ニュース

西藤、敷根らメダル届かず フェンシング・21日

8月21日(火)19時58分

 フェンシングの男子フルーレ個人でともに1次リーグを突破した西藤俊哉(法大)は決勝トーナメントで初戦の2回戦も台湾選手に勝ったが、準々決勝で張家朗(香港)に3—15で敗れ、敷根崇裕(法大)は初戦の2回戦でシンガポール選手に屈し、メダルに届かなかった。
 女子エペ個人でともに1次リーグを通過した大石栞菜(山九)は初戦の2回戦でタイ選手に勝ち、準々決勝で韓国選手に屈した。
古俣潮里(本間組)は初戦の2回戦でシンガポール選手を下し、準々決勝で中国選手に敗れた。(共同)

このページのトップへ

Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved. 写真:フォート・キシモト