルへ実際にお伺いしました!

こちらが、大塚商会グループの直営ホテル「一宮シーサイドオーツカ」!
早速、一番大きな部屋を拝見させていただくと…

ベッドルームの先の窓からは九十九里の海岸が一望でき、部屋の奥には和室も!
さらには露天式のお風呂まで付いています!
料金は通常2万3000円のところ、社員なら3000円から泊まれちゃう!
また、屋外プールや屋内温水プール、テニスコートにフットサル場など、スポーツ施設も充実!

そして、もちろん天然温泉も!
地元・一宮で汲み上げた温泉は、疲労回復はもちろん、美肌効果もあるんだそうです!
さらに、敷地内には研修センターも完備!リゾートホテルで研修なんてうらやましい限りです!
研修に来ていた社員さんにお話を伺ってみると…

社員さん:研修の割には温泉も入れて、夜食も出ますし、恵まれた環境かなと思います!

さらに別の社員さんは…

社員さん:保養所に年1〜2回皆で行ったりとか、家族で行ったりとか、すごい利用しているので、とても良いと思います!

▼スタジオでは大塚社長にお話を伺いました。
大塚社長:もともとは、父が30万円の元手で不公平感のない会社を作りたいというのがスタートですので、それをそのまま引き継いでいるんです。また、年齢の節目節目に、転職のための支援プログラムもありますよ!

加藤:今後「会社をこうしていきたい!」とかありますか?

大塚社長:私たちが扱っている商材を上手く使っていただければ、生産性が上がってコストが下がる結果的に皆がハッピーになれる。そういう会社でありたいと思います!

■放送内容をシェアする

このページの先頭へ戻る

Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.