赤坂大歌舞伎「怪談 牡丹燈籠」

2020年5月5日(火・祝)〜24日(日)

チケット購入

因果の糸 恋と欲望 人間の業

十八代目中村勘三郎の「芸能の街・赤坂で歌舞伎を!」という一言から2008年にスタートし、誰にでも親しみやすい演目で幅広く人気を博してきた名物シリーズ。
2013年からは中村勘九郎、中村七之助兄弟が 亡き父の遺志を継いで公演を続け、進化を遂げてきた。
今回は、7年ぶりに中村獅童も加わり、三大怪談 噺と呼ばれる人気作「怪談 牡丹燈籠」に挑む。
赤坂大歌舞伎では、原作の三遊亭圓朝による?編落語の面白さを再発掘し、新たな解釈や、これまで歌舞伎公演で描かれなかった登場人物にも注目。
男女の愛憎、富を手に入れ狂い出す人生、忠義ゆえに企んだ仇討ち・・・情事とサスペンスまでもが絡み合い、人間の煩悩や本質を、歌舞伎の醍醐味満載でお届けする。
脚本・演出の源孝志をはじめ、日本の演劇界を代表するクリエイター陣と、歌舞伎界を担う人気役者が作り上げる、新しい「怪談 牡丹燈籠」に、ご期待ください!

お知らせ

2020.04.01
公式サイトを公開しました!

公演概要

赤坂大歌舞伎「怪談 牡丹燈籠」

日程:
2020年5月5日(火・祝)〜5月24日(日)
会場:
TBS赤坂ACTシアター アクセス

出演者

  • 写真

    中村獅童

  • 写真

    中村七之助

  • 写真

    中村勘九郎

  • 写真

    木場勝己

  • 写真

    山口馬木也

スタッフ

脚本・演出:
源孝志 プロフィール
音楽:
阿部海太郎
美術:
堀尾幸男
照明:
服部基
音響:
井上正弘
衣裳:
前田文子
演出助手:
河合範子
舞台監督:
足立充章

あらすじ

時は江戸時代。旗本・飯島平左衛門(山口馬木也)の妾・お国(七之助)は、隣の屋敷に住む宮辺家の放蕩息子 源次郎(獅童)と密通し、共謀して家督乗っ取りを企てる。
2人は平左衛門を殺害するが、平左衛門の忠僕・孝助(勘九郎)に悪事がばれて江戸を出奔。
孝助は、主の仇討を誓う。
一方、平左衛門の美貌の一人娘・お露(七之助)は、医者の山本志丈(木場勝己)の紹介で、若侍・萩原新三郎(勘九郎)と運命的に恋に落ちるが、身分違いゆえに引き離され、恋人に会えぬ苦しみから焦がれ死んでしまう。
想いが強く成仏できないお露は、幽霊となって毎夜、新三郎の元に通い逢瀬を重ねるが、それを覗き見した新三郎の下男・伴蔵(獅童)に幽霊である事がばれてしまう。
仏像とお札の効果で新三郎に会えなくなり困り果てたお露は、伴蔵とその妻お峰(七之助)に、ある取引をもちかけるが…

スケジュール

 
5月5
(火)
6
(水)
7
(木)
8
(金)
9
(土)
10
(日)
11
(月)
12
(火)
13
(水)
14
(木)
15
(金)
16
(土)
17
(日)
18
(月)
19
(火)
20
(水)
21
(木)
22
(金)
23
(土)
24
(日)
11:00             
13:00        
15:30              
17:00                   

S席 13,500円 A席 8,000円 B席 4,000円 全席指定・税込 未就学児の入場不可

イヤホンガイド同時解説:イヤホンガイド貸出有

主催:
TBS/松竹株式会社/BS-TBS/TBSラジオ
企画協力:
ファーンウッド/ファーンウッド21
製作:
松竹株式会社
お問合せ:
サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(平日正午12時〜18時)

PAGE TOP

video