過去の放送内容

「がっちりマンデー!!」毎週日曜あさ7時30分から

がっちりマンデー!!

過去の放送内容

2004年10月31日放送

特集

新札紙幣がねらい目!・注目の大統領選挙

ゲスト

伊藤洋一さん(株式会社住信基礎研究所主席研究員)・内山理名さん

番組内容

この選挙、アメリカのことで、日本には関係ないと思った人は…甘い!!! アメリカのことは、日本の経済・政治すべてにかんけいするため、日本にとってターニングポイントなのです!

■放送内容をシェアする

今週の儲かる○○ 新札紙幣がねらい目!

11月1日から新札の流通が開始されます。
これによる経済効果は、9600億円といわれ、大いに期待ができそうですが、この影響によるねらい目の株ははっきり言って

ありません。

では、儲けるためには、何に注目するのがいいのでしょうか……。
それはずばり、プレミア紙幣をゲットすること!!!です。
プレミア紙幣とは、

・紙幣ナンバーが1番の1番券
・ぞろ目の揃ったぞろ目券


などのことを言い、普通のお札の何倍もの価値が付きます。
では、今回の新札発行でねらい目のプレミア紙幣は…?
40年コイン業を営む銀座コイン竹内社長によると、「ずばり、『樋口一葉の5千円札』です!」

一体なぜ5千円札なんでしょうか??
今回発行される新札は、全部で50億枚ですが、その内訳は、
千円札:23億枚
5千円札:2万枚
1万円札:25億枚
と、5千円札は他のお札に比べて、発行数が極端に少ないため、1番プレミア度が高いのです。
どのくらいの価値があるかというと、5千円の一番札はなんと20万円に!!
その価値、なんと、40倍!!!

では、どうすればプレミア紙幣をゲットできるのでしょうか。
プレミア紙幣の行き先はわかりません。
ということは、どこかの銀行にあることになります→ 銀行に行けばいい!!
でも、ここで注意!!

朝一番に銀行には行かない
新札はまず、日本銀行の本店から集配センターに届けられ、そこからそれぞれの支店に配送されます。
それが各支店に届くのが、お昼ころになるので、朝に行っても新札はありません。

ATMは使わない
両替用の新札は、ATMよりもそれぞれの銀行の窓口に用意されることが多いです。
なので、新札がほしい人は、窓口で両替をするほうが新札ゲットの確率が高くなるのです。

プレミア紙幣をゲットしたら……。
大切に保管してください!
紙幣は、しわや折れがあると価値がまったくなくなってしまいます。

ところで…私たちが1番券をゲットできる確率は、
なんと90万分の1!!!
かなりの運が必要ですが、試してみてはいかがでしょうか??

ちなみに…、ちなみに今回ゲストの伊藤さんは、ユーロ紙幣解禁時に、ベルリンまで新紙幣を求めにいった大の紙幣フリーク。
ユーロ紙幣の場合は、解禁日の深夜には、ATMに新札が用意されていたので、日本でのプレミア紙幣ゲットの注意点には意外だったようです。

ところで…、今回の5千円札の顔である、樋口一葉さんは、日本初の職業女流作家。
『たけくらべ』『にごりえ』などが有名です。
この樋口さん、20年前にもお札の顔の候補に入っていましたが、当時の印刷技術では、しわやひげのない顔は、偽造しやすいということで候補をはずされていました。
今回、やっと紙幣の顔になれた樋口さん、注目の価値ありです!!

注目の大統領選挙

アメリカの4年に一度の一大イベント、大統領選挙が11月2日に行われます。
結果次第では日本の私たちの生活にも影響があるかもしれません。
ということで、今回の儲かりマンデーはアメリカの大統領選挙に注目しました。

なんといっても、アメリカの選挙は、ハデ・ハデ・ハデ!!!
選挙に使われる資金は、両陣営合わせて11億ドル以上!
日本円で、およそ1177億円にもなります。
なかでも、国民の多くに注目してもらえるテレビCMは大合戦の場、一番お金がかかり、約300億円もの資金を使います。

この選挙、アメリカのことで、日本には関係ないと思った人は…甘い!!!
アメリカのことは、日本の経済・政治すべてに関係するため、大きな影響力を持っています。
そのため、いってみれば、大統領選挙は日本経済にとってもターニングポイントなのです。

実際どのような影響があるかというと…
1980年カーターVSレーガンの選挙で"強いアメリカ"を主張したレーガンが勝利したときには、新政府への期待感から米株が上昇し、その影響で、日本の株式市場も上昇
→日本は好景気になりました。

また、1992年にブッシュVSクリントンの選挙でクリントンが勝利した場合は、クリントンの打ち出した円高ドル安政策と、自動車・半導体を中心とした日本企業への訴訟の影響で、日本経済は大きなダメージを受けました。
このように、だれが大統領になるかということは、日本経済を左右する大変重要なことなのです。

大統領選に注目ということで、スタジオにはたくさんの選挙関連グッズが登場しました。
お互いを動物になぞって風刺したマスコットがあったり、ブッシュのトイレットペーパーがあったり(民主党支持者が使うのでしょうか…)、日本の選挙とは規模も雰囲気も違い、アメリカの選挙はまるでお祭りのようです。

伊藤さんによると、交通網が発達していなかった時代は、選挙をイベント化し、投票率を上げるようとし、その雰囲気が今の選挙にも残っているそうです。
そう、アメリカの選挙はお祭りなのです。

今回の選挙では、ブッシュが勝つのか、ケリーが勝つのか…
そこで、番組では緊急インタビューをしてみました!!

その結果…
・フジマキジャパンの藤巻さん→ブッシュ勝利
どうなる?:ケリーが勝つと株価は下がる
ケリーの所属する民主党は、庶民や労働階級の人たちに優しい政策で、企業よりの共和党から大統領が出るときよりも株価が下がる可能性が大きいそうです。

・歌手で投資家のサンプラザ中野さん→ブッシュ勝利
どうして?:五分五分の場合現職が有利
戦後、現職は9戦6勝と高い割合で再選を果たしています。
それは、国民が政策をよくわかっていて4年間の成績評価をすればいいため、新人より安心感があるようです。

・UFJ総研の山崎さん→(期待を込めて)ケリー勝利
どうなる?:ケリー勝利で石油価格が下がる
石油や武器を扱う企業の多くは共和党を支持しています。
そのため民主党のケリーならこれらの企業に配慮しないため、石油価格は下がるとみられています。

貿易赤字に苦しむ現在のアメリカはがこれを解消するためには、円高ドル安の政策が必要です。
また、前の大統領選の結果を見てみると、株価と選挙の意外なつながりが見えてきます。

たとえば、クリントンやレーガンのように、
再選を果たすと… →ドルがアップ
再選に失敗すると… →ドルはダウン
ブッシュJrの場合、ちょっとだけ株価がアップしました。

・テレビプロデューサーのデ?ブ・スペクターさん→ケリー勝利
なぜ?:ディベートに強い
大統領選挙においてテレビ討論会は、自分のイメージを国民に広く持ってもらう絶好の機会です。
今回の討論会でも、各陣営から自分をよく見せるためさまざまな要望が出されました。

その一例としては、
<ケリー陣営>会場の冷房を強めに入れること
なぜ? → 汗っかきのケリーが汗をかいているのが焦っているように見えないため

<ブッシュ陣営>演説台を低くすること
なぜ? → 背の低いブッシュがひ弱な印象を与えないため

このように選挙では、候補者がどう見えるか、というイメージも大きく影響してくるのです。
この討論会後の調査では支持率がケリー候補のほうがブッシュ候補よりわずかに上回っています。

・世界の投資家ジム・ロジャースさん→どちらがなっても米経済は悪化!?
最後のジムさんは、大胆にもどちらも米経済に悪影響と評価!!

そして、ゲストの伊藤さんはブッシュが少し有利なのでは、と予測しました。
伊藤さんによると、
ブッシュ勝利 → 円安ドル高 (外貨預金をしてる人向き)
ケリー勝利 → 円高ドル安 (海外旅行好きの人向き)

だそうです。

また、儲けるための注目企業は、というとずばり、
ブッシュ勝利 → IT関連企業
ケリー勝利 → 金融関係企業

です!!

これを聞いて、あなたはどんな予想をしますか??
世界に大きな影響を与える、大統領選挙、みなさんも注目していきましょう!!

■放送内容をシェアする

このページの先頭へ戻る

Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.