過去の放送内容

「がっちりマンデー!!」毎週日曜あさ7時30分から

がっちりマンデー!!

過去の放送内容

2004年9月26日放送

特集

成功者に学べ-世界中で儲けた男 大投資家ジム・ロジャース

ゲスト

伊藤洋一さん(株式会社住信基礎研究所主席研究員)

■放送内容をシェアする

世界をまたにかける男、ジム・ロジャース!

世界のカリスマ投資家、ジム・ロジャース!
今から30年前に31歳で株の投資会社を設立、その儲けは10年間でなんと40億円!
そのリターンは驚異の4200%!

今もその行動や言動からアメリカ経済界も目が離せない伝説のカリスマ投資家なのです!
なぜカリスマ投資家が儲かったのか?

▼理由その1…儲かる「業種」を全部買い!
1970年代、低迷していたアメリカの防衛産業株がまだまだ盛り返すと予測。
そしてローキード社などの防衛・電子産業株をまとめ買い!
すると1973年の第4次中東戦争により、購入株は60倍、86倍、90倍になり、大儲け!

▼理由その2…儲かる「国」を全部買い!
なんと世界中をバイクでまわり、株を買いまくって大儲け!
これまで、訪れた国はなんと116カ国!
その国々の経済の動きを自分の目で確かめ、投資する国を決めている。

例えば、オーストラリアでは1984年に金融、製鉄、建設業、機械メーカーなどをまとめて買い、3年後にはオーストラリア株の相場が軒並み500%上昇で、また大儲け!

▼ロジャース氏、その他の偉業
●ガーナ…1990年代初頭、株取り引き合法化の初日にタダ同然の株を購入、その後の跳ね上がりで大儲け!

●アルゼンチン…1990年中頃、巨額の借り入れを始めた時に株を全て売却。さらに、経済危機の前に国外へお金を送金。損失なし!

まさに世界をまたにかける男、ジム・ロジャース!

以前、当番組で来日していたジム・ロジャース氏に経済予報士見習いの川田アナが直撃しましたが、今回は川田アナがニューヨークへ!
大投資家ジム・ロジャース氏に投資の極意を学びます!
そして、ロジャース氏の豪華邸宅に潜入!
大投資家が狙う投資先とは!?投資の極意・その秘密を一挙公開!
あなたにもできるジム・ロジャース流投資法をお教えいたします!

では早速、大投資家ジム・ロジャース邸へ。
マンハッタンのリバーサイド、マンションが立ち並ぶ高級住宅街の一画にロジャース邸があります。
建物全てがロジャース氏の所有物。時価総額は建物だけで12億円!

川田アナ、久しぶりにロジャース氏との再会を果たしたところでロジャース邸を拝見。
さすがは世界の大投資家ジム・ロジャース!
家の中はどこもその名に恥じない豪華な雰囲気が漂っています。
お金持ちには定番のビリヤード台。食卓もお金持ちならではの大きさ!
いたるところに高そうな調度品や食器、絵画などが飾られ、ついでにロジャース氏自身の胸像までありました。さらに屋上は辺りを見渡せるすばらしい眺め!

一体どうすればこんなにすごい生活が送れるのでしょうか?

ジム・ロジャース流・投資で儲ける秘密

▼その1…先を読み、長期に渡って勝負!
実は、ロジャース邸には部屋のあちらこちらに中国語の文字が!?

ロジャースさん:中国語はこれからも最も重要な言葉になります。これから先20年後には中国はすごい成長を遂げるでしょう。ちょうど一昔前の日本と同じようにね。だから娘には今から中国語を覚えてもらうために家政婦は中国の人に来てもらっています。

なんとロジャース氏は最近2歳になったばかりの娘さんに、これから儲かる中国の言葉を今から覚えさせているのです!

そしてジム・ロジャース氏は大きな世界地図のカーペットを見ながら、これから儲かる注目の投資先を教えてくれました!

ロジャースさん:投資するには中国はいいですよ。それからアフリカ、オーストラリアもいい、そしてカナダ。カナダも伸びるでしょうね。あとはボリビア。

ロジャース氏が選んだおすすめの投資先はカナダ、オーストラリア、ボリビア、アフリカなど。
これからは自給自足のできる国々が伸びるのだとか。

▼その2…投資はエクササイズで!
ロジャース氏が普段仕事をしているのは、なんと自宅のジム!

ロジャースさん:エクササイズをやりながら投資をしています。ここから世界にも電話をします。例えば、東京、ブラジル、ロンドン、シドニー。オフィスはあるけれど、まったく使っていない。ほとんどここで投資はやっています。誰にも邪魔されないし、誰も周りで騒いでいない。エクササイズも頭をすっきりさせてくれますからね、最高ですよ!

運動して頭をすっきりさせるのが投資で失敗しないコツなんだとか。

▼その3…自信過剰は厳禁!
川田アナはロジャース氏に高級レストランへ連れてきてもらいました。
ロジャース氏の姿を見かけたリッチなビジネスマン達が投資のアドバイスを求めてきます。
すると「彼女(川田アナ)は有名な日本のジャーナリストですか?」ビジネスマンに声を掛けられ川田アナは有名人扱いにご満悦。
しかし、ロジャース氏は川田アナに釘をさしました。

ロジャースさん:いいですか自信過剰になってはいけません。それが一番危ないのです。投資も一緒で、株価が上がったからと調子に乗ったらそれで終わりです。私は常におびえています。

世界中をまたにかけ、常にリラックスした状態でここぞという時には全部買い。
しかし、どんなに成功しても臆病さを忘れない。
それがロジャース氏の成功の秘密だったのです。

伊藤洋一さん:62か63歳まで生き延びた世界的に有名な投資家・投機家はほとんどいない。みんな有名になると鼻高くし、その瞬間失敗して消えていく。その点ジム・ロジャースは今も現役ですごい。そして彼は株が動く前兆を見分ける才能があり、その才能を育てるためにお金を使っているし自分の足を使っている。彼は儲けることだけが目的ではなく、時代を読むのが好きなのでしょう。

月曜から実践!マンデートライ!
あなたもできるジム・ロジャース流投資法

世界の株を全部買い!明日から簡単にできるジム・ロジャース流投資法はないものでしょうか?
そこで、その名も『オール投資』の編集部がある(株)東洋経済新報社へ。
編集長の山本隆行さんにお伺いしました!

ジム・ロジャース氏のように株を全部買いで儲かる投資法はありますか?
『オール投資』編集長 山本隆行さん:日本の株を全部どっと買っておくのと同じような効果が得られるというモノならばあります。

それが、インデックスファンド!

インデックスファンド…東証株価指数(TOPIX)や日経平均株価、日経株価指数300など株価指数(インデックス)と連動するように組み入れ銘柄を選び、常に市場平均並みの運用成果を上げることをねらった投資信託(ファンド)。つまり、市場で取り引きされている株を全部買っているファンドのこと。

ちなみに投資信託(ファンド)とは…証券会社などが投資家からお金を集めて、運用会社(=投資信託会社)がそれを元手に運用する金融商品のこと。運用のプロであるファンドマネージャが、投資家から集めた資金を増やすために運用方針を決め、株式や債券に投資することで得た収益を分配金として投資家に還元していきます。

もし、東京証券取引所のインデックスファンドを1万円買えば、日本の株を少しずつ全部まとめて買ったことになるのです。しかもインデックスファンドは初心者向き。

山本さん:新聞を見てこれから日本の景気が拡大していくなあとか、これによって景気が落ちていくなあっていう、日常感覚でだいたいの方向性は当たるんです。

竹中大臣もしきりに勧めていた、ETF(株価指数連動型上場投資信託)もインデックスファンドの一種なのです。
そして、インデックスファンドは世界中の市場ごとにあります!

山本さん:インデックスファンドは世界で300銘柄くらい出ているのです。特にヨーロッパでは増えていまして、その国がおもしろいとその国のファンドを買うという方法もあります。

そう、日本にいながら世界の株式市場の株をまとめ買いすることが可能!
まさに世界の大投資家ジム・ロジャース式!

インデックスファンドは、どこの証券会社でも簡単に買うことができます。
そして販売手数料も他のファンドに比べて割安!

あなたもインデックスファンドでジム・ロジャースを目指してみてはいかがですか?

伊藤さんから教えていただいたインデックスファンドの儲ける秘訣…日本ではなく世界を見る!

伊藤さんから教えていただいた儲かるインデックスファンドとは…インド!
今年1月にインドに行ったら混沌としていた。しかし、経済成長はすごい!

儲かりベストテン

1位:儲かるIPO
2位:お得な田舎暮らし
3位:この夏何が儲かった?
4位:着うたブーム!
5位:儲かる国債
6位:勉強でマイルをゲット!
7位:ついに登場!株マンガ!!
8位:お得なレンタルサービス
9位:儲かる焼酎
10位:住宅ローンで得をする

今回は4位と7位をとりあげました。

▼4位:着うたブーム!
音楽業界を揺るがすスゴイ数字が!
"大塚愛の『さくらんぼ』が着うた初100万ダウンロード"など。
そう今、音楽業界から熱い注目を浴びている"着うた"

着メロ…電子音でメロディのみ再生
着うた…CDと同じ音質の歌詞入りのメロディーを携帯電話にダウンロードし着信音に設定できるというもの

着うたは2002年12月のサービス開始以来、昨年1年間で約5000万回ダウンロード。
市場規模は50億円に!

さらに2004年には、なんと倍の100億円以上に膨れ上がると予測されているのです!
ものすごい勢いで儲かっている"着うた"市場。

しかし、なぜこんな急激に成長したのでしょうか?

通信ジャーナリスト 神尾寿さん:着メロに対抗するためにレコード会社が積極的に参入しているのです。

実は、電子音でメロディだけで奏でる着メロは作曲者にしか印税が入ってきません。
そのため、メロディだけの着メロは、いかにたくさんダウンロードされようが歌手にも作詞家にも当然レコード会社にも1銭も入ってこないのです。

一方、着うたは音源がCDと同じなので曲に関わる全員に印税が入ってきます。
つまり、作曲者も儲かる、作詞者も儲かる、歌手も儲かる、そしてCDの原盤を持っているレコード会社も儲かる!

だからレコード会社が積極的に参加!

その上…着うたを着信音としてではなく、買いたい曲の試聴のためにダウンロードする人も増えているとのこと。
CD売上不振に嘆くレコード会社にとって"着うた"は利益だけではなく、宣伝効果がとても大きいのです。

神尾さん:例えば、新譜が出る前に着うたで先行的に曲を出したりとか、CD化される予定のない曲をまずは着うたで出してみて、着うたの売れ行きがよかったらCDでプレスする。

音楽業界の新たな儲かりアイテム"着うた"は今後もっともっと儲かっちゃいそうですよ!

▼7位:ついに登場!株マンガ!!
ついに株がこんなところにまで進出しました!それは…少年マンガ!
今年7月から連載開始の(株)講談社 週刊少年マガジン『M・I・Q』(原作:マスヤマコム 漫画:浅井信悟 構成協力:冨田かおり)は「これからは、マネーのIQだ!」そう断言する破天荒な教師・黒場の出す様々な問題を生徒たちが解きながら株を学んでいくというストーリー。
少年マンガとは思えないほど専門用語が飛び交う本格的な内容。
さらにマンガの最終ページでは、株の基礎知識はもちろんデイトレードの仕組みなどもわかりやすく解説!

しかし、一体なぜ少年誌で"株"を題材にしたマンガを始めたのでしょうか?

『M・I・Q』原作者:マスヤマコムさん:新しい時代の「読み」「書き」「そろばん」に変わるものは何かと思ったときに、「コンピューター」「英語」「お金の知識」だと思ったんです。「コンピューター」「英語」は教えられている場所はたくさんありますよね。でも「お金の知識」だけはあんまり教えられてなかったので、マンガとかゲームとかわかりやすい形で知識を広めたかったんです。

■放送内容をシェアする

このページの先頭へ戻る

Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.