2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™

出場国・地域情報

プールD国旗プエルトリコ世界ランク12位

主な国際大会成績

WBC
  • 2006年2次R敗退
  • 2009年2次R敗退
  • 2013年準優勝
オリンピック
  • 1992年バルセロナ5位
  • 1996年アトランタ予選敗退
  • 2000年シドニー予選敗退
  • 2004年アテネ予選敗退
  • 2008年北京不出場
世界野球
  • 2015年8位

主な日本との対戦結果

2015年 世界野球プレミア12(準々決勝) ● 3-9 フル代表
2015年 強化試合 ● 3-8 フル代表
2015年 強化試合 ○ 3-2 フル代表
2013年 WBC(準決勝) ○ 3-1 フル代表
2011年 野球W杯(第1L) ○ 6-0 アマ
2005年 野球W杯(順位決定T) ● 0-5 アマ
2005年 野球W杯(予選L) ○ 5-4 アマ
1995年 インターコンチネンタル杯(予選L) ● 1-12 アマ
1994年 野球世界選手権(決勝L) ● 4-14 アマ
1992年 バルセロナ五輪(予選L) ● 0-9 アマ
1990年 野球世界選手権(2次L) ● 5-15 アマ

MEMO

前回WBC準優勝!侍ジャパンを準決勝で撃破!

若い力の台頭で、宿敵は一層力強さを増している。
前回のWBCでは、山本浩二監督率いる侍ジャパンを破り準優勝に輝く。
あれから4年プエルトリコ代表には若きスターが続々と現れた。

ベテランと若手の融合

中心は39歳ベルトランと、MLB最高の捕手でチームの精神的支柱でもあるモリーナ。
投手陣は豪華ではないが15年まで8年連続ゴールドグラブ賞を獲得したモリーナが日本の3連覇を阻止した前回大会同様、好リードと強肩でけん引する。
また若手に期待の内野手トリオが揃った。
Aロッド2世とも呼ばれるコレア、昨年カブスの優勝に貢献したバエス、インディアンスのリンドアに注目だ。

注目選手

写真

プエルトリコの攻守の要

ヤディエル・モリーナ
カージナルス(約16億)
34歳捕手右/右180cm/104kg
16成績 147試合 率.307(534‐164) 8本 58打点

4年続けて盗塁阻止率40%以上の強肩に加え、リードや他の守備面も優れている。ゴールドグラブ賞を8年連続で獲得している。
打撃面では14年、15年と下降していて、特にパワーが落ちた。しかし、今シーズンは打率.307まで上げた。

写真

衰え知らずの5ツールプレイヤー

カルロス・ベルトラン
アストロズ(約17億)
39歳外野手右/両185cm/98kg
16成績 151試合 率.295(552‐163) 29本 93打点

メジャー有数の5ツールプレイヤーと言われるようになり、走攻守すべてに高い能力を持っている。
特に走塁面では投手の動作を読む能力が優れている。
脚力を生かしたセンターでは広い守備範囲を誇り、加えてメジャー最高クラスの強肩を持ち、2006年には初のゴールドグラブ賞を受賞している。

写真

プエルトリコ史上初のMLBドラフト全体1位指名

カルロス・コレア
アストロズ
22歳内野手右/右193cm/86kg
16成績 153試合 率.274(577‐158) 20本 96打点 13盗塁

将来を嘱望されており、Aロッド2世の呼び声高い。将来トリプルスリーも狙える逸材。
メジャー1年目の2015年には、99試合で22本塁打、68打点を記録し、新人王を獲得。

※外部サイトに移動します

写真:SAMURAI JAPAN/Getty Images
Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

トップへ