過去の放送内容

「がっちりマンデー!!」毎週日曜あさ7時30分から

がっちりマンデー!!

過去の放送内容

2004年12月5日放送

特集

ペットビジネス

ゲスト

野田稔さん・川島なお美さん

■放送内容をシェアする

ペットビジネスは本当に儲かります

突然ですが、みなさんはこんなデータを知っていますか?
実はなんと昨年、ペットとして飼われている猫と犬の数(1922万頭)がついに日本の15歳以下の子供の数(1905万人)を上回ってしまったのです! 

低迷中の日本経済の中で一際元気な産業、ペットビジネス。
その市場規模は右肩上がりで伸び、数年後にはなんと、2兆円に達する勢いなんです!

「ペットビジネスは本当に儲かります」

そう語るのは、自らもペットビジネスを多数手掛ける動物評論家、三上昇氏。
今、ペットに使うお金は年に平均20万〜30万が当たり前。
中には年間40万円以上なんて人もいるとか。
では、人気を二分する犬と猫、ビジネスで儲かるのはどっちなのでしょう?

三上氏「それはワンちゃんです!」
実際に飼われている数を比べてみても、猫が808万頭であるのに対し、犬は1113万頭。
犬が断然多いんです。
さらに猫と違って犬は、散歩やしつけなどで飼い主がいろいろと愛情をかけられる分、お金がかかるのだといいます。

そして、中にはこんな方も…
登場したのは、二匹のワンちゃんをこよなく愛する化粧品会社経営のセレブ、高世愛桂美さん。
さすがセレブ、お部屋もずいぶんきれいと思いきや、何と実はここは高世さんのお部屋ではなく、ワンちゃんたち専用のお部屋だったのです。わざわざ改装したのだとか。

きらびやかな照明、気品溢れる家具、そして壁紙…これらは全て、欧州の名門家具メーカー「リン・ホーリン」で統一されています!
そしてブランドものの首輪やリードはもちろん、タンスの中には二万円近くするオーダーメイドの服がぎっしり!部屋の中を見積もれば、○○○万円では真似できない愛情の使い方です!

次に川田が訪ねたのは、東京・世田谷の玉川高島屋S.C.ガーデンアイランド内にあるペットショップ、DOG&CAT JOKER。
ここは多種多様のペット服やペット用の化粧品や香水などなど、常時2万点を超える商品が並ぶ超人気店なのです!

さらにワンちゃん用のワインまで!
その名も「ワンワン・ヌーボー」(1本460円)。川田も試飲を…

そして店内にはペットの美容室が併設されています。
実はこのペットの美容ビジネスが、これまた儲かるんです!

六本木ヒルズにあるペットショップ、DOG&CAT JOKERは美容エステが大人気!
ここではワンちゃんがイオンスチームをあびながら、植物性のジェルを塗り、肌や毛並みのつやを浴してフケ性も予防するというモイストジェルパックをしています!

そしてお次は全身泥パック。
脂性の肌がさらさら肌に変身するといいます。
ちなみに気になるお値段は、小型犬の場合10分につき2100円。

また渋谷区代官山にあるサロン、VEGAでは、飼い主さんとのセットで始めた犬のネイルが大好評なんだとか!

続いて川田が訪ねたのが、目黒区にあるしつけ教室、ケーナイン・アンリミテッド。
ここではワンちゃんだけでなく、飼い主のマナーからしつけ方まで専門の先生が徹底的にレッスンするという、今注目のビジネスなんです。
受講料金は生後5ヶ月までのパピーコースで7万8750円と少々値は貼りますが、奥様たちはワンちゃんのためなら、とみな真剣。

ますます勢いの止まらないペットビジネスですが、企業も続々と新商品を発売しています!
まずはペット用のウォーターベッド、その名もフランスペット!

さらには運動不足と肥満解消のための犬用歩行器まで登場!

そして30万個販売という大ヒットを飛ばしたタカラの犬用翻訳機、バウリンガル。

これに負けじと玩具メーカーのTOMYも本格的にビジネス参戦!
その商品とは、リモコンを使い愛犬の首から下げたカメラでワンちゃん目線の写真が撮れるというもの。
その名もワンダフルショット!価格は9240円。

リモコンを使い首輪に付けたカメラでワンちゃん目線の写真が撮れる!
タイマーモードを使えば、自分の知らないところでワンちゃんがどんなモノを見ていたのかを楽しむこともできます。
またTOMYでは従来のオモチャの卸しルートを使わず、ペットショップで商品を売るために新たにペットグッズの卸しルートを開拓したんです。

まさにビッグチャンスが眠るペットビジネス。あなたも狙ってみては!?

▼スタジオでもさっそくペットグッズを試してみました。
まず犬用クッキー&ケーキとVTRでも紹介されたワンワンヌーボー。
続いて犬用香水(3800円)と犬用化粧水(4400円)。
2万1000円のグッチレインコートも!
ですがそれだけで驚くなかれ。
ゲストの川島さんの話によると、「わんデレラ城」というお城仕立ての犬小屋があるとのこと。
しかもお値段はなんと75万円!

ゲストの野田さんは、かつてはペットに「癒されたい」という思いでペットを飼う人が多かったですが、最近は核家族化と少子化の影響も受けてか、「世話をしたい」という理由でペットを飼う人が増えているのではないか、と最近のペットブームを分析していました。

▼人気犬ランキング
第1位 ミニチュア・ダックスフント(約17万頭)
第2位 チワワ(約7万頭)
第3位 トイ・プードル(約3万頭)

ペットビジネスに挑む!

▼ペットビジネスに挑む!アイディア一つで大儲け
すごいアイディアで大もうけしているという株式会社カミンの山木博夫社長。
オフィスはかなり狭いようですが、ちなみに年商は?
「年商は2億くらいかな、社員は3人だけど」
社員3名で一体どんなペットビジネスをしているというのでしょうか?
そう、社長は犬猫のひめくりカレンダーで儲けているのです。

これらのカレンダーは現在売れに売れまくっていますが、実は他とは違うあるアイディアでビジネスの成功を掴んだのです。
それは、カレンダーに使う写真は全て一般からの公募ということです!
自分のペットをカレンダーに載せたい飼い主心をくすぐるので、全国から写真が集まるのだそうです。その結果カメラマンも使わないので、写真にかかるコストはゼロなんです!

▼ペットビジネスに挑む!社運をかける若社長
大阪、淀川区の中島宏社長。社長はある業種からペット業界に殴りこみをかけたというのですが…
実は、元々は創業30周年以上を数える服飾会社でした。
数年前に親から受け継いだのですが、ペット服に目をつけて現在ビジネスを展開させているのです。

ペット服ならば新たな設備投資する必要もない上、人間の服に比べて少ない生地でも値段設定は同じ。つまり利益率がとってもいいんです。
販売にはインターネットを使って宣伝費や流通コストを大幅に削減。
また、デザインにも他にはない試みをしているようです。

▼ペットビジネスに挑む! 愛犬と第二の人生!
続いては三鷹市在住の古田弘ニさん。
実は古田さんの仕事は留守宅のワンちゃんを散歩に連れて行く散歩代行屋さんなのです!
料金は一回30分で2500円+出張費。回数が増えれば一回の値段も安くなるとか。
そして散歩が終わればペットの餌の世話もして飼い主に連絡。
このような信頼関係が大事な仕事のようです。
そして気になる年商ですが、古田さんはこの仕事を全国72店舗の規模で展開し、なんと年商は2億円!!

しかし全てが順風満帆ではありませんでした。
8年前某有名会社を脱サラして、長年の夢であった経営者となるものの、自ら立ち上げた事業は大失敗…
そんな時に救ってくれたのが、愛犬「クッキー」の存在でした。
ある時、クッキーと一緒に散歩していると、信号待ちで同じく散歩中のご近所のかたとバッタリ。
「犬って散歩やしつけが大変…」これを聞いて、吉田さんは今のビジネスをひらめいたんだとか。

そして始めた散歩屋さんは徐々にお客さんを集めていき、大好評に!
現在散歩代行業をしているメンバーも、リストラにあった人や、定年を迎えた高齢者の方がほとんど。
朝夕の短い時間で仕事が終わり、自分の時間を持てるということで、第二の人生を送りたい中高年の方々に今とっても人気なんだとか。
 
人も種類も多種多様なペットビジネス、今後も要注目です!!

スタジオにはVTRでも紹介されたルワン3世と新撰組の服を着たワンちゃんと、中島服創のコスプレグッズが並びました。
また川島さんがデザインしたセルブレティードッグウェア「モン・シナモン」とカジュアルバージョンの「クゥ・ドゥ・シナモン」もお目見え。
このようなペットブームは今後ごく当たり前のものになり、ペット産業の競争はますます熾烈をきわめるのではないか、と野田さんはコメントしていました。

ところで、チワワに続いて次にブームが来そうなワンちゃんとは一体何なのでしょうか…?
ペットビジネスに詳しい三上氏によると、それはユンバンチェン(鷹版犬)!

モップみたいに毛がふわふわしている犬なので、手間をかけられるということで逆に人気になるのではないか、とのこと。これから大注目のワンちゃんです!

■放送内容をシェアする

このページの先頭へ戻る

Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.