TBS EVENT INFO

ミュージカル スクルージ  〜クリスマス・キャロル〜

写真:ミュージカル スクルージ  〜クリスマス・キャロル〜

市村正親のスクルージが帰ってくる! クリスマスにお届けする、愛と感動のミュージカル。

»チケット購入はこちら

当日券販売のご案内

開演の60分前より日生劇場1階ホワイエ・ホリプロ受付にて、抽選方式にて販売いたします。

※各公演回の開演60分前に日生劇場正面玄関の所定位置にご集合のお客様全員に抽選に参加する権利がございます。
※抽選はお一人様1枚の抽選券を引いていただきます。引いていただいた抽選券の番号順に当日券の販売をいたします。
※抽選券1枚につき当日券1枚のご購入となります。
※当日券がなくなり次第、キャンセル待ちの整理券を配布いたします。
※キャンセル待ちの整理券は規定枚数に達し次第配布終了いたします。
※キャンセル待ちをしていただいてもチケットをお求めいただけない場合がございます。
あらかじめご了承くださいませ。
※開演60分前のご集合時間を過ぎてご来場のお客様は、抽選販売後に残席がある場合に限り販売をいたします。
※お支払いは現金のみとなります。

メディア情報

◆TBS系「人生最高レストラン」
12月7日(土)よる11:30〜
https://www.tbs.co.jp/saikourestaurant/

“食”の話題から、ゲストの人生を深掘り、素顔に迫る!
ゲスト:武田真治

是非ご覧ください!

世界で一番、クリスマスを嫌う男、スクルージ!

★英国の国民的作家チャールズ・ディケンズの名作『クリスマス・キャロル』を 原作にしたクリスマスシーズンのファミリーミュージカルの決定版的作品!

★スクルージ役の市村正親は、本作品で1994年の初演以降、95年、97年、99年に主演し、97年の再演時には、松尾芸能賞演劇優秀賞受賞。

★誰もが知っている、ファンタジーに溢れた心温まる物語。
キャスト全員で歌う ♪Thank you very much のヒットナンバーが、ミュージカルだからこその歓喜のシーンとして大いに盛り上げる。

★2013年、15年には、市村正親の下に強力なキャストが集結し、赤坂ACTシアター にて待望の再演を果たし、好評を博す。そして2019年、4年ぶりに、あの市村正親スクルージが帰ってくる!
クリスマスイヴの夜に、最高の奇跡が起こる!?

開催概要

公演会期:2019年12月8日(日)〜12月25日(水)
日生劇場
チケット料金:S席11,500円、A席6,500円(全席指定・税込)
主催:TBS/スポーツニッポン新聞社/ホリプロ
企画制作:ホリプロ
上演協力:劇団ひまわり
お問合せ先:03-3490-4949 (平日10時〜18時/土 10時〜13時/日祝 休)

スケジュール

<スペシャルカーテンコール開催決定!>
★12月11日(水)18:00
★12月17日(火)18:00
★12月24日(火)18:00
上記終演後にスペシャルカーテンコールを実施いたします。
内容は当日までのお楽しみ!ご来場のみなさんで一緒に盛り上がりましょう!

ストーリー

19世紀半ば。クリスマス・イブのロンドンは街中に讃美歌が流れ、陽気な賑わいをみせていた。
強欲な商人であるスクルージ(市村正親)の仕事場は、そんなムードとはおよそ関係がない。
唯一の忠実な職員ボブ・クラチットは、スクルージに安い給料で雇われ、クリスマス休暇も1日だけ。
スクルージは家路に向かいながら、借金の催促を忘れない。
「貧乏人は救貧院に入るか、死ぬか、勝手にしろ!そうすれば人口増加が抑えられる」と彼は言う。
自宅 へ帰ると、7年前に死んだはずの共同経営者マーレイの亡霊が現れた。
「今夜クリスマスの精霊が訪れる。3番目の精霊こそお前の唯一の救いとなろう」と言って姿を消した。
夢に違いないと彼は思ったが、指定の時間になるたびに精霊が現れ、彼をさまざまな場所へ誘った。
精霊たちに過去や未来へ連れて行かれ、思い出や衝撃的な運命までも突き付けられてたスクルージは、
次第に改心していく。ベットの上で目を覚ましたスクルージは、慌てて時計を見た。
…クリスマス・イブはまだ終わっていない!
家を飛び出し、七面鳥を買い、おもちゃを用意してクラチット家へ急ぐ。
ボブには休暇を十分与え給料も上げた。町の人々へたくさんのプレゼント。
感謝の言葉「Thank you very much」がスクルージにもたらしたのは
喜びと悲しみを分かち合う素晴らしさに満ちた笑顔だった。

キャスト

エベネザー・スクルージ……市村正親
ボブ・クラチット……武田真治
ハリー/若き日のスクルージ……田代万里生
イザベル/ヘレン……実咲凛音
トム・ジェンキンス……畠中 洋
ジェイコブ・マーレイ……安崎 求
過去のクリスマスの精霊……愛原実花
フェジウィッグ夫人……今 陽子
現在のクリスマスの精霊……今井清隆
ほか

スタッフ

原作……チャールズ・ディケンズ
脚本・作曲・作詞……レスリー・ブリカッス
演出……井上尊晶
訳詞……岩谷時子
音楽監督……鎮守めぐみ
振付……前田清実
美術……横田あつみ
照明……塚本 悟
音響……山本浩一
衣裳……スー・ウィルミントン
衣裳コーディネート……沼田和子
ヘアメイク……佐藤裕子
指揮……森 亮平
演出助手……坂本聖子
舞台監督……中村貴彦
技術監督……小林清隆

こちらもオススメ!

サイトポリシー著作権とリンク個人情報について

Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

Back to PAGETOP