コンテンツへジャンプ

ここからコンテンツです

こちらはTBSアニメ「009-1」HP、特集・特別記事のページです。


特集・特別記事


●009-1制作日誌 #14

皆さま、こんにちは!!毎度、制作日誌担当のOです。 先週、TBSでのオンエア最終回に伴い、終了宣言を出してしまったので、「あれ?」と思われたかたも多いかと思いますが、 有難い(ちょっと信じられない)ことに、継続を望む声が聞かれましたので、まだまだ続けていきたいと思います。
では、今日も早速初めましょう!!

…といっても、本編についてはおおむね見どころなどは既にお伝えしてしまったので、今後は設定的なものをご紹介していく予定です。

今回はMission:1「潜入者たち Infiltrators」のキャラクター設定について、ご紹介していきたいと思います。

右の設定は、ミレーヌが始めて服をきて出てきたシーン(初登場はシーツ一枚の素っ裸でしたからね…(笑))の設定です。ミニスカートにマフラーという、懐かしい匂いがする中に、菱形の模様という近未来的の要素も取り入れた、非常にセンスある設定になっています。

右の設定は、教会地下室での、ミレーヌと9?3(ナインスリー)、9?4(ナインフォー)の設定です。9?3は知的な印象の服装、 9?4はボーイッシュな服装と、それぞれの性格や特徴がファッションにも反映されており、とても興味深いものになっています。
ちなみに、本当はこの場には9?7もいましたが、神父の姿に化けていましたね。




右の設定は、1話の敵であった、イワン・ゴドノフとリュドミラ・ツンドラーの設定です。 リュドミラは強烈なキャラでしたので、印象に残っている方も多いかと思います(笑)。 二人とも、見たままがこれぞ悪役という、相応しい服装になっていますね(笑)。






右の設定は、Dr..ソユーズと、猿(サイボーグエイプ)です。猿の首にはデータをやり取りするインターフェースが付いていました。






下の設定は、瞬殺の憂き目に遭ってしまったイーストブロック警備兵です。






さて、こうして改めてみてみると、一つ一つのキャラクターの細かい服装、設定にも作品へのこだわりが発見できますね~。では、引き続き次回の製作日誌もお楽しみに!!


ページのトップへ

メニュー


コピーライト

©石森エンタテインメント/Project 009-1TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.