過去の放送内容

「がっちりマンデー!!」毎週日曜あさ7時30分から

がっちりマンデー!!

過去の放送内容

2004年4月4日放送

特集

千鳥足理論とは

ゲスト

堺屋太一さん

■放送内容をシェアする

千鳥足理論

千鳥足理論とは、株価は短期的には上がるか下がるか五分五分になるという理論。
その株価の動きをグラフにすると、酔っ払いの千鳥足に似ていることからそう呼ばれるようになった。
正確な情報を得るには、長期的に物事を見ることが大切。
堺屋さんは30年単位で統計を出しているようです。

▼日本人の投資に対する意識
日本人とアメリカ人の資産を比較してみると、日本は圧倒的に株所有率が低い。

●日本
現金・預金 55.9%
保険・年金等 30.5%
その他 3.9%
株式等 9.7%

●アメリカ
現金・預金 12.4%
保険・年金等 39.7%
その他 3.0%
株式等 44.9%

つまり、日本人はアメリカと比較して、資産運用に対する意識が平均的に低い。
とはいいながら、堺屋先生は実際には株より預金の方をたくさんされていらっしゃるようです。
株ばっかりになってしまうと毎日気になってしまうからなんですって。

▼底で買うな!天井で売るな!
株価が1番高いところで売ろうとすると、売りそこなってしまってしまうことがある。
同様に1番安いところで買おうとすると買い時を失してしまうという投資の格言。
これくらいかな?と思えるところで売ったり買ったりできる気持ちの余裕が大事なのかもしれませんね。

儲かりベストテン

1位:新札発行
2位:ニュージーランド
3位:週末起業って何?
4位:マイラー急増中
5位:ロシアの謎の大富豪
6位:大ブームミニ株
7位:80万が1億に!
8位:葉っぱの村の謎
9位:離婚は3年後が得
10位:主婦が月収700万円!

放送では6位と7位と10位を取り上げました。

▼6位:大ブームミニ株
従来の株式は取引単位が大きく高額な投資資金が必要でした。
それが、ミニ株(株式ミニ投資)という取引形態の導入によって、従来の取引単位の1/10の株数で買えることが可能に。
数万円で買える銘柄も中にはあります。

今回はミ二株成功者として東京都在住の山本有花さんに取材。
山本さんは4年前に数社に10万円投資。
1年後に8万円ほどの利益を得たことからさらにその後投資を拡大し、現在では225万円を超える儲けが!

山本さんのミ二株必勝法は…?
「その儲かった分をすぐに銀行から出してしまうのではなく、他の株を買うなどして運用していくこと。」だとか。

▼7位:80万が1億に!
埼玉県在住のイラストレーター小泉鉄造さんに経済予報士見習い川田亜子が取材。
その1億円の儲けの秘密は…ズバリ中国株!
それでは、なんで中国株がそんなに有望なのか、どうやって小泉さんが80万円を1億円にしたのか、その理由は…?

理由その1 中国経済が元気!
中国のGDP成長率はここ10年間で世界1位の成長率。
さらに2008年北京五輪、2010年上海万博を控え、今後、かつての高度成長期の日本以上の経済成長が見込まれている!

理由その2 驚異の高配当!
配当=株主に企業が分配する儲け分

日本の東証1部の場合、配当利回りが1%程度なのに対し、中国株は中には配当利回りが4%以上!の株も数多くあります!

理由その3 「元」切り上げ!?
切り上げとは、通貨の国際的価値が上がること。
今は為替レートがドルに固定されている中国の通貨「人民元」。
この「元」が近い将来切り上げされる可能性が高いのです!
実は70年代の日本でも「円」の切り上げが行われています!
当時日本では「1ドル=360円」と固定されていました(固定相場制)。
しかし、73年「円」が実質的な切り上げ(変動相場制)へと移行。
その直後、「円」の価値が沸騰したという経緯があったのです!
この「通貨切り上げ」が近々中国で起こり、「元」の価値が急沸騰すると予想されています。

▼10位:主婦が月収700万円!
静岡県在住の園田正代さん。ご自身で3人のお子さんを育てながら、月収700万円!
その秘密は「ネットショップ」!

ある日園田さんが使いやすい「だっこひも」を海外のネットショップで発見し、「これをみんなにも紹介したい!」と思ったことがきっかけで、ご自身でネットショップを開店。
そして評判が評判を呼び、いまでは月収700万円の大成功。
アイディア次第で成功することの出来るネットショップ。
その市場は、昨年度は3兆円、今年は4兆円になるとの予想も!

■放送内容をシェアする

このページの先頭へ戻る

Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.