過去の放送内容

「がっちりマンデー!!」毎週日曜あさ7時30分から

がっちりマンデー!!

過去の放送内容

2009年4月26日放送

特集

CASIO

ゲスト

カシオ計算機(株) 樫尾和雄代表取締役社長

番組内容

今回のがっちりマンデーは、電卓でおなじみの「CASIO」!
なんでも小さくデジタル化してがっちりな会社!
そんなカシオ計算機のヒミツに迫ります!

■放送内容をシェアする

樫尾4兄弟の儲かり戦略を大公開!その1

売上高6230億円を誇る「CASIO」!
この4人なくして誕生しなかった…

それが、樫尾4兄弟!
1946年、長男・忠雄が小さな町工場「樫尾製作所」を創業。
ここに弟3人も加わり、兄弟4人が集結。

ある日、そろばんを見ていた次男・俊雄が「電気で動く計算機を作ろう!」とひらめく!
こうして樫尾4兄弟は計算機の開発をスタート!

四男の幸雄副社長に当時の事を聞いてみると。

幸雄副社長:4人力を合わせたから、できたんでしょうね!1人でも欠けたら出来なかったと思います。

製作開始からおよそ3年後の1957年、樫尾4兄弟が完成させたのが…

世界初の小型純電気式計算機「14‐A」
実はこれ、机の上に計算機を置いているんじゃなくって、机そのものが計算機なのです。

裏側には部品がぎっしり!
これのどこが小型なんだ!というあなた!
当時の計算機と比べてみると…

ご覧の通り!小型です!
この「14‐A」作られてから52年も経っていますが、今でもきちんと動くらしいので、副社長にみせていただきました。

まずは掛け算から。

123×45=5535
これ当時としては画期的な計算機だったのです!
しかし、問題が!?

こちらの計算機「14‐A」の重さ、なんと140kg!
もっと小さく出来ないものか…
そこでスタートしたのが、樫尾4兄弟による「なんでも小さくデジタル化作戦!」

この4兄弟、うまい具合に得意分野が分かれてる!

アイデアマンの二男・俊雄が新商品を思いつくと、とっても器用な四男・幸雄が作る、おしゃべり上手な三男・和雄がドンドン売り込み、お金に強い長男・忠雄がビシッと経理を管理する。
こんな鉄壁の分業体制が出来上がったのです!

先ほど紹介した「14‐A」から4年後の1961年には、新型計算機「タック」を発売!
大きさはあまり変わりませんが、タイプライター付き。

1965年に「カシオ001」を発売!
かなり小さくなってきたけど、値段がまだまだ高い!
そして、1972年CASIOは世界をアッと驚かせる計算機を発表!
それは…

手のひらに乗る「カシオミニ」
数字もデジタル表示になり、価格も12,800円。
値段もさることながら、何といっても、その小ささ!
14‐Aと比べてみると

ご覧の通り!
これを可能にしたのは、計算を行うLSIが小型化したこと。
当時は月に1万台売れれば大ヒットの計算機業界!
しかし、営業担当の三男・和雄は「10万台作っちゃって」っと、強気の指示。
すると、発売から10ヶ月で100万台を超える大ヒットに!

手のひらサイズのカシオミニの登場で、計算機は会社に一台ではなく、一人一台持つ時代へと大きく変わったのです!

しかし、手のひらサイズじゃ満足できないCASIOは、
1978年さらに小さい名刺サイズの「カシオカードミニ」を発売!
挙句には、1983年厚さが1mmもない超極細電卓「フィルムカード」を発売。

計算機がドンドン小さくなればなるほど、CASIOの売上はドンドン大きくなり、現在でも計算機業界でダントツトップの50%シェアを誇っているのです。

樫尾4兄弟の儲かり戦略を大公開!その2

計算機に続いて二男・俊雄がひらめいたのは、「デジタルで時計を作ろう!!」
時計メーカーでもないカシオが、デジタルを武器に時計業界に参入!

1974年に発売した「カシオトロン」は、デジタル表示なので時刻だけじゃなく、日付も簡単に表示できる!

さらに、お得意の計算機までデジタル腕時計に付けて発売。
そして1983年、世界的に有名なあの腕時計を発売!
それは…!?

「Gショック」!
デジタル液晶は衝撃に弱く、ぶつけると直ぐに見えなくなっていりなんてことも。
そこで、開発されたのが、耐衝撃性腕時計「Gショック」だったのです!

そんなGショック、最も大事なのが、衝撃に強い事を確かめるための検査。
その実験現場は…

担当者:では、3階のトイレから落としてみますので。

この実験、発売から26年経った今でも、研究開発塔3階にある男子トイレで行われています。

担当者:ここが(Gショックを)落とすところの窓です。

クッションになりやすいベルトは外した状態で落とすそうです。

担当者:Gショックを落としてみます。

3階といえば高さ10メートルくらい…大丈夫なのでしょうか?

全くの無傷!
衝撃にめっぽう強いGショックは、デザイン性にも優れ若者を中心にバカ売れ!
1年でなんと210万個を売る大ヒットを記録!

樫尾4兄弟の儲かり戦略を大公開!その3

さらにCASIOはこんなモノまで小さくデジタル化しちゃいました…

それは、辞書!電子辞書シェアで5年連続1位というCASIOの電子辞書は、
毎年機能は増えてるのに、サイズは小さくなってる!
そのヒミツを探るべく電子辞書の企画会議へ潜入!

メンバーは商品デザインの担当者と、設計開発を行う技術担当者。
何を話しているのかというと…

デザイン担当者:例えばスピーカーの径ってもう少し小さくなんないですかね?
技術担当者:径を小さくすると音がやっぱり崩れちゃって…

議題はやっぱり製品をさらに小さくすること!

デザイン担当者:表示のところなんですけど、もうちょっと薄く出来るんじゃないですかね?
技術担当者:実際問題はちょっと…
デザイン担当者:補強の仕組みもここ2年位変わってないんで、もう少し別の部材使うとか、やりようはあると思うんですけどね。
技術担当者:…。

こうしてCASIOでは、さらに小さく、さらに便利にするため徹底的に研究!
ここまでこだわっているからこそ、CASIOの電子辞書はシェア1位をキープしているんです!

樫尾4兄弟の儲かり戦略を大公開!その4

CASIOが小さくデジタル化しちゃった商品の中には、ちょっと意外なモノも…
それは、グランドピアノ!

こんな大きなモノを小さくしたのが、電子ピアノ「プリビア」。
グランドピアノよりも奥行きが10分の1、重さは50分の1なのに、本物のピアノと比べても遜色の無いリアルな音色を実現。

CASIOはピアノメーカーでもないのに電子ピアノの売上は業界トップレベル!
そこで、人気のヒミツを探るべく、電子ピアノ開発現場を伺いました。

まずは一体、どうやってピアノの音を作り出しているのか、
開発本部 電子ピアノ部門 伊藤直明さんにお聞きしました。

伊藤さん:本物のグランドピアノの音を録音して音を鳴らしています。

何と、ひとつひとつ本物のピアノの音を録音していたんです!
だから、デジタルとは思えないほど超リアル!
しかも、

伊藤さん:録音する時に全部の鍵盤を、色んな強さ、スゴイ弱い音から強い音まで、何十段階も録音するんです!

ひとつの鍵盤の音を作るのに、強〜く叩いた時から、弱〜く叩いた時まで、何十段階もの音をひとつひとつ録音していたんです!

気の遠くなるような作業を鍵盤の数88個分繰り返し行います。
こうしてCASIOの電子ピアノはリアルな音をデジタル再生していたってわけ。
さらに、録音に使っているピアノもスゴイ!

伊藤さん:世界的にも有名なピアノなんですけれども、値段は1000万円以上します!そういうグランドピアノの音をしっかりと録音して電子ピアノの中に入れてます。

名前は言えませんが、1000万円以上もするグランドピアノの音が、5万円台の電子ピアノで奏でられる!
限りなくグランドピアノに近い音を、デジタル再現する事にこだわった結果、
CASIO計算機の電子ピアノはトップメーカーの仲間入りを果したのです!

樫尾4兄弟の儲かり戦略を大公開!その5

そして、計算機、時計、ピアノの次にデジタル化したのは…?
カメラ!

カメラメーカーでもないCASIOが、95年に発売したデジタルカメラ、
それが、デジタルカメラ「QV‐10」!
これにはデジタルカメラの歴史を変えたある画期的な機能が!
そこで、QV事業部 中山仁さんにお聞きしました。

中山さん:液晶つきのコンパクトデジタルカメラというのは世界初!

実は、世界で初めて液晶画面を付けちゃったんです!
これの何がスゴイかというと、フィルムカメラだと現像するまでどう撮れているのかわからず、写真を見たらピンボケなんてことも。
でも、QV‐10なら液晶画面で撮ったモノをその場でチェック出来るので、失敗しても直ぐに撮り直せる!

カメラの画素数や機能性よりも、使いやすさを追求して大ヒット!
計算機メーカーCASIOが作ったQV‐10の登場で、カメラ業界はフィルムカメラから、
液晶付きデジタルカメラの時代へと大きく変わっていったのです!

さらに、CASIOのデジタルカメラ技術は、写真の合成まで出来ちゃうんです!
なんと、人の動きと背景を合成できるのです!
では、どう撮るのかというと、まず20連写機能で人の動きを撮り、続いて背景だけを撮る!

すると、人の動きだけがキレイに取り出せる!
あとは背景に乗せるだけ、とっても簡単!

CASIOのデジタルカメラ技術はさらなる進化を遂げていた!
そして、このデジタルカメラを愛用している人がここにも居ました…

スタッフ:社長何やってらっしゃるんですか?
三男・和雄社長:自分のゴルフのフォームを点検しています!ハイスピードカメラでやってますから!

こちらが社長のショット!CASIOのデジタルカメラはハイスピードの動画も搭載しているんです!

そんなカシオ計算機は、小さくデジタル化でがっちりです!

■放送内容をシェアする

このページの先頭へ戻る

Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.