2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™

出場国・地域情報

プールA国旗オランダ世界ランク9位

主な国際大会成績

WBC
  • 2006年1次R敗退
  • 2009年2次R敗退
  • 2013年ベスト4
オリンピック
  • 1992年バルセロナ予選敗退
  • 1996年アトランタ5位
  • 2000年シドニー5位
  • 2004年アテネ6位
  • 2008年北京7位
世界野球
  • 2015年7位

主な日本との対戦結果

2016年 強化試合 ● 10-12 フル代表
2016年 強化試合 ● 8-9 フル代表
2013年 WBC(第2R) ● 6-10 フル代表
2013年 WBC(第2R) ● 4-16 フル代表
2008年 北京五輪(予選L) ● 0-6 フル代表
2004年 アテネ五輪予選(決勝L) ● 3-8 フル代表
2000年 シドニー五輪(予選L) ● 2-10 プロ・アマ
1996年 アトランタ五輪(予選L) ● 2-12 アマ
1988年 ソウル五輪(予選L) ● 1-6 アマ

MEMO

欧州野球最強国

前回WBCでは第2Rでキューバを破り、ベスト4に進出するなど、野球において欧州では頭一つ抜けている存在。
MLBでもチームの中心として活躍している選手も多く、悲願のWBC優勝へ今大会も「オレンジ旋風」を起こせるか。

トップクラスの攻撃陣

昨年11月の強化試合で日本と対戦したチームに現役バリバリの大リーガーが加わり、見違えるほど強力な布陣になる。
ボガーツはレッドソックスの中心打者として、2年連続シルバースラッガー賞に強打の内野手。他にも若き実力者たちが代表入りをした。

打線の主役はキュラソー島出身者多数

カリブ海に浮かぶ人口約15万人の島、キュラソー島。
今回選出された、バレンティン、プロファー、デカスター、J.スコープ、スミスらメジャーやNPBで活躍した選手たちは、主にキュラソー島出身者。

注目選手

写真

NPBシーズン最多本塁打

ウラディミール・バレンティン
東京ヤクルトスワローズ
32歳外野手右/右185cm/100kg
16成績 率.269(457‐123) 31本 96打点

NPBシーズン最多本塁打(2013年、60本塁打)。3年連続本塁打王(11〜13年)。
前回大会4番に座ったバレンティンは今大会でも、4番への意欲を燃やす。

写真

NPB初登板から14連勝

リック・バンデンハーク
福岡ソフトバンクホークス
31歳投手右/右198cm/105kg
16成績 13試合 7勝3敗 82回 92三振 防3.84

NPB初登板から14連勝を飾り、50年ぶりに記録を更新したソフトバンク所属の大型右腕。
昨年3年12億円で契約延長。
奪三振能力と制球力を高い水準で持ち合わせており、ランナーを許さない支配的な投球が可能。

写真

2年連続シルバースラッガー賞

ザンダー・ボガーツ
レッドソックス
24歳内野手右/右191cm/79kg
16成績 157試合 打率.294(652-192) 21HR 89打点 13盗塁

2年連続で好成績を残し、名門レッドソックスの正遊撃手としての地位を確立した24歳。
代表ではシモンズとポジションが被るため、三塁手として起用される可能性が高い。
最大の魅力は打撃力。2年連続でシルバースラッガー賞を受賞しており、MLBを代表する強打の遊撃手といえる。

※外部サイトに移動します

写真:SAMURAI JAPAN/Getty Images
Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

トップへ