(毎週変わるイメージ画像)

(ひとしくん)

バックナンバー

毎週土曜日 よる9:00から放送

バックナンバー

第1504回
絶景ハンティングジャーニー
ミステリーハンター インド洋の色を撮る!

2019年2月16日 夜9時〜

イメージ

依吹 怜(いぶき れい)

東京都出身。順天堂大学スポーツ健康科学部卒業。モデル、レポーターとして活躍中。資格/小学校教諭二種免許状、中学・高等学校教諭一種免許状(保健体育科)、特別支援学校教諭免許状。特技はバレーボール、鉄棒(大車輪)。
ミステリーハンターは今回で3回目。

大西洋と太平洋の間に広がる紺碧のインド洋。セーシェル、モルディブなど美しいビーチリゾートや絶景の宝庫です。そんなインド洋で今回、ミステリーハンター・依吹怜さんが追ったのは極彩色に溢れる色の世界!一体どんな旅に?

オーストラリア領・クリスマス島
真っ赤なアカガニの王国へ?

ロケに行く前、クリスマス島の写真を見た時は「嘘でしょ!?」と思いました。赤ちゃんがアカガニに囲まれて笑っている写真で、一体どうしてこんなところで笑顔なのかと。あまりのカニの数に、私は少し気持ち悪いほどだったんです。それがいざクリスマス島へ行って取材を始めたら、カニは襲ってくるわけではないし、すごく大切に卵を守りながら、産卵のために普段暮らす森から、遠く離れた海を目指していて…。

(イメージ)

「カニに対する気持ちがこんなに変わるのかと自分でもビックリ!
 結局私も、たくさんのカニの中で笑いながら写真を撮っていました!」
(依吹さん)

車に乗っていても初めは「こんなにカニがいてどうやって進むの?」と焦りましたが、そのうちに車がカニを避けるのも、道にいるカニを掃き分けるのも上手くなるんですよね。道路を境に森側と海側に分かれるから、産卵のために森から海へ向かうカニを、森側に掃いてしまうとすごく抗ってくるんです。だから卵のある無しで「はいはいあなたはこっち、あなたはあっちね」と見分けるのにもすっかり慣れました。

(イメージ)

帰国後は道路に落ち葉があっても「あ、カニかな?」と思う後遺症(?)が!

(イメージ)

波と共に卵がファーっと海へ流れる産卵の様子は本当に神秘的だそう

16000以上もの島々からなるインドネシアへ
待っていた絶景は白、黒、黄金色!

インドネシアにこれほど色鮮やかでフォトジェニックな絶景ポイントがあることも、そこにとてもたくさんの人が集まっていたのにも驚きました!一眼レフやケータイのカメラ、自撮り棒もほとんどの方が持っていますね。みなさん本当に写真をよく撮るし、SNSにアップして、その勢いや広がり方は衝撃的なくらいでした!

(イメージ)
(イメージ)

前回の放送内容

(前回のミステリーハンターイメージ)

2019.3.16(土)

日本人の知らない 台湾・桜物語

ミステリーハンター

傳谷 英里香(でんや えりか)

ミステリーハンター・傳谷英里香が桜ブームに沸く台湾へ
桜の名所を巡り桜にまつわる物語に迫る

→オフショットはこちら
→ミステリーハンターインタビューはこちら

◆3月16日更新しました◆

→追加情報はこちら


外部サイトへリンクします

今週のプレゼント

イメージ

台湾カカオ100%のチョコレート
&クリスタルヒトシ君

応募締切:3/23(土)20:59

※当選は発送をもってかえさせていただきます。

オリジナルグッズ

イメージ

マンガ世界ふしぎ発見!奪われたノーベル賞/書籍

本体価格1,200円
その他商品も販売中!!