2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™

出場国・地域情報

プールA国旗韓国世界ランク3位

主な国際大会成績

WBC
  • 2006年ベスト4
  • 2009年準優勝
  • 2013年1次R敗退
オリンピック
  • 1992年バルセロナ予選敗退
  • 1996年アトランタ8位
  • 2000年シドニー3位
  • 2004年アテネ予選敗退
  • 2008年北京金メダル
世界野球
  • 2015年優勝

主な日本との対戦結果(過去WBC4勝4敗)

2015年 世界野球プレミア12(準決勝) ○ 4-3 フル代表
2015年 世界野球プレミア12(第1R) ● 0-5 フル代表
2009年 WBC(決勝) ● 3-5 フル代表
2009年 WBC(第2R) ● 2-6 フル代表
2009年 WBC(第2R) ○ 4-1 フル代表
2009年 WBC(第1R) ○ 1-0 フル代表
2009年 WBC(第1R) ● 2-14 フル代表
2008年 北京五輪(準決勝) ○ 6-2 フル代表
2008年 北京五輪(予選L) ○ 5-3 フル代表
2008年 北京五輪(決勝L) ● 3-4 フル代表
2006年 WBC(準決勝) ○ 2-1 フル代表
2006年 WBC(第2R) ○ 3-2 フル代表
2006年 WBC(第1R) ○ 3-2 フル代表
2003年 アテネ五輪予選(決勝L) ● 0-2 フル代表

MEMO

永遠の宿敵

第1回WBCでは1次ラウンド、2次ラウンドで日本に連勝したが、準決勝では日本に敗北。
第2回WBCでは、日本と2勝2敗の死闘を繰り広げ決勝を迎えた。9回までリードしていたが延長10回、イチローの決勝打を浴びまさかの敗戦。
第3回WBCでは、まさかの1次リーグ敗戦。日本との対戦はなかった。
2015年の世界野球・準決勝、9回に3点差をくつがえし日本に劇的勝利!強豪アメリカを8対0という大差で圧勝し、初代王者となった。

初の地元開催に燃える

韓国にとって、WBCの地元開催は初めて。1次ラウンドプールAは首都ソウルの高尺スカイドームで行われる。
前大会第1R敗退の屈辱を晴らすべく臨む今大会。抑えは元阪神、現カージナルスの守護神をつとめる呉昇桓(オ・スンファン)。
打線では、期待されたメジャー陣の召集は出来なかったものの、韓国球界に復帰することが決まった元ソフトバンク李大浩(イ・デホ)、元ロッテの金泰均(キム・テギュン)らのベテラン勢が引っ張る。

注目選手

写真

4大会連続出場 絶対的守護神

呉 昇桓(オ・スンファン)
カージナルス
34歳投手右/右178cm/92kg
16成績 76試合 6勝3敗19S 79.2回 103三振 防1.92

阪神時代には2年連続セーブ王。韓国リーグでもセーブ王5回。速球は伸びがあり、空振り率が高い。
韓国では「石直球」と呼ばれるストレートで空振りを奪い、他にもチェンジアップ、カットボールなども操る。

写真

不動の4番打者

李 大浩(イ・デホ)
ロッテ・ジャイアンツ(韓国)
34歳内野手右/右193cm/113kg
16成績 104試合 率.253(292‐74) 14本 49打点

韓国では10年に3冠王を達成。日本でも屈指の強打者として活躍し、15年の日本シリーズでMVPを獲得。
右方向への流し打ちを得意とし、変化球の対応も良く、打球を広角に打ち分けることが出来る。

写真

WBC 4大会連続出場

金 泰均(キム・テギュン)
ハンファ(韓国)
34歳内野手右/右
16成績 144試合 率.253(292‐74) 14本 49打点

2009WBCでは、全試合「4番・ファースト」全9試合で打率.345、3本塁打、11打点の活躍、大会ベストナインに選出。
2010年から2年間、千葉ロッテでプレー。韓国リーグで、08年HR王、12年首位打者。韓国が誇る長距離砲。

※外部サイトに移動します

写真:SAMURAI JAPAN/Getty Images
Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

トップへ