インタビュー|日曜劇場『ブラックペアン』

INTERVIEW

loading......
花房美和
 葵わかなさん
Q. 新人看護師・美和を演じる上で意識していることは?
最初に監督から「新人感を大事に」と言われたのですが、今の自分が一番感情移入できるキャラクターだなと感じました。美和はやる気はすごくあるし、看護師として人を助けたいという思いも持っているんですが、いつも空回りしてしまってあまりうまくいかないんですよね。緊迫した手術室の様子を目の当たりにして、きっと自分が描いていた理想と現実のギャップに戸惑っている部分もあるんじゃないかと思っています。そういうところは、研修医の世良先生とも重なるところがあるなって。でも世良先生は現実と理想の壁を越えようと必死に食らいついているのがすごいと思います。そんな世良先生に感化されて、美和の中にも眠っている責任感が少しずつでも出てきたらいいなと思います。医療ドラマに出演するのは初めてなので本当に分からないことだらけなのですが、たくさんの先輩たちもいらっしゃるので美和と一緒にいろんなことを学んでいけたらと思っています。
Q. 撮影が始まる前に準備したことはありますか?
オペナースの方が買う専門誌があるんですが、それを取り寄せて読んでいました。女性が見るからか、イラストが入ってたりしてかわいいんです。器械出しの早わかり表とかにイラストが入ってたり、すごく分かりやすかったです。きっと美和ちゃんも読んでるだろうなと思って、そういうところから入りました。
Q. 手術シーンはいかがですか?
医療監修の先生が現場で指導してくださるので、習った通りに動くという感じです。私が先生から指導を受けるのは「器具の出し方に気をつけてください」ぐらいなんですけど、二宮さんや竹内さん、小泉さんたちは縫合も手際がすごくって、「今教えてもらったばっかりなのに、なんでこんなにちゃんとできるんだろう」と見ていてびっくりしました。猫田役の趣里さんもすごいです。一度、本番中に紐を結ぶときの長いハサミから針が外れてしまったことがあったんです。関係のない私ですら「外れちゃった!どうするんだろう」ってワタワタしていたのに、趣里さんは普通にさっと針を取って何事もなかったようにしていて「すごい!カッコいい!」と思いました。手術室での皆さんの動きには、毎回感激しています。
Q. このドラマを見る人にどんなことを感じてほしいですか?
医療の世界ってどこかベールで包まれているような印象もありますが、このドラマを通してそういう部分を少しずつひも解いていけたらいいなと思います。誰が合っていて誰が間違っているとかではなく、人の命を助けたいという理想や思想が交差していくのが怖さでもあり、ハラハラする部分だと思います。また渡海先生をはじめ、皆さんとてもかっこいいので、そこも楽しんでいただけるんじゃないかなと思います。美和としては学ぶ姿勢を大事にして、最終回までに先輩の仲間入りできる日が来ると信じて頑張ります!
  • あらすじ
    STORY
    »
  • 原作
    ORIGINAL
    »
  • 監修ドクターが解説 “片っ端から、教えてやるよ。”
    INFORMATION
    »
  • 医療用語 重要ワード解説
    »
  • インタビュー
    INTERVIEW
    »
  • 現場REPORT
    by. WEB STAFF
    »
  • 新時代の心臓手術─ロボット手術とは?
    ROBOT
    »
  • WEB動画リスト
    VIDEO LIST
    配信は終了しました
  • 放送後30分限定プレゼントクイズ
    PRESENT
    »
  • エキストラ写真館
    EXTRA GALLERY
    »
  • エキストラ募集
    EXTRA
    »
  • 番組オリジナル壁紙
    »
  • ミシュラン × ブラックペアン コラボレーション
    COLLABORATION
    »
- 各サービスのサイトへ移動します -
Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.