2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™

出場国・地域情報

プールA国旗台湾世界ランク4位

主な国際大会成績

WBC
  • 2006年1次R敗退
  • 2009年1次R敗退
  • 2013年2次R敗退
オリンピック
  • 1992年バルセロナ銀メダル
  • 1996年アトランタ予選敗退
  • 2000年シドニー予選敗退
  • 2004年アテネ5位
  • 2008年北京5位
世界野球
  • 2015年1次R敗退

主な日本との対戦結果

2016年 強化試合 ● 3-9 フル代表
2016年 強化試合 ● 0-5 フル代表
2013年 BASEBALL CHALLENGE ● 0-1 フル代表
2013年 BASEBALL CHALLENGE ● 2-4 フル代表
2013年 BASEBALL CHALLENGE ● 2-4 フル代表
2013年 WBC(第2R) ● 3-4 フル代表
2012年 東日本大震災復興支援BM ● 2-9 フル代表
2008年 北京五輪(予選L) ● 1-6 フル代表
2007年 北京五輪予選(決勝L) ● 2-10 フル代表
2006年 WBC(第1R) ● 3-14 フル代表
2004年 アテネ五輪予選(決勝L) ● 3-4 フル代表
2003年 アテネ五輪予選(決勝L) ● 0-9 フル代表

MEMO

2013WBC、日本との死闘で野球人気が再熱!

前回大会のWBCでは、同組の韓国を押しのけ番狂わせで2次ラウンド進出!
2次ラウンド日本戦では、8回まで日本をリードし、窮地に追い込んだ。この試合で激闘を演じたことにより国民の野球に対する注目度が一変。
低迷しかけた野球人気が再熱した。

日本球界から3人が選出

日本でプレーする3選手が代表登録された。
千葉ロッテ投手の陳冠宇(チェン・グァンユウ)、西武ライオンズ投手の郭俊麟(カク・シュンリン)、楽天イーグルスに今年から育成選手として加入した投手の宋家豪(ソン・チャーホウ)。台湾のヒーロー巨人の外野手・陽岱鋼は辞退を表明。
また、昨季カンザスシティ・ロイヤルズに所属していた王建民投手を、WBC台湾代表の予備投手枠に登録。
前大会で日本代表を6回無失点と大いに苦しめた、台湾が生んだアジア最強右腕が、再びWBCに出場する可能性が出てきた。

注目選手

写真

台湾代表左のエース

陳 冠宇(チェン・グァンユウ)
千葉ロッテマリーンズ
26歳投手左/左179cm/75kg
16成績 7試合 1勝1敗 24.2回 23三振 防4.01

変化の大きなスライダーを武器とする台湾のエース左腕。
15年に行われた第1回WBSCプレミア12に台湾代表として出場。

写真

U-21で日本を苦しめた最速153キロ右腕

郭 俊麟(カク・シュンリン)
埼玉西部ライオンズ
25歳投手右/右175cm/70kg
16成績 12試合 0勝3敗 22.1回 20三振 防8.46

14年秋の21Uワールドカップ決勝で日本戦に先発で登板、7回無失点の好投で優勝に導く。
大学時代でストレートの最速は153キロを誇り、変化球を得意としている落差の大きいチェンジアップ、スライダーカーブ、ツーシームがある。

写真

台湾屈指のスラッガー 15年にはトリプルスリー達成

林 智勝(リン・チショウ)
千葉ロッテマリーンズ
35歳内野手右/右183cm/100kg
16成績 104試合 打率.337(401-135) 34HR 107打点

2008年北京五輪出場。WBCには06年、13年、17年出場。
2015年世界野球プレミア12にも出場。
本塁打王3回(09年、10年、12年)最多打点:1回(10年)、MVP:1回(15年)。15年台湾球界初のトリプルスリー達成。

※外部サイトに移動します

写真:SAMURAI JAPAN/Getty Images
Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

トップへ