ニュース

団体、個人とも日本が制す 馬術・26日

8月26日(日)16時55分

総合馬術最終日は障害飛越が行われ、前回銀メダルの日本(弓良、平永、北島、大岩)が2大会ぶりに金メダルを獲得した。
個人は大岩義明(nittoh)が3大会ぶり2度目の優勝を果たした。いずれも乗馬ククレインに所属する北島隆三は4位、弓良隆行は5位、平永健太は7位だった。(共同)

このページのトップへ

Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved. 写真:フォート・キシモト