過去の放送内容

「がっちりマンデー!!」毎週日曜あさ7時30分から

がっちりマンデー!!

過去の放送内容

2007年3月4日放送

特集

ネットビジネス

ゲスト

伊藤洋一さん(株式会社住信基礎研究所主席研究員)、眞鍋かをりさん

■放送内容をシェアする

アフィリエイトの達人 & 仮想界の大家さん

やってきたのは、宮城県。ネットビジネスの達人、加藤義孝さんです。

なんと年間で約1000万円以上儲けているんだとか。
加藤さんが儲けているのは、携帯アフィリエイトなんです。
アフィリエイトとは、自分のホームページ上に、企業やお店の広告を載せて、誰かがその広告を経由して商品を買った場合、お店から、儲けの何%かをもらえるという仕組み。

今や、パソコン上で大人気のアフィリエイトですが、携帯上のネットでやっている人は、ほとんどいないんだとか。
加藤さんはそこに目をつけて大成功したんです!!

成功のポイントは、なんといっても、たくさんの人が見てくれるホームページを携帯にのせること。
加藤さんの場合は、携帯を良く使う若い女性に人気の占いのページを作成。
サイト作りは、一見難しいと思われがちですが、携帯アフィリエイトの自動作成ツール(http://www.office-noah.com/rakuzo/)に興味のあるモノを打ち込むだけで、自動でアフィリエイトのページを作ってくれるんだとか。
これは無料でゲットできちゃいます!!

今、世界中で話題沸騰のビジネスが、日本上陸。
このビジネスでがっちり稼いでいるのが、ネットビジネスの達人、株式会社ジップサービスの新谷卓也さん。

彼が始めた、ビジネスとは、「セカンドライフ(http://magsl.net/)」。
「セカンドライフ」はアメリカのリンデンラボ社が運営する仮想都市空間のこと。
まるでゲームのようにキャラクターを作り、街の中を歩き回ることが可能。モノを作ったり、売ったりすることもできるんです。

そして、「セカンドライフ」の最大の特徴は、ゲームの中でのリンデンドルを実際のアメリカドルに交換できることなんです。

新谷さんは、「セカンドライフ」の中で、土地のレンタルをして、その家賃収入で稼いでいるんだとか。
新谷さんの会社の年商は、他のインターネット関連ビジネスも合わせると実に1億!

ドロップシッピングの達人 & 古本屋さんの古本屋さん

続いて、ネットビジネスの達人、浮城隆さん。

なんと、年収は2000万円以上という。
浮城さんはネット上で、本格インドカレーを売る店(http://www.20curry.com/)を運営。
在庫を一切持たず、ネット上で販売する、「ドロップシッピング」をしているんです。
お客様から注文が入ったら、卸のお店に連絡。
そして、直接商品を発送してもらおうというもの。
つまり、お客さんとお店の間の仲介業というわけ。

一日一時間商品の受注をチェックし、あとは、注文をするだけ。

浮城さんは3年前、脱サラしてネット上で花屋を開業。
しかし、在庫を多く抱えて大失敗。
そんな時出会ったのが、「ドロップシッピング」でした。
直接お店と契約できなくても大丈夫で、お店を紹介してくれるページまであるんです。

続いての達人は、渥美ひろとさん。

彼は、「せどり」という手法で、月50万以上儲けているんだとか。
「せどり」とは、古本屋さんから本を購入して、オークションで売って差額を儲けるというもの。

最近の古本屋さんでは、どんな本でもほとんど同じ値段で売っていることが多いので、掘り出し物を手にやれ易いんだとか。
特に売れる本は、マニア向けや、絶版になったもの、それに、参考書。
参考書は売値が1〜2万は当たり前で、秋山先生の参考書シリーズは5万円で売れるほど大人気なんです!!

川田:ネットビジネスで成功するために、今やっておかなければならないことはなんですか。

伊藤:自分が詳しいと思うことについて、徹底的に追求することです。誰かが必要だと思うことをネットに仕上げていき、その差を取っていくことが必要です。

眞鍋:知識を世の中の人に売っていくための、ツールが多くあると思います。どういう企業がアフィリエイトに参加しているのかなどをうまくピックアップしていく能力だと思います。

■放送内容をシェアする

このページの先頭へ戻る

Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.