過去の放送内容

「がっちりマンデー!!」毎週日曜あさ7時30分から

がっちりマンデー!!

過去の放送内容

2007年12月2日放送

特集

2007年大ヒット商品総決算!

ゲスト

北村森さん(日経トレンディ編集長)、上地雄輔さん

番組内容

今回のがっちりマンデーは、2007年大ヒット商品総決算!
今年、売れに売れた商品の儲かったヒミツを徹底検証します!
そして、来年2008年のヒット間違いなしの商品も大紹介!

■放送内容をシェアする

2007年大ヒット商品のヒミツ:キーワードは「家族」

2007年、売れに売れた大ヒット商品!
そのキーワードは「家族」。

堂々のナンバー1ヒット商品は、もちろん任天堂の「Wii」です!
販売台数は発売10ヶ月で360万台突破とゲーム業界で1人勝ち状態なのです!

▼大ヒットのヒミツ 〜誰にでもできる簡単さ〜
例えばテニスゲームの場合、棒状のコントローラーをラケット代わりに握って、あとは振るだけでOK!
今までの難しい操作にゲームを敬遠していた女性や大人たちに大人気となりました。
そんな絶好調の任天堂が、またまた大ヒットしそうな商品を完成させたと聞きつけて、がっちりスタッフは任天堂本社へ向かいました!

早速、任天堂開発本部長の宮本茂さんにお話を伺いました。
なんと、この宮本さんは世界一有名なゲームキャラクター「マリオ」を生み出した天才ゲームクリエーターなのです!
では、今回は一体どんな商品を開発したのでしょうか?

宮本さん:このバランスWiiボードです。
これを使って遊ぶ「Wii Fit」というゲームを出しました。

これが今月発売されたばかりの新商品Wii Fit。
操作はこれまた簡単で、ボードの上に乗るだけ!
でも、ボードの上に乗って一体どのように遊ぶのでしょうか?

宮本さん:筋力トレーニングやヨガをこのボードの上でやるんです!

そう!Wii Fit最大の特徴は「遊ぶ」のではなく「鍛える」!
ボードの上で腕立て伏せをして筋力トレーニング、ヨガで身体のバランスをチェックなど様々なトレーニングができます。
しかし、なぜボードに乗るだけでこんなことが出来るのでしょうか?

宮本さん:センサーがボードの四隅に付いていて、そのセンサーによって今どこが重たいかを調べることで、身体が右に傾いているのか左に傾いているのかが分かるのです。
だから、このボードを使ってスノーボードのゲームも出来るんです。

では、宮本さんにバランスWiiボードを使ったゲームを実践して頂きました!

まずは、足の重心を左右に傾けながら、飛んでくるボールをヘディングするゲーム。
このゲームではバランス感覚を養うことができます。
次はスキージャンプのゲームに挑戦しました。
爪先に体重をかけて、爪先立ちでジャンプ!

宮本さん:Wiiは家族みんなが集まる場所で使いますから、できるだけ幅広い年齢の方に使って頂けるようにしました。

バランスWiiボードでがっちり!

そして、もう1つの「家族」をキーワードに大ヒットした商品が、クロックス!

2007年は、クロックスを履いて歩いている家族をよく見かけましたよね。
なんと、このクロックスは年間280万足の売り上げを記録して絶好調!

同時に、クロックスにつけるアクセサリーの「ジビッツ」も、クロックスを自分好みにカスタマイズできるとあって大ヒットしました。
ヒットのヒミツはなんと言っても、軽くて歩きやすいこと!
履いているうちに自分の足の形に合ってくるというから驚きです!
そこにクロックスのカラクリがありました。
その1番の特徴は素材!
この素材は「クロスライト」というゴムでもプラスチックでもない、クロックス独自の素材なのです。
非常に柔らかく、軽い素材で、大人気になりました。
実は、この素材の原料や製法を知っているのは、創業者の数人だけという超企業ヒミツ!
だから模造品を作られる心配も無いのだとか。
クロックスでがっちり!

2007年大ヒット商品のヒミツ:キーワードは「オンリーワン」

続いての2007年売れに売れた大ヒット商品のキーワードは「オンリーワン」!
そこでがっちりスタッフは、おやつカンパニーへやって来ました!
この会社の主力商品といえば、ベビースターラーメン!
1959年の発売以来、現在でも毎日100万食を生産している超ロングセラー商品なのです!

しかし、ベビースターラーメン以来、なかなか大ヒットが飛ばせなかったおやつカンパニーが、遂に半世紀ぶりに大ヒットさせた商品があるのだとか!?

おやつカンパニー開発部河村朗子さんにお話を伺いました。

河村さん:それは、「フランスパン工房」です!
発売後3日で販売中止になってしまうほどの人気です。

フランスパン工房!シュガーバター味とうす塩バター味の2種類が大ヒットしました!
最初は地域限定で発売したところ、3日間で完売し、王者ポテトチップスの売り上げを一時上回った地域が出たとか。

▼大ヒットのヒミツ 〜後悔しない〜
「またお菓子食べちゃった」という後悔、ありますよね?
しかし、フランスパン工房は通常のスナック菓子のおよそ半分のカロリー!
これがヘルシー志向の消費者にバカウケして大ヒットに繋がりました。

河村さん:フランスパンをそのまま使ったお菓子なんです。
フランスパンをプレスすると、フランスパン工房になります。

フランスパンをそのまま圧縮しただけというシンプルな製法!
その厚さは、わずか1mm!
フランスパン工房でがっちり!

続いてのオンリーワンで大ヒットした商品は、この「スクラッチ」という一見なんの変哲もない金属棒。

こちらのお値段は2,940円と、決して安くはないのですが、実はこれ90万本を超える大ヒット商品なのです!
販売会社の素数株式会社取締役の小幡純子さんにお話を伺いました。

小幡さん:これは新しい形のかかとの角質などを削る道具です。
実際に削ってみたときにこれはスゴイと感じました。

「百聞は一見に如かず」ということで社員の方が早速実演してくれることに!
使い方は簡単、棒を皮膚に対して90度に当てて削るだけ!
すると、角質が面白いほど取れます!

さらにヒットを決定付けたのは、付属の棒でした。

使い終わった後、この棒を筒の中に入れて押し出すと、取れた角質がポロポロと出てきました。
見た目に効果がはっきりわかるのが、ヒット最大の理由!

このスクラッチは、もともとはアメリカで作られた彫刻の道具で、ある日彫刻家が、これで足の角質を削ってみたところ、なんとゴッソリ角質が取れる!
このようなことがきっかけで作られたものだったのです。

このスクラッチで儲かった分は、全て新商品の開発に回しているのだとか。
この会社が狙う2匹目のドジョウは、おもしろいほどゴッソリ取れる耳掻きの「スクラッチミミング」。

さらに、3匹目のドジョウは、角栓取りと毛抜きの「スクラッチピッキー」。
どちらも10月に発売されて、既に現在は品切れ状態の大人気商品になりました!

そして、2007年はこんな物も売れに売れました!
買い物袋の有料化が進む中ヒットしたエコバッグ!
しかし、ただエコなだけではありません!
最近ではオシャレなデザインエコバッグが大ヒットして、なんと銀座の三越にもありました。

一見、ブランド物と見間違えそうなオシャレなバッグ。
これこそ三越オリジナルエコバッグなのです。

株式会社三越銀座店業務推進部マネージャーの秋元保孝さんにお話を伺いました。

秋元さん:全館で約1万枚のエコバッグを販売しております。

実はこのエコバッグ、環境のためというよりビニール袋を持って歩くのが嫌だというマダムに大人気なのです。

▼スタジオでお話を伺いました。
北村さん:フランスパン工房の開発中、豆腐やコンニャクなど、ありとあらゆるものをプレス機に入れてとにかく潰してみたそうです。
その中でパンをプレスしたときに、それがポテトチップスみたいだということに気が付いて、どんなフランスパンがこのお菓子に向いているかを考えて、結局おやつカンパニーは自社にパン工場を作ってしまったんです。

加藤:Wii Fitは流行りそうですね!

北村さん:Wii Fitは今年のクリスマス商戦の目玉の1つですね。

進藤:WiiだけではなくてDSもヒットしましたね。

北村さん:去年から引き続き現在もヒットしているDSは個人で楽しむもの、しかも脳を鍛えるなどのソフトも充実しています。Wiiは家族みんなで楽しんで、身体を鍛えられます。つまり、個人用も家族用も任天堂が網羅してしまっているんです。

2008年ヒット商品大予想!

▼2008年、これは売れる大ヒット予想のキーワードは「やさしいハイテク」。
そして、来年大ヒット間違いなしと予想されるハイテク機器こそが「マルチタッチパネル」!
直接触れることで操作が出来る、音楽プレーヤーや銀行のATMなどは皆さんもお馴染みですよね?

その進化系として登場したのが、「iPod touch」なのです!
2本の指で同時に操作できる点が大きく進化しました。

例えば画面を拡大したいときは、2本の指を使い、開いて拡大、閉じて縮小ができるのです。
今後は、携帯電話やカーナビに応用され、来年のヒットは間違いないと言われています。
そして、このタッチパネルはさらなる進化を遂げようとしています!

開発を行なっているのは、あの日本のシャープ!
シャープの開発しているマルチタッチパネルは拡大したいところで指を置き、そのままスライドすると指を置いたところを中心にググッと拡大できます。
さらには回転の操作も同時に行なえるようになりました。
現在、来年春の量産化を目指して製作中!

そして、来年ヒットが予想される「やさしいハイテク」はこんなところにもありました!
既に今年発売されたチョロQですが、以前のものとは一体どこが違うのでしょうか?
なんと今回のチョロQは、パーツごとにカードになってしまったのです!

遊び方はいたって簡単、3枚のカードを順番に重ねていくことによって、1台のチョロQがあっという間に完成します!
しかも、様々なカードを組み合わせることによって、8,000通り以上のチョロQが作れてしまうのだとか。
このチョロQデッキシステムは発売3ヶ月で35万個以上の大ヒットを記録しました!

そして、それ以上のヒットが期待されるやさしいハイテクおもちゃを発見するため、がっちりスタッフはタカラトミーへ!

株式会社タカラトミー広報課の山田千恵さんにお話を伺いました。

スタッフ:来年ヒットしそうなおもちゃってありますか?
山田さん:はい、ございます!こちらが、ヘリQといいます!

我々の元へ突如飛んできた小さなヘリコプター!
これが噂の「ヘリQ」なのです!
ラジコンヘリというと、操縦も難しく、従来は屋外のみでしたが、このヘリQなら室内で簡単に遊べます!価格もなんと3,465円とお手頃価格なハイテクおもちゃなのです。

山田さん:お父さんも楽しめて、お子様へも買って頂ける。
親子で楽しんで頂ける商品です。

ヒットの牽引役は子どもだけではなく、お父さん達!
やさしいハイテクで親子の心をがっちり掴んで大ヒット間違いなし!

大ヒット予想のキーワードは「1番&1番」

▼続いての2008年、これは売れる大ヒット予想のキーワードは「1番&1番」です!
その1番とは、シルク・ドゥ・ソレイユ!全世界でステージを開催し、総観客数はなんと7000万人!

その専用劇場である「シルク・ドゥ・ソレイユシアター東京」が現在建築中なのです!
さらに大ヒットに拍車をかける要因のひとつが、その建設場所。
それは一体どこかといえば、実はあの東京ディズニーリゾート!
年間2500万人の来場者を誇る、言わずと知れた日本ナンバー1のテーマパークです。
その敷地内にシルク・ドゥ・ソレイユシアター東京が誕生します。

株式会社オリエンタルランド代表取締役長岡彰夫副社長にお話を伺いました。

長岡副社長:ディズニー社から、シルク・ドゥ・ソレイユが日本進出を検討していることを伺い、シルク・ドゥ・ソレイユさん側とビジネス的な交渉を始めることになりました。
交渉の結果、大変ありがたいことに日本への進出が決まりました。

世界トップレベルの劇団と、日本一のテーマパーク!
まさに1番&1番の最強タッグなのです。
1番がさらなる1番へ、これはますます儲かりそう!

そして、もう1つ、大ヒットが予想される「1番&1番」があると聞いてやって来たのが旅行代理店のJTB!それは一体どんなものでしょうか?

株式会社JTB営業企画チームグループリーダーの新井豪さんにお話を伺いました。

新井さん:ドラ旅です!
我々、旅行会社が提供する宿泊、それと高速道路会社さんが提供するETCを利用した割引運賃、これをセットにしたアライアンス商品です。

ここに、高速道路会社とJTBという1番&1番の強力タッグが誕生しました!

これまでのパック旅行は、鉄道や飛行機とホテルがセットになったものが一般的でしたが、ドラ旅は高速道路とホテルがセットになった新しい旅行商品なのです。
そんなドラ旅はオイシイ特典が盛り沢山!
高速道路代金が最大70%割引になったり、おまけに旅行期間中は宿泊地周辺インターチェンジの乗り降りが自由!さらには、無料ガソリン券や無料駐車券も付いてくる特典まであります。
今まであるようで無かった高速道路と旅行の組み合わせで、来年ヒット間違いなし!

▼スタジオでお話を伺いました。
北村さん:来年の舞浜はすごいですよ。
ディズニーランドの横にまた新たなホテルも建ちますし、シルク・ドゥ・ソレイユも来る。
だから、再びディズニーリゾートに注目が集まるのではないかと思います。

加藤:ヘリQは何が進化してこうなったんですか?

北村さん:モーターをすごい小型化して、しかも高性能にしたんです。
そして、電池の持ちもよくなった。
小さな電池で何分間も飛ばせるようになったんです。
でも、そういう難しい部分を全く感じさせないのが素晴らしい。
さらっとしてて、中は奥深いんです。

進藤:では、まだ日経トレンディには載せていない北村編集長が個人的に2008年にこれはくると思ったものを教えて下さい。

北村さん:禁煙グッズですね!
なぜかと言うと、JR東日本は既に全面禁煙になり、タクシーも東京では来年の正月明けから禁煙になる。それが影響して、どんどん禁煙グッズが増えてくると思います。

■放送内容をシェアする

このページの先頭へ戻る

Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.